【寂しい丘で狩りをする】最終回のネタバレと感想!描かれない結末、久我はどこに?

寂しい丘で狩りをする

【寂しい丘で狩りをする】最終回のネタバレと感想!描かれない結末、久我はどこに?

【寂しい丘で狩りをする(さびおか)】最終回が6月10日深夜に放送されました。

みどり()が逮捕された!

敦子()の過去が赤裸々に!

みどりと敦子の「復讐の結末」は?

テレビ東京【寂しい丘で狩りをする(さびおか)】最終回のネタバレと感想を紹介します。

見逃し配信:【寂しい丘で狩りをする】の全話はパラビで視聴できます。(2022年6月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください。)


ADVERTISEMENT

【寂しい丘で狩りをする】最終回のネタバレ

【寂しい丘で狩りをする】最終回のネタバレを紹介します。

みどりの逮捕

みどり()が押元殺人容疑で逮捕される。

押元(丸山智己)を2度刺したことを問われるが「殺すつもりはなかった」と供述する。

浅野()は、上司からマスコミに聞かれても何も答えるなと念を押される。
刑事の婚約者が殺人犯というのは封印すべき内容だからだ。

**

桂(藤田弓子)がみどりの弁護を担当する。
みどりは正当防衛を主張する。

マスコミは、敦子にしつこく取材にくる。
遠山(黒羽麻璃央)が間に入ってくれ、止めてくれる。

桂は押本のことについて、敦子に証言をしてほしいと話す。
事件を掘り起すことになるのを承知で、みどりのためだと懇願する。

探偵事務所では、誹謗中傷の電話が多くて困っている。
岡庭(高橋英樹)は、マスコミなど相手にせずみどりを信じようと畑中(祷キララ)に告げる。

そこに、敦子が。
敦子は桂に頼まれたが、証言台に立つのが怖いと岡庭に相談する。
岡庭は無理をすることはないと、敦子に言う。

敦子が傷つくことをみどりは望んではいないからだと。

**

久我(竹材輝之助)の取調べ。
浅野が担当する。

久我はタトゥーまでみせ、みどりとは殺したいほど愛しあっている、とのらりくらり。

「俺は何度でもお前を捕まえる。警察なめんなよ」
浅野の気迫に久我は怯える。

**

みどりに差し入れがある。
それは「老人と海」だ。

敦子がリメイクしてキレイにしてくれた本。

みどりは正当防衛か?

裁判。

みどりは正当防衛を主張。
桂は無罪を要求する。

護身用のペンで2回刺したことが問題になる。

3回目の公判で敦子が証言台に立つ。
7年前の事件を赤裸々に告白する。押本がいかにひどい男であるかを知らせるためだ。
敦子は恐怖を抱えた毎日を生きている。それを救ってくれたのがみどりだ、みどりは自分を守るために押本に襲われ事件がおきたのだと、涙ながらに証言する。

公判最終日。

みどりは証言を覆す。

押本が襲ってくるように仕向け殺意を持って殺した。
押本を殺さなければ敦子が狙われる。押本の復讐を止めたかった。
敦子の恐怖をなくすために、したのだという。
そして、自分もレイプされた経験があることも告白する。

「殺すことでしか、押本を止められなかった。敦子を守るつもりだったのに、辛い過去を思い出させてしまって、ごめんなさい」

傍聴席にいる敦子は「そんなことはない」と立ち上がる。

公判が終わり、廊下で浅野とすれ違うが、みどりは浅野を見ることはしなかった。

みどりは懲役7年になる。

**

岡庭は、事務所にみどりが戻ってくるのを待っている。

結末

みどりは、丘にたどりつく。
ベンチに敦子が座っている。

ふたりでお弁当を食べる。

みどりのおかげだ、という敦子。

「今度、一緒にカジキマグロを狩りに行きませんか?」

老人と海の主人公みたいに、という敦子。

「狩ります」とみどり。

ふたりに笑顔が戻る。

<完>

【寂しい丘で狩りをする】最終回の感想

【寂しい丘で狩りをする】最終回の感想を紹介します。

【寂しい丘で狩りをする】最終回のまとめ

【寂しい丘で狩りをする】の最終回は、みどりと敦子の笑顔で幕を閉じました。みどりの罪を問う物語。公判が主軸となり、敦子が涙ながらに自身のことを語る場面は、見ていられないくらい胸に刺さります。執拗な男たちから逃れるには、殺すしかなかったのか、いいようのない悔しさがあります。結局、みどりは浅野と別れてしまったのでしょう。そこは残念な部分。

久我がどうなったのかが気になりますが、視聴者の想像ということでしょう。もしかしたら、再びみどりの前に!?想像すると怖いですね。

小説とは違うラスト。賛否両論ありますが、最後にふたりの笑顔が見れたことがなによりも嬉しく感じました。

記事内画像:【寂しい丘で狩りをする】公式サイト

コメント