2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【ウチの娘は、彼氏が出来ない!!】6話のネタバレと視聴率!入野光(岡田健史)の神回の声!

ウチカレ-6話

【ウチの娘は、彼氏が出来ない!!】6話のネタバレと視聴率!

【ウチの娘は、彼氏が出来ない!!】(ウチカレ)6話が2/17に放送されました。

放送後、「入野光(岡田健史)の神回」(入野光が傑出した出来映えの放送回)と視聴者から賞賛の声が!

今回は【ウチの娘は、彼氏が出来ない!!】6話のあらすじネタバレと視聴率などを紹介!

※【ウチカレ】の動画配信はHuluで!今季放送のドラマや映画、 バラエティ、アニメも見放題!

hulu

ドラマ【ウチの娘は、彼氏が出来ない!!】のキャスト一覧と相関図|菅野美穂主演

【ウチの娘は、彼氏が出来ない!!】の視聴率と最終回ネタバレ!恋愛至上主義の結末は?


ADVERTISEMENT

【ウチの娘は、彼氏が出来ない!!】6話の視聴率

【ウチの娘は、彼氏が出来ない!!】6話の視聴率は、8・4%

前回から0・1ポイントアップです。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯)

【ウチの娘は、彼氏が出来ない!!】6話のあらすじ

沙織(福原遥)から突然の別れを告げられ車を飛ばした漱石(川上洋平)は、熱にうなされる中、あわや事故の大ピンチに!

「風邪ひいたんだって? 会社 休んだって」と電話をかけたあおい(菅野美穂)は「そこどこ?」と異変に気付いた。

(碧から連絡をもらった)小西(有田哲平)が、霞ヶ丘の交差点で40度の熱を出して動けなくなった漱石を、タクシーでそこまで行って病院に運んで来た。

「漱石!大丈夫!?」碧は病院へ駆けつける。無事で安心した碧は「君がいなくなると困る」といいことを言ったが、「光栄です」と冷静な漱石。碧は漱石に迫るが拒絶されたため、パワハラ兼セクハラになってのかと焦る。

漱石は「碧さんは空気にのまれやすいっていうか。 例えば この先のこととか考えてますか? 僕のこと本当に好きなんですか?」と問う。

キスをしたら好きになってしまう。だから…

「取りあえずフタをしませんか? この感じに。」と漱石。
「えっ?」
一度 フタをして 3か月後に開けてみるんです。

漱石は期間を開けることを提案。しかし碧は「3か月? そんなに先なの?」と不安を感じる…。

「第一。僕たち、こんなことやってる場合でしょうか? 今日、碧さんの新刊の企画が 通りました。」

漱石に言われて我に返った碧は、“母と娘”を描く新作小説『真夏の空は、夢』の成功を誓って、恋愛でなく執筆に没頭することに…。

いつしか沙織は俊一郎(中村雅俊)を慕って「おだや」で働き始めていた。バイト中の空から漱石の入院を初めて聞いた沙織は、驚いた。別れたから知らなかった。沙織は二股かけてると思った空だが、今回はキレイに別れたという。空は漱石に戻ったら俊一郎がショック死すると心配。だが、「私の心は固い。岩のように固い」と自信を持つ沙織。

碧は漱石との打ち合わせの約束を忘れ、スマホを忘れて、カフェでノートパソコンに向かってゾーンに入り書いている。そのころ、空が待ちぼうけをくらっていた漱石を家にあげていて、話し相手をしていた。話の流れで、俊一郎のことを口に出してしまう。(「心が弱ってる」という漱石に、「サリーとの俊一郎さんね」と勘違いして口をすべらす)

漱石は俊一郎を思い出して、「サリーのタイプ!ど真ん中。ファザコンだし」と納得した。空はデートの為に出かける。

そのころ、碧は曜日を間違えて「おだや」で話し込んでいた。打ち合わせの日と気づいてあわてて帰宅。玄関には「お待ちしていましたが帰ります」という置手紙が貼られていた。

