【らんまん】5話|ヒサ(広末涼子)の死に号泣必至

当サイトのリンクには広告が含まれます
らんまん第5話

【らんまん】5話

神木隆之介主演の朝ドラ【らんまん】第5話(第5回)が2023年4月7日(金曜)に放送。

第4話あらすじでは、母の状態が悪化し、万太郎が裏山にバイカオウレンを採取しに行くところで終わりました。

第5話では、万太郎が山の奥へと入っていくところからスタート。第1週ラストである第5話は、ヒサ()の死に号泣必至な回で…。

今回は【らんまん】5話のあらすじネタバレ・考察・感想・出演者について!

あわせて読みたい
朝ドラ【らんまん】ネタバレ・あらすじ・感想!結末は「スエコザサ」命名エピソード!? 朝ドラ【らんまん】ネタバレ・あらすじ・感想!結末は「スエコザサ」命名エピソード!? 朝ドラ【らんまん】全話のあらすじをネタバレ!【らんまん】は神木隆之介主演の...
あわせて読みたい
【らんまん】第1週|「バイカオウレン」は母ヒサが大好きな花 【らんまん】第1週のあらすじとレビュー NHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)【らんまん】第1週「バイカオウレン」のあらすじネタバレと予習レビューをお伝えします。 春...

*本ページの情報は2023年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

目次

【らんまん】5話のあらすじネタバレ

【らんまん】5話のあらすじネタバレです。

母が好きな花を採取しに

万太郎(森優理斗)は病床で生死の境をさまようヒサ(広末涼子)を元気づけようと、ヒサの好きなバイカオウレンの花を探しに行く。

だが裏山の神社には見当たらず、立ち入りを禁じられた山の奥深くへと足を踏み入れてしまう。異変に気付いた綾(太田結乃)と竹雄(井上涼太)も万太郎を追いかけて裏山へ。

寒風が強くなった。そんな中、綾が竹雄に「あたしと万太郎があべこべやったらって思うことがある」と伝える。私なら峰屋の当主として頑張れるのに…という思いがあった。

だが綾は、万太郎には人を笑わせることができると認めていた。自分にはできないから。竹雄は、「坊は幸せもんじゃ。綾様みたいな姉様がおって」と羨ましがる。

雪が降り始める中、ついに崖の下で、その花を見つけた万太郎だったが——こわばった足が雪で滑ってしまい、崖を登ることができない。

万太郎「どうしよう。誰か来て。助けて。助けて!」

そのころ、峰屋では女中が万太郎がいないことに気付く。

山奥では、「坊!」と万太郎を呼ぶ声がした。竹雄と綾に引っ張り上げられた万太郎。

綾「万太郎。バカ!」

竹雄「ほんとに坊はダメ坊じゃ。二度とそばを離れませんき」

ヒサ(広末涼子)との別れ

峰屋ではヒサ(広末涼子)が衰弱し、堀田医師が子供たちも呼ぶように伝える。すると万太郎たちがいないことが分かる。タキ(松坂慶子)は「見つけえ!この上こどもらまで絶対許さん!」と怒る。

すると、泥だらけの万太郎たちが帰って来た。タキは万太郎を抱きしめる。

ヒサの部屋にて。万太郎は「お母ちゃん、花、採ってきたよ」と言って花を取り出す。すると万太郎の顔がゆがむ。形が違ったのだ。ヒサが好きな花ではなかった。

万太郎は「お母ちゃんの好きな花、とってこれんかった」と泣いた。

ヒサは意識を取り戻す。そして万太郎の髪を触って「きれいやね」とつぶやく。

万太郎「お母ちゃん、いかんとって」

ヒサ「万太郎、春になったら、お母ちゃん、あそこにおるきね。…また会おうね」

ヒサは微笑み、愛する子供たちに約束した。万太郎と綾は涙を流しながら母の手を握る…。

ヒサは目を閉じる。

季節はめぐり・・・佐川村に春がやってきた。金峰神社の境内にはヒサが好きな白い花が咲いている。

万太郎がはいつくばって、その花を触っていると、声が聞こえた。

ヒサ「咲いたねえ、万太郎。見えんなっても、ちゃあんと根を張っちゅう。いのちの力に満ちゆう。…万太郎もね」

ヒサは万太郎に笑顔を見せる。だが、涙でにじむ。そして母の姿は消えた。

万太郎は、天狗()に「さあ望みや!おまんは何がしたいがぜ?」と問われたことを思い出す。

万太郎は空を仰ぎ「わしはこの花の名前が知りたい」と天狗に告げる。

(つづく)らんまん第5話のネタバレ,あらすじはここまで。

<<前回 第4話 | 次回第2週第6話>>
らんまん|あらすじネタバレトップページ

【らんまん】5話の考察

第5話は母親・ヒサ(広末涼子)の死に号泣必至な回です。

モデルの牧野富太郎博士の母親はいつ亡くなったのでしょうか。調べてみました。

牧野富太郎の母親はいつ亡くなった?

牧野富太郎氏の母親は、久壽(くす)という名前です。

富太郎氏が3歳のときに父・佐平が、5歳のときに母・久壽が病死。6歳の時には祖父・小左衛門が亡くなっています。

牧野富太郎氏が誕生したのは文久2年(1862年)4月24日。

【らんまん】主人公の槙野万太郎は、慶応3(1867)年の時点で5歳なので、生まれは牧野博士と同じく文久2年(1862年)でしょう。

【らんまん】第5話は、年が明けて、慶応4(1868)年です。万太郎が6才になる年に、母ヒサが逝去しました。

史実では牧野富太郎氏が5歳のときに母・久壽が病死。大体、同じころに母を失うのですね。

ちなみにドラマではすでに父と祖父は亡くなっており、万太郎が当主となっています。

【らんまん】5話の感想

【らんまん】5話の感想です。

ヒサ(広末涼子)の死に号泣

母・ヒサ(広末涼子)の死が描かれた第5話に、多くの視聴者が号泣。

ヒサの死は・・・万太郎、綾、そして竹雄たちみんな、つらいですよ。

子役3人の演技が上手いし、松坂慶子さんの怒ったり泣いたりの場面も泣かされます。

ヒサは、花として、見えなくても見守っている。

そういえば、万太郎は当初、見えないのは「いない」のと同じ。神様はいないと言っていました。

今の万太郎は、見えない母の姿を見ることができます。

霊として登場した母の姿は、その象徴だと思います。母を近くに感じているという象徴。

父も見守っているのかもしれませんが、野暮ですが分析すると・・・

亡き父との思い出はない万太郎ですが、母との思い出はあります。愛された実感もあります。

なので、母からは、見えなくても見守ってくれているって感じられるのかもしれませんね。

【らんまん】5話の出演者

【らんまん】第5話の出演者

  • 森優理斗……役:槙野万太郎(幼少期)
  • 太田結乃……役:槙野綾(幼少期)
  • 井上涼太……役:竹雄(幼少期)
  • 石村みか……役:ふじ – 峰屋の女中頭
  • 綱島郷太郎……役:堀田鉄寛 – 医師
  • 嶋尾康史……役:寅松 – 峰屋の杜氏
  • ……役:たま – 峰屋の女中
  • ディーン・フジオカ……役:天狗/坂本龍馬
  • 広末涼子……役:槙野ヒサ
  • 松坂慶子……役:槙野タキ

<<前回 第4話 | 次回第2週第6話>>
らんまん|あらすじネタバレトップページ

画像出典「らんまん」公式HP

らんまん第5話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次