【正直不動産2】1話|ディーン神木VS山P永瀬、タワマンと美で対決!

当サイトのリンクには広告が含まれます
神木涼真_ディーン・フジオカ

【正直不動産2】1話ネタバレ|ディーン神木VS山P永瀬、タワマンと美で対決!
永瀬のライバル、神木が登場。早速、山Pとおディーン様がタワマン売却で対決。正直営業と悪魔的笑顔トーク、どちらがお客の心をつかめるかの営業合戦がメインの回だけど、2人の美貌対決も見モノです。シーズン2は眼福もお楽しみ!

あわせて読みたい
【正直不動産2】のネタバレあらすじを最終回まで|永瀬のナンバーワン戦争と恋バナの行方は? 【正直不動産2】のネタバレあらすじを最終回まで|永瀬の最強ライバルとのナンバーワン戦争の行方は?嘘がつけなくなった不動産営業マンの奮闘を描くお仕事ドラマ続編。...
あわせて読みたい
【正直不動産シーズン2】のキャストと相関図|山下智久主演ドラマ続編 【正直不動産シーズン2】のキャストと相関図|永瀬(山下智久)に強力なライバル登場!大反響を呼んだ山下智久主演ドラマ【正直不動産】が、2024年に帰ってくる!黒須や...
目次

【正直不動産2】1話のあらすじ

永瀬財地()は夜景の見えるタワマンに返り咲き、美女・芽衣(工藤美桜)との逢瀬を楽しむ…、しかしそれは夢だった。色っぽく手招きをする芽衣は、祈祷する坊主(泉谷しげる)に変わり、永瀬がいるのも、悪霊退散の護摩業の現場。でも例の風が坊主がエセだと見抜いたようだ。

永瀬は和菓子職人でインフルエンサーの石田努(山﨑努)が新作を持ってくると、有名な護摩行に行ったが効き目がなかったとぼやく。石田は、有名というのは人が認めたことだから己の目で見ないとダメ、俺なら祟りはすべて受け入れて、そのうえでうまく付き合っていくと言った。

登坂とミネルヴァにすごい新人現る

Z世代の新入社員・十影健人(板垣瑞生)が、タムパ/タイパ(タイムパフォーマンス)を最優先でちっとも言うことをきかないことにイラつく永瀬。登坂(草刈正雄)は、永瀬と同じ課長代理として藤原結弦(馬場徹)を一同に紹介する。藤原は大地主で自身でもマンションを経営しており、人脈と営業センスがある。「ナンバーワンに興味はない」と言いつつもあっという間にナンバーワンに躍り出た。

一方、ミネルヴァ不動産には新入社員の神木涼真(ディーン・フジオカ)が社員に紹介されていた。

タワマン売却戦争勃発

タワマン購入希望の歯科開業医・田口篤司()と妻の友梨佳(土村芳)がやってくる。息子の櫂が名門校の初等部に合格したのをきっかけに、現在の家を売却してタワマンを買いたいという。タワマン大好きな永瀬がタワマンの魅力を話すと友梨佳も乗り気に。すると風が吹き、タワマンを愛し、タワマンに愛された男・永瀬はタワマンのデメリット、そしてデメリットを超えるメリットを熱く語り出す。すると田口は「買う!」と宣言。永瀬は早速、月下咲良()と十影とともに内見に案内するが、鍵を頼んだ十影が持ってきていない!会社の人に持ってきてもらう手配をする月下と十影、永瀬が電話に対応している隙に、突如タップダンスのステップをしながら割り込んできた男がいる。それはかつての永瀬の師匠で常にナンバーワンの営業成績を誇った神木涼真(ディーン・フジオカ)だった。登坂不動産のライバル・ミネルヴァ不動産の社員となっていた神木は、その場で永瀬の客を奪ってしまう。

神木と会ったことを登坂と大河部長(長谷川忍)に報告し、神木を警戒する永瀬に登坂は「どこを向いている?」と問いかけた。

タワマン契約は神木に奪われそうな永瀬。月下は藤原から、大事なのは売主や売り手。買い手や借主の要望を聞きすぎると釘を刺される。居酒屋「しょうじきもん」で神木に負けてしょげる永瀬を月下が、永瀬も正直営業で頑張っていると励ます。そこに友梨佳から着信。どんどん契約を進めてしまう神木のやり方に不安を感じているという。

翌日、田口家に向かうとそこにはなぜか神木がひと足先に来ていた。何かを察してやってきて、友梨佳の不安を解消するように説明していた。なぜ自分たちがここに来ることがわかったのか、横取りするなんてと神木を非難する月下。だったら奪い返せばいいと余裕の神木。

【正直不動産2】1話のネタバレ

【正直不動産2】1話のネタバレです。

タワマンに住んではいけない理由

永瀬はミネルヴァ不動産の商談現場に乗り込む。田口家はタワマンに住むべきではないと言ってしまう。理由は友梨佳の足だった。月下と神木が言い合っているとき、階段を登る友梨佳が微妙に足を引きずっていることに気づいた。月下とともに息子の櫂に確かめると、櫂も本当はタワマンに住みたくないと言う。高い所に住んでエレベーターが止まったら母がたいへんだと心配していた。

「あなたが守るべきは虚栄心ではなくご家族」。もう一度家族でよく話し合うべきだと田口に言う。さらに、今のマンションを売ってから新居を購入すべきだと助言する。月下も神木の説明不足を指摘する。神木は永瀬がライアーから正直営業に変わったことに驚いたが面白がり、永瀬からすべてを奪ってやると宣戦布告した。

後日、田口は久我山の住居を7900万円で売却し、低層マンションを購入した。売却も購入もミネルヴァに取られ、登坂は1円の利益にもならなかったが、永瀬は登坂が「どこを向いている?」と言った意味を理解した。一番大事なのはお客様だということ。友人たちが遊びに来て、不動産屋を紹介してくれと言う。すると田口夫妻は、ここを買ったのはミネルヴァ不動産の神木からだけど、もっと紹介したい人がいると永瀬の名を上げる。とっても誠実で正直な人だと付け加えて。

神木と美波がデート?

十影が働かないおかげで残業が増えたとぼやきながら帰路に着く月下は、榎本美波(泉里香)と神木が肩を並べて親しげに歩いているのを目撃。その頃、オンボロアパートでカップ麺にウインナーをのせて食べていた永瀬のもとに、桐山(市原隼人)がやってきた。

(つづく)

【正直不動産2】1話の感想

タップ・ディーンの華麗なる登場と整形、悪魔の微笑みが話題に。

石田さんのラーメン、やっぱり「タンポポ」ネタでしたね。

風だけではなく、山Pの美しさまでパワーアップしたシーズン2。これからも楽しみです。

しかし神木と榎本美波の関係はいったいどうなっていくのか。神木が言った「すべてを奪う」の中に美波も入っているのでしょうか? 桐山が来た理由は例の一件か?

【正直不動産】をマンガで読む

なんと、1話の原作エピソードが期間限定で無料配信中です。

無料配信を見逃してしまったらこちらからどうぞ↓↓

『正直不動産』の原作は電子書籍がすぐ読めてお得!
【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan(イーブックジャパン)
無料漫画が豊富!【まんが王国】(一般TOPページリンク)
DMMブックス 初回は90%オフクーポンがもらえる!

神木涼真_ディーン・フジオカ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次