デート後。帰宅した空はお土産に原宿で買った「ポップディップのシュークリーム」を碧に渡す。碧は、ベッドの上で食べ始めた。

「渉先生とのデート どうだった?」
「すっごい楽しかった。 100%のデートだった。 」
「素晴らしい!」
「君が恋を知ってよかった。」
「気持ちがあふれ出す! 持たない!」

ウキウキ気分な空。碧は結婚して家を出ていく空を想像する。
そうしたら碧はひとりになるが…。

「そんなことないよ」
「本当に渉先生のことを好きになったら母ちゃんのことなんて忘れちゃうよ」
忘れないよ。 私は母ちゃんを忘れないよ。 いつだって。

・・・「そう言わないと母ちゃんが遠くに行くような気がした」と、カフェで、空はひかる(岡田健史)へ話す。渉とは長い長い握手をしてから別れた。次に会うのは明日6時 「はなカフェ」。

「すっごいドキドキする。持たない。自分が持たない」と恋に浮かれる空。母には相談しにくいからこれからも光に相談したいという。「マジっすか。ドキドキして来た」と光。

空はジャンプへ漫画を持ち込みに行こうと息巻く。恋の力か、水無瀬碧の血をひいているからか、みなぎっていた。「水無瀬 碧はO型か」と光がいうと空は「そう。私は変わり者だからAB」という。

光は空への切ない想いを隠しながらも楽しくおしゃべり。しかし碧と空の血液型が親子ではありえない組み合わせであることが気にかかる。その後、さりげなく「おだや」でゴンちゃん(沢村一樹)に碧と空の血液型の探りを入れる。

「あいつ確かO型だったんじゃないかな。空は聞いたことないなあ」とゴンちゃん。

光は、何かを察した俊一郎(中村雅俊)と酒を交わす。酒が入ったことで、それまで隠していた光の恋心が爆発し、片思いしていることを話した。

そんな中、空もまた、自分と碧の血液型に疑問を持ち始める。何型からは何型が産まれるというのをネットで調べた。すると、空は母がO型なのにAB型が産まれることはない、と気づいた。どういうことだ?思わず、光に電話した。母か自分の血液型が間違っているのかも?

空は、碧が外食中のすきをついて、鍵付きの引き出しから母が産まれた時の母子手帳(母:水無瀬藍子、子:水無瀬碧)を発見。母はO型だった!

翌日。大学にて。空は光に「かーちゃんO型だった」と報告。これから自分の血液型を確かめるという。あの日、コーヒー牛乳につられて行った献血ではABと目にしたが、見間違いだったのか?

空の行動に気づいた碧は、光に電話して病院にいると知ると、「やめさせて」と迫る。しかし空がやめるわけがない。光は「お母さん 僕がついてます」と安心させる。

本当は血が繋がっていないことが空に知られたら「空がいなくなる。どっかい行っちゃう。許してくれない。終わりだ。みんな終わりだ」と、パニックに!そんな碧をゴンちゃん(沢村一樹)は優しく受け止める……。

その頃、病院で検査結果を知った空は、母と自分が“他人”であるという証拠を突きつけられていた……。

ショックで家に帰れなくなる中、空が助けを求めたのは、いつもそばにいた光だった。

【ウチの娘は、彼氏が出来ない!!】6話のネタバレ

ここから6話のネタバレです。【閲覧注意】

公園にて。「1人になりたい… とかある?」と光が聞くと、「 ん。 あっ 忙しかったりする?」と空。「 全然 全然 全然。」光は短期バイトが終わったばかりだという。

