【親愛なる僕へ殺意をこめて】8話に朝ドラ名子役・浅田芭路が登場!“ちび舞”が「お口にチャック」で恐怖に慄える!?

親愛なる僕へ殺意をこめて/浅田芭路

【親愛なる僕へ殺意をこめて】8話に朝ドラ名子役・浅田芭路が登場!“ちび舞”が「お口にチャック」で恐怖に慄える!?
主演の二重人格サスペンスもいよいよクライマックス!
最終回直前に、あの名子役が登場する戦慄のシーンとは!?

浅田芭路のプロフィール

NHK朝ドラ『舞いあがれ!』で、ヒロイン・岩倉舞()の子供時代を演じ、その愛くるしさと名演技に注目された浅田芭路のプロフィールを簡単に紹介しましょう。

浅田芭路 あさだ・はろ
生年月日:2013年9月5日
出身地 :東京都
身長:129cm
おもな出演作品: 『舞いあがれ!』『ちむどんどん』『DORONJO/ドロンジョ』

『舞いあがれ!』の“ちび舞”として、国民的名子役となった浅田芭路さんですが、実は前作『ちむどんどん』にも出演していたのです。役柄は智ニーニーこと砂川智の妹役でした。ほとんど出番がなかったので、こんなにカワイイ子だと気がつかなかった人も多かったでしょう。

そして今回、主演のサスペンスドラマ【親愛なる僕へ殺意をこめて】に出演します。

【親愛なる僕へ殺意をこめて】浅田芭路が演じる役は?

NHK朝ドラ『舞いあがれ!』で、引っ込み思案な女の子が、母親の故郷・五島列島でばんば(祖母)や島の人々と出会ったことで大きく成長していく様子を演じ、朝ドラファンを感動させていた浅田芭路さんが今回演じるのは、なんと引っ込み思案ではなく、引きこもりになってしまったエイジ()の義理の姉・乙(夏子)の幼少期。

乙が現在のようになってしまったきっかけとなる出来事が第8話で描かれます。いったいどんな事件があったのでしょうか。

【親愛なる僕へ殺意をこめて】幼い乙(浅田芭路)にB一/ビーイチがしたこと


エイジという別人格を作ったB一は、父親・八野衣真(早乙女太一)の保護司・浦島亀一()に引き取られることになりますが、事件はその前から始まります。

亀一が乙と、エイジ/B一がいる施設を訪れたとき、エイジ/B一が密かに書いていた「復讐」の文字だらけの紙を、乙が見てしまいます。原作では、乙がじっくり見る前にエイジ/B一が取り戻すのでよく見ていない。見たところで「復讐」の文字が読めない可能性も高い。

エイジ/B一はいつか父の復讐をしようと企んでおり、密かに勉強もしていたのです。

そしてエイジ/B一が浦島家に引き取られてから、恐ろしい事件が起こります。大切にしていた人形がなくなり、乙は大騒ぎ。その夜中、たまたま起きた乙は切り裂かれたその人形の服をエイジ/B一の部屋の前で発見。少し開いていたドアから中を覗くと、人形もズタズタにされていました。

恐怖に震える乙にエイジ/B一は、いつかの復讐の紙を見せて、この言葉を覚えているなら忘れろ、忘れられなければ、次に人形のようになるのはお前だ。今日ここで起きたこともすべて忘れ、両親に気づかれるようなことがあれば、そのときは両親も同じ目に遭わせる。

覚えていていいのは「お口にチャック」だけだと脅すのです。

それから普通の明るい女の子だった乙は、すっかりと変わってしまい、大人になっても引きこもりのまま。そして乙もまたエイジ/B一に復讐する機会を狙うようになっていくのでした。

ドラマでは、基本的にかなり原作を忠実に再現しているので、このあたりのシーンも描かれるはず。恐怖に慄くシーンで、名子役の浅田芭路さんがいったいどんな演技を見せてくれるのか — —!?

「カワイイちび舞をそんなに怖い目に遭わせないで!! 」
「ちび舞は、恐怖に震える演技もすごかった」

放送後にはこんな感想がTwitterを席巻しそうですね。

【親愛なる僕へ殺意をこめて】のネタバレあらすじを最終回まで!LLの正体と多すぎる犯人まとめ!
【親愛なる僕へ殺意をこめて】のネタバレあらすじを最終回まで!「LL事件」の真相とは?山田涼介主演、二重人格サスペンスのあらすじ・ネタバレを最終回までまとめていきます。15年前の「LL事件」、エイジの周りで起こる「模倣事件」の真犯人は誰?驚愕の真相が次々と暴かれる!【親愛なる僕へ殺意をこめて】のあらすじと各話ネタバレの一覧をヒントに考察していきましょう。

コメント