【青天を衝け】27話のあらすじと視聴率!完璧な姿の”町田”土方に称賛の声!

    【青天を衝け】27話のあらすじと視聴率!完璧な姿の”町田”土方に称賛の声!

大河ドラマ【青天を衝け】27話のあらすじと視聴率!

主演の大河ドラマ【青天を衝け】第27話が2021年9月19日に放送されました。

篤太夫の手腕が発揮され出す中、最後の幕府軍が敗戦。

そんな中での美しい土方歳三に称賛の声が相次ぎました。

ここでは【青天を衝け】第27話の視聴率とネタバレについて書いていきます。

動画配信はNHKオンデマンド、または新規無料トライアルで1000円分のポイントがもらえるU-NEXTで。※この情報は2021年2月時点のものです。

ADVERTISEMENT

【青天を衝け】27話の視聴率

27話の視聴率は12.6%!

0.1ポイントの微減。

【青天を衝け】27話のあらすじ

篤太夫(吉沢 亮)は、駿府藩の勘定組頭を命じられるが、水戸にいる昭武()のことを思って辞退する。しかし、この命が慶喜(草彅 剛)の配慮であることを大久保一翁(木場勝己)から聞かされ、駿府に残る決断をする。篤太夫はパリで学んだ知識を生かし、武士と商人が力を合わせて商いを営む「商法会所」を設立。駿府藩の財政改革に乗り出す。一方、箱館では、成一郎()や土方(町田啓太)らが新政府軍を相手に決死の抵抗を続けていた。

【青天を衝け】27話のネタバレ

明治元年の年末。江戸は東京に変わった途端、人々が離れすっかり寂れてしまった。

一方、駿府には行き場を無くした幕臣やその家族が集まっていたが、徳川の財政が厳しくなったため仕官出来ない幕臣達はフリーターのような状態になっていた。

そんな中で駿府に残る決意をした篤太夫は、昭武に水戸へ行けない内容の手紙を書いた。それを受け取った昭武はすっかり政府の蚊帳の外になってしまった水戸を憂うのだった。

駿府に残るも百姓で生きて行こうとする篤太夫は勘定組頭になることを拒み続けた。「”太政官札”でなんとかなっている」という言葉を聞き、話を聞いた。以前、三井組番頭から聞いた言葉で三井が新政府の命により発行した当時の紙幣だが、一石一両で年三分の利子で貸し付けられたと聞き、これは政府の企みでただの借金、これを使ってしまったら駿府は破産すると説明する。しかしすでに53万両のうち28万両は使ってしまったと聞き唖然とする。

「頼む、駿府を救ってくれ!」

こうして勘定組頭を引き受けた篤太夫は、早速パリで学んだことを実行し始める。残りの預り金と商人たちの金を使って経済を回す仕組みを作ろうと説明する。しかしそれに二の足を踏んだのは武士だった。その中には慶喜の元側近の川村もいた。円四郎殺害の時、斬られながらも相手を仕留めた川村だ。武士は商人といっしょにそろばんを弾き、商いをすることが許せなかった。商人にとっても金を出すことが昔の御用金のように感じられ、いい返事がもらえない。

篤太夫は武士と商人双方をなんとか説得し、銀行と商社を兼ね備えた「商法会所」を設立した。

東京の三井組事務所へ向かった篤太夫は番頭の三野村利左衛門に太政官札を金に換えてもらうことにする。しかしこの三野村、一癖ある商人で篤太夫の足元を見るように額面より2割も安い金額で取引に応じた。

渋々応じた篤太夫はその金で良い米や茶をつくるための仕入れを始めようとする。その時、同じく肥料の仕入れに来た薩摩弁の男と知り合う。しかし彼がかつて借款を受けられなくなった原因を作った五代才助と知ると慌てて後を追うが見失ってしまう。

千代とうたが駿府へ引っ越してきた。

篤太夫は武士には刀を捨て、そろばん勘定を、商人には駿府の一端を担うという教示を持ってほしい。と説得する。その考えに商人の一人萩原四郎兵衛が賛同、頭の固い武士の中から川村も従った。それにならって他の武士たちも刀を捨てる。

ようやく商工会所が軌道に乗り出した。

その頃、函館では土方や成一郎たち幕府軍が最後の戦いを続けていた。すでに敗戦の色が濃くなっていた幕府軍。土方は成一郎に「お主は生きろ」と言い、逃がす。そして自分は幕府軍の敗北とともに散っていった。

その報告を受けてか慶喜は会いに来た篤太夫に会おうとしなかった。

成一郎の身を案じる篤太夫。川村もまた虚しい胸の内を抑え、ひとり黙々と事務仕事を続けていた。それを手伝い始める篤太夫。静かな時間にふたりのそろばんを弾く音だけが鳴り響く。

函館が落ちたことにより、すべての幕府軍を一掃した新政府。伊藤博文や大隈重信が沸き立っていた。そこに五代も加わる。そこでフランス渡航で4万両の利益を出し、駿府で商人と組んで商いを始めた渋沢という人物いることを知り、興味を持つ。五代だった。

【青天を衝け】27話の感想

いよいよ篤太夫の手腕が発揮されました。士農工商の階級がまだ色濃い時代に相当説得をするのは大変だったでしょうね。幕府軍完全敗北を知った篤太夫と川村が黙ってソロバンを弾くシーンは印象的でした。

そんな中で視聴者は町田土方の最後に注目されていました。

今回遭遇した篤太夫と五代をきっかけに、いよいよ篤太夫獲得に政府が動き出すのでしょう。

次週からの展開が気になりますね。
記事内画像出典:NHK『青天を衝け』公式ページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました