スポンサーリンク

【六番目の小夜子】11話のあらすじと感想!偽サヨコの正体が暴かれる!

六番目の小夜子

【六番目の小夜子】11話のあらすじと感想!偽サヨコの正体が暴かれる!

1番目のサヨコは黒川先生(村田雄浩)なのか? みんなの前で追及する秋()。

サヨコをめぐって玲(鈴木杏)は、秋や沙世子()にも突き放され…。

サヨコは今年で終了、資料を処分すると聞いたマーが動き出す!


ADVERTISEMENT

【六番目の小夜子】11話のあらすじ

【六番目の小夜子】11話のあらすじを紹介します。

とある中学校に伝わる「サヨコ」という不思議な言い伝え。3年に1度、先代のサヨコから指名された生徒が、秘密裏にサヨコの約束を実行し、その成果が学園生活の明暗を左右するという伝説だ。サヨコ伝説に取り組む三人の少年少女を主人公に、彼らの友情と成長を描く、ミステリー仕立ての学園ドラマ。

黒川先生は1番目のサヨコ?

学活の時間に秋(山田孝之)が黒川先生(村田雄浩)を追求する。

15年前、1番目のサヨコは先生だった。バスケ部のOBとして先生は学校に来ていた。3番目のサヨコも先生と関わっている。

玲(鈴木杏)は、「うたごえ喫茶」の歌詞カードと「サヨコ芝居」の台本に見られるワープロの同じクセを指摘する。

先生はなんでこんなゲームを始めたの。私たちを振り回して面白かった?

すまなかったな。先生もこんなふうになるなんて思ってなかった。今年は予想外だった。

マーは「信じていない」と言っていた秋がサヨコについて調べたことに文句を言う。

玲に鍵を譲ったのは自分だと秋。でも玲は花を持っていったときに先を越された。

それは私、と沙世子(栗山千明)。

黒川先生は、少し時間をくれと言う。人にはすぐに打ち明けられることとそうでないことがある。先生に少し考えさせてくれないか。

ただ、先生は、玲と沙世子を邪魔したこともないし、台本をすり替えたこともない。それ以外のことも時が来たら説明する。約束する。

黒川先生は、職員室の机にもう1つの鍵を持っていた。

沙世子の本音

「サヨコ伝説」は黒川先生の仕業。仕掛け人として辞めさせられるという噂が立つ。

しらけちゃった。正体がわからないうちは、ワクワクしてたけど、結局先生は自分たちが騒いだり驚いたりする度に先生は笑ってたってこと。転校までして踊らされていた沙世子は災難だ、と溝口(鳥居紀之)。

沙世子は怒って出て行く。マーは、全部が先生の仕業じゃない。本当のサヨコがいるかもしれないと溝口にからむ。先生の仕業にしたほうが簡単だと溝口。サヨコはいる、いない、でケンカになる。

沙世子を追いかけた玲。沙世子は本音を語り出す。

ずっと飽き飽きしてた。100点取るのも試合で勝つのも、何でもできちゃう自分に。でもそんなのたいしたことじゃない。やろうと思えば誰でもできる。

そんなこと、言ってみたい…。

沙世子は誰にもできない冒険がしたかったと言う。サヨコも自分ならできると思ってたけど、いつも誰かに妨害されてできなかった。教科書みたいに進んでくれないとイライラする。

玲がうらやましかった、と沙世子。どんなことがあってもくじけない玲が眩しかった。

まっすぐで元気で明るくて…、そういうとこ、時々苦手だった。

黒川先生の告白

沙世子の石碑のもとで、黒川先生にサヨコの真実を聞こうとする玲、マー、秋。みんなでサヨコの棚のところに行く。

・先生は2番目のサヨコを知っていた。
・カギを渡すのはそのとき何かを手渡したい生徒で、タイプはいろいろ。
・サヨコの取り合いになったこともあった
・四番目のサヨコ(佐野美香子)はやってられないと鍵を埋めた。
・三番目のサヨコがいちばん優秀で全部やり遂げた。
・1人として同じサヨコはいなかったし、生徒の成長が楽しみだった。

玲は、どこにもいないような女の子になりたかった。秋は絶対に別の人間にはなりたくなかった。病気で留年が決まったときに、そういうもので自分の気持ちをごまかすのはやめようと思った。

先生は、鍵を送ってその生徒を見守る、ただそれだけだと言う。偽サヨコも先生じゃない。つ

俺がカギをずっと送り続けていたのは、そう仕向けられてきたのかも。それは誰かわからない。この物語は俺の手を離れすぎた。

扉はまだ残ってる。残された扉は俺たちで開け、そういうことだろ。

サヨコはこれっきり?