今は4時半。渉先生とのデートは6時。家に帰りたくないからちょうどいい。

「あの人 他人?」空はつぶやく。 「だって!血がつながってないってことは 他人ってことだよね?」

「そんなふうに言うなよ。 母ちゃん かわいそうだろ。」と光。

どんな事情かは分からないが、光は自分だったらと話す。

「俺だったらまず、礼を言うね。 他人なのにココまで育ててくれた。 水無瀬 碧は 水無瀬 空をすっげぇ愛してる。 俺には そう見える。」

血液型なんか調べなきゃよかった!何で!何でこんなことになっちゃったの? 母ちゃん大好きだし…。 何で!? 私に何が起こってんの!?」

「水無瀬!しっかりしろ!しっかりするんだ!いいか? 俺がいる。大丈夫だ。 1人じゃない。」
「1人じゃない?」
「俺がいる。 ここにいる。絶対いる。 水無瀬を守る… とかは言えない。言わないけど、そんなカッコいいこと言えないけど、自信もないけど… 必ずいるから。 何があっても。 俺がいること忘れんな。」
「いりのーーー!」

空は光に泣いて抱きついた。

空:<私が初めて男の子にハグされたのは、これで…。まるでヨレヨレになった おばあちゃんが 電信柱にもたれ掛かるみたいに。【恋】とは遠く…でも切実で。入野… いてくれ!>

光は3コール以内に電話に出ると約束してその場を離れた。

そのころ、ゴンちゃんは「俺は何があってもお前ら親子を守るからな。あの時だって 空ごとプロポーズしたろ? 」という。碧はプロポーズと気づいていなかった。

赤ちゃんの空が泣いていて、碧があやしているとき、「大変だったら 俺 一緒に育ててやってもいいぞ?」と言ったのに…次の日も来てくれる程度に解釈した碧だった。それで傷心のたびにゴンちゃんは出たという。

空はその後の渉とのデートは調子が出ずに早めに切り上げた。空は光に電話した。風呂に入ってた光だが3コール以内に出た。

空:「家に帰りたくなくて…。 行っていい? 」

光のアパートに来た空。カラオケのオールと母には伝えた。光はこういう行為は勘違いするからと注意。「えっ?私やられちゃうの?」と驚く空を自分の家に泊めて、光はマンガ喫茶に泊まりに行く。

漫喫にて。ノックがする。店員に「お客さんです」と言われた光。空がいた!?

「アハハ… 1人で いたくなかった。ついて来てしまった。」

「気ゆるしすぎじゃない?」
「誰かの心の中にあるものをああして(漫画で)具現化して絵にするってことは、それは もう心が通じ合ったも同じと思った。」
「そんなこと いつ思ってたの?」
「今 適当に言った。不思議。 私、入野といると心が自由になる。 こんなに泣きたいのに どうしようもないのに…何かちょっとだけ、心が抜け道 見つける。」
「俺 抜け道かよ。」
「でも、その抜け道の先には 光が見える。 」
「光だけにな?」

母に「光」と「空」、素敵なのになぜ呼び合わないのか聞かれたことを思い出す。

俺は【水無瀬】って呼ぶたびに その先に空が…。 青い空が広がって行くような そんな気がしたけどね。
「うまいこと言った?」
「いや 本気。」

空は眠りにつく。寝言で「母ちゃん…」とつぶやき、涙が流れていく。

翌朝。街でガチャガチャをして、キラキラ ビー玉を出そうとする。

「それで見ると街が逆さまになって新鮮なんだろ?泣きたくなったらこれで世界 見てろよ。」
「なんて 取れるかな?」

ビー玉が出た。空はかざして世界を見た。「お守りにする これ!」空は言った。

水無瀬家にて。早起きしてコーヒーを入れている碧に向かって、「母ちゃん。 私 母ちゃんの娘じゃ ないの?」と空は尋ねた。(つづく)

【ウチの娘は、彼氏が出来ない!!】6話の感想

入野光(岡田健史)の神回」と視聴者から賞賛の声

岡田健史くんが演じる入野光が、紳士で、片思いなのにこんなに仲良くなって、切なくて、優しくて…。

入野光の人気が視聴者の間で爆発する回でした。

「神回」という、いわゆる褒め言葉もネットで並びました。

ラストはついに向き合う碧と空の親子。

いったいどうなっていくのでしょうか。次回も期待しています。

当記事画像出典:https://www.ntv.co.jp/uchikare/