【和田家の男たち】2話のネタバレ!あざと女子(宮澤エマ)を3世代で奪い合い!?

和田家の男たち2話   【和田家の男たち】2話のネタバレ!あざと女子(宮澤エマ)を3世代で奪い合い!?
https://www.tv-asahi.co.jp/wadake/story/0002/

【和田家の男たち】2話のネタバレ!あざと女子(宮澤エマ)を3世代で奪い合い!?

元カノ(片山萌美)の結婚式に招待された優()は、そこで出会ったほのか(宮澤エマ)に迫られ、すっかりその気に…。

しかし意外な恋のライバルが発覚して…。

【和田家の男たち】2話のあらすじ・ネタバレ・感想・視聴率について!


ADVERTISEMENT

【和田家の男たち】2話の視聴率

【和田家の男たち】2話の視聴率はわかり次第お知らせします。

【和田家の男たち】2話のあらすじ

ある日、和田優(相葉雅紀)のもとに結婚式の招待状が届く。差出人は3年前に「話がつまらない」という理由で優に別れを告げた元カノ・富崎ルリ(片山萌美)だった。

数日前に祖父の寛(段田安則)が「オンナにフラれた」と涙していたことを思い出した優は、寛と彼女・冬木亜蓮(草刈民代)とのなれそめを聞く。寛がプロポーズすると、亜蓮は「遅い」という。一緒に暮らそうと言わない寛に絶望していたのだ。寛と結婚したかったが、前妻との思い出が詰まった家で息子と孫と暮らすのはイヤだと別れを告げたのだった。

優は寛のことを「人生100年時代のセカンドライフ」というテーマで記事にするが、三ツ村翔星(正門良規)から読者層じゃない「ハイターゲットに向けた記事はいらない」とボツにされてしまう。

元カノ・ルリの結婚式に出席する優に、寛と父の秀平()は、(元カレを招待するなんて)悪趣味な女だのなんだのとゴチャゴチャと…。

元カノの披露宴で新しい彼女と出会う!?

優は寛のタキシードを借りて披露宴会場へ。優は元カノに遭遇。「話がつまらない」と自分を振っておいて「いい人」と戸倉ほのか(宮澤エマ)に紹介され、笑うしかない。披露宴の途中なのに「一緒に帰ろう」と誘われ、ほのかとともに会場を抜け出す優。自宅まで送ると言われ、車の中で話していると、ほのかは、「フロンティアニュース」のプロデューサーの父、東西新聞論説委員の祖父とという“マスコミ三世代”に興味を持つ。秀平と寛に会いたい、和田家に遊びに来たいという頼みをゴリ押しされる。

次の週末、和田家を訪れたほのかは、持ち前の知識と積極性で寛と秀平とあっという間に打ち解ける。優にも好意を示し、急接近。保険のプランナーだというほのかの目的は?

「男と女」を聞きながらほのかについて話す寛と秀平。2人はほのかが保険の営業が目的だと見抜いていた。ぼんやりしている優は、誰に似たのか?と話し合う。母親のりえは“火の玉”みたいな激しい性格だったから、実の父親が穏やかな性格だったのか…?

ほのかに積極的に迫られ、すっかりその気になってしまった優はすっかり恋愛モードに。寛に服を借りてデートに出かける。建物を見て回るのが好きだというほのかは、建物見学に優を連れて行く。

“建築フェチデート”を楽しみ、記事にする優。デートの途中。ほのかは突然優にキスすると、「キスだけじゃ嫌だ。キスだけじゃつまんない」と迫る。「黙ってるの、ずるくない?」と言われた優が、「あと3回ぐらいデートして、手をつないでから…と考えていた」と答えると、ほのかは「わかりました」と言って去っていった。

【和田家の男たち】2話のネタバレ

【和田家の男たち】2話のネタバレです。未視聴の方は閲覧ご注意を!

ほのかが寛と秀平とデート!?

その後、ほのかと連絡がとれなくなり、落ち込む優。秀平が心配して声をかける。優は、ほのかを誘ってみるが、返事は来ない。心配する寛は、心配したりされたりするとオキシトシン(幸せホルモン)が出るという。

優は、秀平とほのかがデートしているのを目撃してしまう。夕飯のとき、秀平と寛が1977年のハイジャック事件取材時の寛の活躍について話しているが、目撃した2人のことが頭から離れない。かといって聞くこともできずひたすらブルーに。

家にいたくなくて会社に行くと、印田(駒木根隆介)が、寛とほのかのデートスクープを見せに来る。さらにショックを受ける優。

寛と秀平が帰ると、優は「聞きたいことがあります!」とほのかのことを聞く。秀平も寛も保険の話を聞いていただけだった。秀平は保険には入らず、人を紹介した。寛と秀平につっかかる優に、ほのかに直接ぶつかれという2人。

優はほのかの退社時を待ち伏せして、いきなりキスしてメールを無視している理由を大声で尋ねる。優はこれまで波風を立てないのが正しいことだと思っていたけど、そうじゃない。変わりたいという。ほのかは、優にキスしたのは優の気持ちを確かめたかったから、寛と秀平には仕事の話をしただけ。保険屋は顧客をたくさん持てば億単位の収入を得ることもできる。そういう人になりたい、目的はそれだけだと言い切る。

優は自分で刺繍したハンカチをプレゼントするが、ほのかは「そういうとこが無理」と突っ返す。

振られて落ち込む優だが、ごはんはいつもどおりちゃんと作る。寛と秀平は料理本でも出せば? 料理研究家にもなれる、と遠回しに励ました。

【和田家の男たち】2話の感想とまとめ

優くんは振られてしまいましたが、たぶんお母さんが死んだときに「もう聞くな」とお父さん=秀平に言われてから、「波風を立てちゃいけない」「言いたいことを言っちゃいけない」って、我慢するようになっていたのかも。

それでも「和田家の男ならぶつかってこい!」と言われて本当にぶつかりに行く優くんってなんて素直なのでしょう。今回は玉砕したけど、少しずつ自分を出せるようになっていくのでしょう。

そして、草刈民代のビキニ姿、綺麗でしたね。さすがバレリーナ!

【和田家の男たち】の見逃し動画

【和田家の男たち】の見逃し動画は、テラサで配信中!

コメント