【逃亡医F】7話のネタバレと視聴率!TEL彦の罪と人気キャラの死に衝撃!

逃亡医Fネタバレ07

【逃亡医F】7話のネタバレと視聴率!TEL彦の罪と人気キャラの死に衝撃!

【逃亡医F】7話が2022/2/26(土)に放送されました。

7話では警察に取り囲まれてしまい、藤木にも命の危機が。

さらにTEL彦こと長谷川がまさかの闇落ち、ラストではある人物との悲しい別れ、と怒涛の展開が続きます。

今回の記事では【逃亡医F】7話のネタバレと視聴率、感想をお届け。

【逃亡医F】配信情報

【逃亡医F】はhuluで配信予定。

さらにhuluでは日本テレビの作品を中心に過去の名作ドラマも配信中。

【逃亡医F】7話のネタバレ

藤木が負傷

藤木()が潜伏していた廃団地で外国人労働者たちとホームレスの日本人たちの抗争が勃発。近所の住民に通報され、パトカーが来てしまった。

警察官がなだめようとする中、窓から植木鉢が投げ込まれる。ある外国人労働者の仕業で、応援を呼ばれ、事態は悪化してしまう。

藤木、八神()、リーダー格のモー()らは全員で脱出する手立てを考える。

だが、自分だけ助かろうしたホームレスのノムさん(六平直政)が暴走。チュンヤン(森迫永依)にナイフを突きつけ、「お前らが囮になれ!!」と要求する。

八神と藤木は隙きを付いてチュンヤンを救出。だが、藤木はノムさんに突き飛ばされ、お腹に鉄筋が突き刺さる

さらにノムさんには逃げられてしまった。

立て籠もりで時間稼ぎ

藤木は自分自身の手術をしようとする。その為には何とか時間を稼ぐ必要がある。

八神は刑事の筋川(和田聰宏)に連絡。騒ぎを押さえつつも、警察が近づきにくい状況を作れとのこと。

そこで美香子()に立て籠もり犯になって貰う。

警察に「要求は何だ?」と問われ、美香子の頭にモーとチュンヤンが過る。美香子は「本気で愛し合っている外国人に永住権を!」と要求する。

ここまでやれば十分。美香子は廃団地に引っ込む。気持ちを段弁してくれた美香子にモーたちは拍手を送る。

藤木は鏡を用いて手術を進める。外国人労働者たちもホームレスの日本人たちもエールを送る。そのかいもあって手術は無事に成功した。

不穏な動きをする者たち

一方、都波教授()を襲撃して、「DDSイータ」のデータを手に入れた幹(堺小春)は昏睡状態の妙子(桜庭ななみ)の焼却処分を提案。

だが、そのデータは不完全であり佐々木()は怒りをあらわにする。烏丸(前田敦子)は妙子の処遇に関してある提案をする。

そんな中、長谷川()は廃団地を脱出した都波教授と合流する。

脱出作戦

その夜。藤木は何とか歩けるまでに回復する。

そこに八神が呼び出していた自衛隊時代の後輩・今野(山根和馬)が到着。侵入ルートを逆に辿れば安全に脱出できる。

だが、それはあくまでも少人数の場合。全員で逃げるには数が多すぎる。

厳しい状況である察したモーたちは囮となって藤木たちを逃がそうとする。それでも藤木は全員での脱出を主張。

さらに八神も「お天道様が見ている」と発破をかける。感化された今野は「必ず全員を脱出させてみせます」と気合を入れ直す。

階段から脱出しようとする一同。だが、すでに警察官が登ってきていた。

突如、ホームレスの日本人たちが警察官に助けを求める。自分たちなら捕まっても強制送還にはならない。彼らが囮となってくれた。

さよなら

別ルートで脱出用の車の近くまで来た藤木たち。だが、すでに警察に出入り口を塞がれており、脱出は出来そうにない。

モーとチュンヤンは囮を勝手出る。日本にいても不法滞在であることは変わらない。疲れたし、このままでは幸せになることは出来ない。

さらに他の外国人労働者たちもモーに続く。これからの道は自分たちで決める。

藤木は「ダメだ!!」と止めようとする。だが、モーたちの決意は固く、「さよなら!!」と別れを告げる。

モーたちはお互いの手をしっかりと握り、投降する。モーとチュンヤンの手は警察官に引き離されてしまったが、2人は笑みを浮かべながら見つめ合う。

多くの犠牲を払って藤木たちは廃団地を脱出することが出来た。

裏切り者

一方、都波の自宅アパートにて。長谷川は都波に「DDSイータ」の研究データを見せる。佐々木に危機感を覚えた妙子から送られていたとのこと。

この研究データには都波が担当していた微生物に関する部分が抜けており、長谷川は聞き出そうとする。

都波は長谷川にデータに書かれていた研究者については尋ねる。長谷川は「心当たりはありません」と答える。

実はこの研究者の名前は都波がモーに頼んで付け加えたもの。つまり、妙子から預かったのは嘘で本当は廃団地で盗まれたものだ。

長谷川「データはどこだよ!!こっちにも事情があるんだよ!!」

ついに長谷川は本性を表し、「DDSイータ」のデータを渡すよう迫る。そして、拒否した都波を殴り、動かなくなってしまった。

しばらくして佐々木から命令を受けたこずえが到着。「DDSイータ」のデータを探すも見つからない。

こずえは躊躇すること無く、ガソリンを撒き火を放ってしまう。

結末

藤木たちがアパートに到着。何とか都波を救助して車に乗せる。呼吸困難を引き起こしており、非常に危険な状態だ。

藤木は車にあったボールペンのケースを喉に刺し、気道を確保しようとする。

都波は息も絶え絶えに「DDSイータ」のデータに関することを伝えようとする。藤木は治療を優先しようとするが、都波は「データは…長谷川…が持っている…」と続ける。

さらに都波は藤木に隠し持っていた研究データを託し、最期の言葉を伝える。

都波は「微生物…だけが…友達だった…マメノカ…」と言い残し、息絶えてしまった。

藤木は「治療よりも情報を聞くことを優先した…私が殺した!!」と自分を攻めてしまうのだった。

続く。

【逃亡医F】7話のポイント

  • 藤木は自分自身を治療
  • モーたちの犠牲により藤木たちは脱出
  • 長谷川は佐々木と繋がっていた
  • 都波教授が死亡

【逃亡医F】7話のまとめと感想

【逃亡医F】7話は衝撃の展開の連続。立て籠もりをでっち上げたときはコメディでしたが、モーたちとの別れで物語はシリアスな展開に。

そして、結末があまりにも悲しすぎます。

TEL彦の裏切りと許されない罪

いつも電話ばかりしてTEL彦と呼ばれていた長谷川が佐々木と繋がっていたと判明。予告だと奥さんが病気で佐々木に無理くり従っていた様子。

が、放火殺人の共犯という罪を犯してしまいました。

とても許されることではなく、ハッピーエンドだとしても長谷川がそこにいることは出来ません

都波教授が死亡

【逃亡医F】初の死者は都波教授。

藤木が命を救えなかったのも初。しかも目の前の患者を救う「医手一律」の精神よりも情報を優先した結果でした。

藤木の心情を思うと胸が痛みます。悲しすぎる結末に感情が追いつきません。

【逃亡医F】7話の視聴率

【逃亡医F】7話の視聴率は7.0%でした。

次週予告

次回の【逃亡医F】は難病を抱えている長谷川の奥さんが登場。果たして藤木は裏切った長谷川をも救うのでしょうか?

2022/3/5(土)22:00~の放送をお楽しみに。

この記事で使用している画像:日本テレビ「逃亡医F」公式サイト

<<6話 8話>>

コメント