スポンサーリンク

【六番目の沙世子】7話のあらすじと感想!消えた台本と秋への疑惑

六番目の小夜子

【六番目の沙世子】7話のあらすじと感想!消えた台本と秋への疑惑

「サヨコ芝居の台本が届かない」と演劇部からのクレームを受けた実行委員長は、〆切までに連絡なしなら芝居を中止すると決断。

玲(鈴木杏)と沙世子()は台本を書き直してすり替えることを画策する。

文化祭を前に、秋()に妨害者疑惑が持ち上がる。


ADVERTISEMENT

【六番目の小夜子】7話のあらすじ

【六番目の小夜子】7話のあらすじを紹介します。

とある中学校に伝わる「サヨコ」という不思議な言い伝え。3年に1度、先代のサヨコから指名された生徒が、秘密裏にサヨコの約束を実行し、その成果が学園生活の明暗を左右するという伝説だ。サヨコ伝説に取り組む三人の少年少女を主人公に、彼らの友情と成長を描く、ミステリー仕立ての学園ドラマ。

玲と沙世子は台本のすりかえを画策

「六番目のサヨコ」の台本が届かないから準備できないと演劇部の部長(桂亜沙美)が実行委員会に乗り込んできた。台本は文化祭が終わったら後夜祭で処分するのが仕来りだから前回のものもないし、毎回全部同じでもない。

実行委員長の設楽(内野謙太)は、七夕の日の申し込みの後、何も言ってこないからわからないという。9月の始業式を最終〆切にして、それまでに何も連絡がなかったら今年の芝居は中止とするとみんなから非難される。

玲と沙世子は、サヨコの台本を復元するため、OBやOGを訪ね歩いて話を聞く。1人のOBがほかにも聞きに来た人がいると言う。それは手芸部の溝口だった。サヨコ人形を作るための取材だった。

秋(山田孝之)は実行委員会あてに封筒を投函する。実行委員長に見せてと頼む。表紙を見ると沙世子がなくしたものと同じらしい。

プール掃除をする玲と沙世子。台本が見つかったおかげでせっかく復元した台本は使えなくなった。諦めムードの玲に反して沙世子は、このままやられっぱなしで引き下がれない。台本をすりかえようと言い出す。

それなら同じ台本じゃダメ。書き直すことにする2人。

ずっと忘れられない誕生日と玲の企み

玲の誕生日のバーベキューに秋を誘う千夏(多岐川裕美)。秋は、玲の部屋から玲と沙世子の楽しそうな声を耳にする。

玲の誕生日はあいにく雨だった。由紀夫()がきゅうりの板ずりをしていると褒める玲の父(上杉祥三)。父親もそういうのが得意だったと千夏が言うと、秋は「ジャングルとかでは生きていけるけど、普通の生活は向いていない人」と皮肉を言う。

マー()と溝口(鳥居紀彦)が表で男の人にケーキを渡されて持ってきた。爆弾か?と慌てる一同だが、マーたちの話では男は玲と秋を知っているとのこと。開けてみると秋と由紀夫の父からだった。本当は自分で渡そうと思ったが、苦手な人がいるからやめた、というのを聞き、追いかける秋。しかしもう唐沢の姿はなかった。

玲と沙世子は、学校に台本をすり替えに行く。でもどうせならもっと攻めていこう、自分たちを試してみよう、と玲。

両方の台本を残して、どっちを使ってもらえるか試そうというのだった。

今日の誕生日はずっと忘れない。夜、沙世子と一緒に学校に忍び込んだことも、と玲。

ゆりえの登場と消えた台本

沙世子の祖母・ゆりえ(冨士真奈美)が歌声喫茶の指導にやってくる。声は体の奥に響かせるだけで伝わる。声を張り上げる必要はなく、思いを丸く優しく響かせるのがコツだと教える。

ゆりえは実はこの学校の音楽講師だった。

屋上でひとりカメラで空を撮る秋。部室に入ろうとすると扉が開かない。雪だるまの着ぐるみが出て行く。すると今年のサヨコの台本がなくなっていた。
設楽は、今年は「サヨコ」芝居を全員参加でやると発表する。自分たちの台本が採用された、と喜ぶ玲と沙世子。

放課後、サヨコの棚の前に立つ秋と会う沙世子。秋は、沙世子と玲が台本を書き直したんだろと追及する。

沙世子は花瓶を修復しに持ち帰った。妨害者は秋じゃないかと玲に言う沙世子。もともとは秋がサヨコだった。私たちがやるのが面白くないのでは、と言われて「秋はそんなことしない」とムキになる玲。

サヨコは今日、姿を現す!?

文化祭前日、みんなは歌声喫茶の準備をする。サヨコの棚をこっそり開けた秋が振り返ると玲がいた。

玲は妨害者が秋か確かめたくて、花瓶を棚に入れたと秋に聞こえるように言い、罠をかけたのだった。

文化祭の日、加藤(山崎育三郎)が教室にいた。正面玄関では、手芸部の作品が壊されていて「サヨコは今日、姿を現す」と書いた紙が掲示されていた。

【六番目の小夜子】7話の感想とまとめ

すっかり打ち解けて、一緒にサヨコをやることに喜びを感じている玲と沙世子。

でも、文化祭を前に沙世子が「妨害者は秋じゃないか」と疑います。

秋には沙世子を疑うな、沙世子には秋を疑うな、とどちらも信じたい、でも自分の目で確かめないと気が済まない玲は、秋を罠にかけることに。

妨害者はやっぱり秋だった!秋と玲の信頼関係は、そして文化祭はどうなるのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました