【特捜9シーズン4】12話のネタバレと感想!最悪の悪女とむらこみの予告に衝撃!

【特捜9シーズン4】12話のネタバレと感想!最悪の悪女とむらこみの予告に衝撃!

【特捜9シーズン4】12話が2021/6/23(水)に放送されました。

お金持ち男性の死と年の離れた妻。いかにもな悪女ですが、衝撃の事件の真相とは?

そして、次回予告ではむらこみがついに!!衝撃の展開が起こります。

今回の記事では【特捜9シーズン4】12話「10億の妻」のネタバレと感想、視聴率をお伝えします。

SPドラマ「特捜9シーズン4」配信情報

【特捜9シーズン4】、シーズン1~3、スペシャルはTELASAで配信中です。

さらにテラサでは多くのテレビ朝日の名作ドラマが配信されています。

※ 全て2021年3月31日(水)の情報です。 最新の配信状況、価格については公式サイトをご確認ください。


ADVERTISEMENT

【特捜9シーズン4】12話のネタバレ

大金持ちの男の死

浅輪直樹()は妻・倫子(中越典子)の誕生日に休みを取り、海が見える公園に出かける。久しぶりの夫婦水入らずの時間…と思いきや海に浮かんでいる男性の遺体を発見する。

身元は投資会社の役員・古賀武久(木下政治)と思われたが死後、数日が経過しており、損傷が激しいので特定は困難。

所轄署は釣りの最中に事故死したとの見解だが、解剖の結果、死因は溺死と判明。さらに後頭部に外傷と足には縛られたような跡もあり殺人の可能性もある。

直樹と小宮山志保()は高級住宅に住む妻の優子(三津谷葉子)と会って話を聞く。

1週間ほど友人・遠山美里(太宰美緒)と北海道旅行に行っており、夫の失踪には気づかなかったとのこと。

事件発生直後にしては優子は冷静だ。2人は身元を確認する為に武久が歯医者に行くのに使っていた保険証を借りる。

青柳靖()と矢沢英明()は武久が生前、トラブルを起こしていた会社経営者・屋敷賢(岡部尚)に会って話を聞く。資産を預けたが、会社を通さずに運用し5000万もの大損害を出されてとのこと。

だが、武久はすぐに個人資産で3000万円を補填。屋敷はこれ以上は追求せず動機がない、さらに彼にはアリバイがあった。

人を見下すような女

一方、直樹は新藤亮()と共に優子のアリバイの確認。一緒に旅行に出かけていた美里から話を聞く。一緒にいたのは間違いないとのこと。

だが、美里によると優子は高校時代から見栄っ張り、他人をどこか見下しているような性格。そんな彼女から再会したらすぐに旅行に誘われた。さらに旅費は全額、彼女持ちだったという。

まるで自分のアリバイを作るかのような行動だ。

その後、歯の治療痕から遺体は武久と確定。

鑑識の佐久間(宮近海斗)によると遺体の胃の中の海水と発見された海の成分が異なっていると判明した。どこか別の場所で殺害した後に海に遺体を捨てたのだろうか。

新たな容疑者

直樹と新藤は再び美里から話を聞く。優子が高校時代の担任・河内靖之(山本修夢)と会っていたと証言。2人は当時付き合っていたという噂があった。さらに旅行中の優子はニュースを気にしていたとのこと。

この河内が共犯者である可能性が浮上し、行方を追うことにする。

国木田と小宮山は再び優子の元に。武久は釣りは最近始めたとのことで道具は新しいものばかり。そして、現場からは何故かクーラーボックスが見つかっていなかった。

さらに青柳と矢沢は調べたことを報告。武久は他にも資産運用で大損を出していたが、全員に一部を補填した。だが、捜査二課に確認したところ損失を出した形跡は無く、むしろ10億近く資産を増やしていたと判明。

一方、河内はすでに仕事を辞め、未だに足取りは掴めていない。

その後、遺体の胃の中から見つかった海水は寿司屋の生簀などによく使われる人工海水と判明。

さらに監察医の真澄()によると後頭部の傷は2つの突起が付いた特徴的なものであるという。これは現場から見つかったマルチツールの特徴と一致する。

全ての情報が出揃い、直樹は事件の真相にたどり着くのだった。

事件の真相

翌朝、国木田は優子の元に行き、「河内を容疑者としてマークしている」とだけ告げる。

その後、優子は弁当を持って川原に向かい、ホームレスの男に渡す。そこに直樹たちが現れ、ある事実を確認する。

直樹「この男性こそが、貴方のご主人である武久さんですね。」

武久は生きており、死亡したのは河内だった。

  • 武久は資産を増やした後に死を偽装、差額を持って海外に高飛びする計画を立てる
  • 一部補填で誠意を見せた後に死亡となれば、被害者達も深く追求しないと踏んだ
  • 優子に河内に近づいて貰い、身代わりにすることにした
  • 失業して保険が使えない河内に自分の保険証を貸して歯の治療を受けて貰う
  • 自分がオーナーを務める寿司屋に河内を呼び出してマルチツールで気絶させる
  • その後、生簀に使う人工海水で溺死させる
  • 発見を遅らせる為に遺体の足に重石を付けて海に捨てた

これが事件の真相だ。

武久は犯行を認めるが、「妻は関係ない。旅行を勧めたのは犯行を見られたくなかったからだ」と優子を庇う。

一方、優子は「主人には自首を勧めたが聞き入れて貰えなかった。止められなかったことを後悔している」と供述。

最悪の悪女

だが、小宮山は優子にある調査結果を突きつける。差し入れようとした弁当には致死量の毒物が入っており、優子は武久を始末しようとしていたのだった。

その事実を知った武久は「くそーーー!!」と声を荒げる。

優子が武久と結婚したのは金が目当て。ところが資産が尽きかけており、離婚を迫った。追い詰められた武久は犯行に及んでしまったのだった。

優子は「殺そうとした理由は自分に疑いが掛かりそうになって邪魔だったから」と悪びれる様子も無く答える。さらに「自分に虜になる男はいくらでもいる」と国木田に言い寄る。

だが、国木田は「可愛そうな人ですね」とバッサリ。小宮山も「救いようがない」と突き放す。

村瀬()は退院の日を迎える。病室に検察官がやってくる。被疑者・曽根明子(東ちづる)の意識は戻ったが供述が曖昧。「彼女が刺した」と証言をして欲しいとのこと。

村瀬はこの事件には不に落ちない点があると感じており、「被疑者に会わせて欲しい」と頼むのだった。

【特捜9シーズン4】12話の感想とまとめ

【特捜9シーズン4】12話は金を手に入れるために仕組んだ偽装殺人。犯人は妻の優子に意のままに操られ、犯行をしていたので中々哀れでした。

そして、優子の悪女っぷりが凄まじい。堂々と金目的といい、開き直る態度はむしろ清清しいです。

最後は小宮山と国木田にばっさり。こういう他人を見下しているタイプは怒られることには動じませんが、逆に哀れみの目を向けられるのが一番効きます。

むらこみ衝撃の予告

次回【特捜9シーズン4】も最終回。ついに村瀬さんが現場復帰、自身が刺された事件の真相を追います。

さらにスペシャルゲストとしてさんが登場です。

とここまではテレビ版の予告。公式サイトではむらこみに関するシーンが追加されていました。

ウエディングドレスを着た小宮山さんとスーツでビシッと決めた村瀬さん。衝撃的な光景です。

ついにむらこみファンが長年臨んでいた結婚という展開が来るのでしょうか?最後まで目が離せません。

2021/6/30(水)21:00~の最終回拡大スペシャルをお楽しみに。

【特捜9シーズン4】12話の視聴率

【特捜9シーズン4】12話の視聴率は12.9%でした。

11話「完全黙秘」のネタバレと感想 最終回「希望の香り」のネタバレと感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました