2021年春ドラマ
番組情報まとめ
2021年春ドラマ
視聴率ランキング

【閻魔堂沙羅の推理奇譚】7話のネタバレと感想!牧瀬里穂の演技に賛否!?

閻魔堂沙羅の推理奇譚-7話
https://www.nhk.jp/p/ts/2LQ2GR6Y2M/list/

【閻魔堂沙羅の推理奇譚】7話のネタバレと感想!

中条あやみ主演ドラマ【閻魔堂沙羅の推理奇譚】7話が12/12(土)に放送されました。

ゲストは牧瀬里穂さん。今回と最終回に出演します。沙羅(中条あやみ)とは何やら因縁がある役で…。

今回は、【閻魔堂沙羅の推理奇譚】7話のあらすじネタバレと感想などを紹介!


ADVERTISEMENT

【閻魔堂沙羅の推理奇譚】7話のネタバレ

沙羅(中条あやみ)は少女・律子(澤山明璃)に告げる。「見届けさせてもらいます。これからの あなたの生きざまを。くれぐれも後悔しないように…」

新山律子(牧瀬里穂)は母子家庭。一人娘・美久(長澤樹)は不登校で、話もできないくらい親子関係もギクシャクしている。律子の仕事は店舗デザイナーで、新聞の宣伝効果もあり繁盛している。

律子は、仕事は順調で家事もできる限りこなしてきたが、ただ一点…母親としての自信が持てないことが悩みだ。

そんな中、「クレナイ金融」の川澄吾郎(徳井優)が母・飯塚町子(津川マミ)の借金のことで律子を訪ねてきた。35年前、町子は勤めてた工場の社長と不倫関係になって、社長の奥さんをめった刺し。あげく 金品を奪って逃走。 その犯行の残忍さで、付いたあだ名が 「切り裂き町子」。

律子は、叔父夫婦に引き取られてから町子と一度も会っていない。町子の行方に心当たりはないし、関わりたくない。クレナイ金融の男は立ち去った。

律子は蔵本樹季(向鈴鳥)と偶然会う。彼は美久の同級生で、トライアル期間で1か月、美久と付き合うことになったという。樹季が送り迎えをして美久も学校に行くという。律子は「わざわざ家にくるのは近所の目もあるし、ちゃんとして」と娘に言ってしまう。「ウザいんだって!お父さんも言ってたよ、お母さんは何でも完璧にしたいんだって」と美久。

律子は娘とうまくいかないとき、思ってしまう。あの時、死んでいた方が良かった…と。母が幼い律子に暴力を振るい、食事も満足に与えず、男と会いに5日も家を空けた。その日、律子はおなかがすいて死にそうだった。食器棚の上の食べ物を取ろうとして、椅子から転んだ、あのときに死んでいたはずだった…。

それから数日、何事もなく過ぎた。しかし川澄が、美久を中学生でも稼げる方法で働かせると、律子にプレッシャーをかけてくる。さらに、事務所のパートナー・野上叶恵(飯島順子)や、美久の父・福森幸次(井之上チャル)にも連絡を入れ、川澄が徐々に律子を追い込んでいく。

まだ大丈夫だが、川澄の追い込みがエスカレートすれば、律子は仕事を奪われ、娘も元夫に取られる。律子は、美久に母(美久の祖母)について正直に話した。

律子:「私は美久の気持ちが分からない。 どうすればよい母親になれるのかも。 美久に全部話そうと思ったのは、これが一番いい選択だと思えたから。 ずるいと思うけど…私が楽になりたかったから。 最低の母親だよね。 それでも… 私なりに美久を愛してるの。 どうするかは… 美久が決めて」

律子は美久に判断をