【この素晴らしき世界】7話のネタバレと視聴率!事務所が訴えられた本当の理由を知るも動けない?

この素晴らしき世界 7話 アイキャッチ
※当サイトのリンクには広告が含まれます

木曜劇場【この素晴らしき世界】7話が8/31(木)に放送されました。

スーパーでパートをしている平凡な主婦が、ある日突然大物女優に!?

それは"失踪した大物女優の身代わりになってほしい"という話だった…。

真逆な生活を送ることになった一人の主婦の、完全オリジナルコメディー作品。

今回は、【この素晴らしき世界】7話の視聴率とあらすじ・ネタバレについてご紹介。

【この素晴らしき世界】のキャストと相関図!若村麻由美が一人二役で20年ぶりのフジテレビ連ドラ主演!
【この素晴らしき世界】のキャストと相関図!2023年7月から木曜劇場『この素晴らしき世界』がスタート。主演は、体調不良により降板となった鈴木京香さんに代わり、地上波連ドラでは20年ぶりとなる若村麻由美さん。共演には、木村佳乃さん・沢村一樹さん・マキタスポーツさんという豪華キャストが脇を固めます。さらに、主題歌は小田和正さんが『what’s your message』を新曲書き下ろしと、こちらも豪華!平凡な主婦と悪魔のような大女優は、一人二役!?普通の生活をしていた主婦が大物女優との二重生活を送る、なりすましコメディードラマとなっています。今回は、ドラマ【この素晴らしき世界】のキャストと相関図をご紹介!
見逃し・全話配信は、FODにて配信中!

【この素晴らしき世界】7話の視聴率

この素晴らしき世界 7話

【この素晴らしき世界】7話の視聴率は3.5%。

前話より0.2%ダウンとなりました。

【この素晴らしき世界】7話のあらすじとネタバレ

若菜絹代(若村麻由美)が水田夏雄(沢村一樹)のもとに戻ってきた。若菜は自分はやらないと言ったはずの謝罪会見が強行されていたことに不満を持っており、自身になりすましている浜岡妙子(若村・二役)のことを「あの女は誰?」と夏雄に問い詰める。夏雄は「会見は事務所から言われて仕方なく同席した」と弁明。同時に若菜が外出することで、万が一妙子と出会いでもしたらと心配するも、若菜はすでに國東統次郎(堺正章)と会っていたようで…。

後日、若菜に扮した妙子と夏雄が事務所に行くと、櫻井佳音(葉月ひとみ)の弁護士、浅野俊徳(佐戸井けん太)とすれ違い挨拶を交わす。その後、比嘉莉湖(木村佳乃)から浅野が示談金として2億円を要求してきたと聞いた妙子は、テレビ局ディレクター、沖野島紀明(吉田宗洋)のセクハラの証拠を押さえて世の中に訴えるべきだと言う。だが室井セシル(円井わん)は業界の習慣に馴染まないと猛反対。すると妙子は育田詩乃(平祐奈)に沖野島の元へ潜入し、身辺を調べるよう依頼する。無事にテレビ局に潜り込んだ育田だったがセシルに見つかってしまう。セシルから注意された妙子は調査の中止を告げるも、育田は放っておいてはダメだと自らの意思で続行する。

そんなおり、妙子は街中で真由美(猫背椿)と夫に出会う。なんと真由美の夫は弁護士の浅野で、妙子が若菜に成りすましていることにも気づいた様子…。

出典:この素晴らしき世界 第7話 公式HP

焦った妙子は夏雄に連絡を入れる。

そして、妙子は浅野に呼び出され「協力してほしい」と持ち掛けられた。

しかし、逆に妙子は浅野の弱みを握り、不倫の証拠を見せる。

浅野「脅迫してますか?」

妙子「滅相もない。この件はドローということでどうですか?」

その頃、莉湖は夏雄に妙子の話をしに行く。

「もう少し、一緒に答えを探してみたら?」

そう言われた莉湖は、佳音に会いに行った。

そして会いに行ったことを、妙子・セシル・西條隼人(時任勇気)に報告する。

数年前のドラッグ事件。

プロダクション内の不祥事になっているが、沖野島が女性らに無理矢理薬を飲ませていたという。

沖野島の父親はテレビ局に力のある人物で、さらに莉湖の父親の親友だった。

父親と國東も絡んでいるかもしれない。

セシルは、これ以上話を進めることを反対。

"正義を押し付けないでほしい"と訴えた。

妙子「世の中は、社会は、そういう風にできてるってことだよね?でもさ、そういう風に生きてて虚しくない?自分がさ、誰だか分からなくなったり、そんな思いをあなたたちのような若い人たちに…」

セシル「やめてください」

それでも莉湖は、佳音の為に何か起こしたいと思っていた。

"警察に伝えるべき"、と西條。

セシルは…。

一方で、妙子の息子・あきら(中川大輔)は蒼井蛍(永瀬莉子)と一緒に会った、木村(二條正士)に頼まれた仕事が違法なものであることに気付き、蛍と共に会社に報告。

自分の不甲斐なさに涙する蛍を、浜岡家に連れてくる。

一緒に食卓を囲み楽しむ家族だったが、そこへ警察がやって来た。

察したあきらは両親に簡単に説明し、2人は警察に連れていかれる。

夫・陽一(マキタスポーツ)は、妙子を責める。

陽一「母親失格だ」

妙子「どうして?どうして、すぐ人のせいにするの?」

陽一「罰が当たったんだ。男がいるんだろ?それで、家族の事を疎かにしてるんだろ?」

ラビットマートに電話し聞いたこと全てを話す陽一。

妙子「今その話するの?あなたの家族が大変なことになっているのよ!」

陽一「出てけ!」

涙する妙子は家を出る。

その足で警察署に向かうが、あきらにも会えず相手にもしてもらえなかった。

仕方なく事務所にやってきた妙子は、莉湖の仕事が終わるのを待つことに。

その頃、居酒屋で沖野島の相手をしている育田は、謎の薬が入った水を飲まされそうになっていた。

酔ったふりをしていた育田は、隙を見て沖野島の鞄を持ち、逃げる。

道中、妙子に電話するも連絡がつかず、セシルを呼び出し、先ほど手に入れた沖野島の荷物を渡した…。

 

 

次回の第8話は、9/7(木)22時~の放送となりますので、お見逃しなく!

画像出典:この素晴らしき世界 公式HP

<<6話 8話>>