来年実行委員をやりたいというマー()が実行委員会に手伝いにやってくる。まず資料を整理するのが仕事、と設楽(内野謙太)。

サヨコの資料は、来年北校舎を取り壊すときに燃やして封印する。棚にしまっておくと設楽。サヨコは黒川先生の仕業とわかったし、事故も起きたからもう現れないと聞き、動揺するマー。

帰り道、秋(山田孝之)は玲(鈴木杏)に、前に玲が秋を守ると言ったことについて話し出す。でも本当に危険な場所は自分で歩かなきゃダメなんだ。

もう秋に頼るなってこと?

ああ、俺のことも守らなくていい。

玲はショックを受けて走り出す。

秋の苛立ち

秋が帰宅すると由紀夫()が来ていた。多佳雄(古尾谷雅人)に勝手に「ユキを母と暮らさせて」と言ったことを怒ってつかみかかる。

千夏(多岐川裕美)が止めようとするが、これはユキと俺の話だ、と秋。

家でゆりえ(冨士真奈美)と話す沙世子。

見てるだけだった人が、楽しそうねぇ。やさしくて賑やかなもののほうがいいときもあるよねぇ。

それは友達のこと、つまり玲のこと。

転校を迷っているって話を先生にしたのはおばあちゃん? 沙世子は質問するが、ゆりえはもう眠っていた。

秋は玲に謝りに来たが玲はいなかった。いろんな気持ちがうまく収まらなくて、玲やユキにひどいことを言ったことを後悔していた。玲の父(上杉祥三)は、玲の気持ちより自分の気持ち。周りの人の気持ちばかり気にしてたら疲れる。自分のことをちゃんと好きになれば答えてくれる人がいる。喧嘩しても離れていても…とアドバイスする。

マーの企み

マーは北校舎のサヨコの戸棚のところにユキを呼び出していた。

簡単、簡単、荷物を運ぶだけ、とユキ。

玲が校舎に行くと偽サヨコが書いたメッセージが貼られていた。

わたしは今年のサヨコ。
みなさんが知っているサヨコは私の真実の姿ではありません。
私はまだここにいます。

みなさんわたしを信じてください。
わたしと一緒に最後の扉を開いてください。

わたしはいつもあなたの横に

六番目のサヨコ

偽サヨコはマーだった!

どうして?

私がサヨコになっちゃダメなの? 玲だってなったじゃない。玲は秋からカギをとって、沙世子はこの学校になんの関係もなかったのに。

玲たちのせいで扉は永遠に閉ざされることになった。

マーは、資料が処分される前に安全な場所に避難させようとしていたのだった。

私がサヨコを救い出すの。

何で? 何でそんなにサヨコになりたいの? まさかマーが偽のサヨコだなんて…。

火災報知器が鳴る。北校舎の電球が割れて火事が発生した。黒川先生が駆けつけると、マーは「中にいるの、手伝ってもらおうと思って…」と叫び始める。

家で学校が火事と気づいた秋も駆けつける。倒れたユキの上に火の粉がふりかかり…。

【六番目の小夜子】11話の感想とまとめ

別の誰かになりたい、冒険がしたかった、別人になってごまかすのは嫌、どうして自分じゃダメなの?

サヨコをめぐって、玲、秋、沙世子、マー、黒川先生の思いが交錯した11話でした。

側から見れば、美人で成績優秀、スポーツも万能で、うらやましいしかない沙世子がうらやましいのはまっすぐで元気いっぱい、みんなに愛されている玲。

ないものねだりは誰にでもあります。とくに思春期には。

ついに明かされた偽サヨコの正体はマー!

いまや怪演女優として名高い松本まりかは、デビュー作から堂々の怪演ですね。

偽サヨコの正体など今回はいろいろなことがわかったけれど、黒川先生を1番目のサヨコにしたのは誰なのか? マーがサヨコにこだわるのはなぜ? サヨコを取り巻く不思議な現象の原因など謎はまだ残っています。

そして火事に巻き込まれたみんなの運命は? 最終回はどんな結末を迎えるのでしょうか?

各話のあらすじはこちら↓↓

1話2話3話4話5話6話
7話8話9話10話11話12話
再放送
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました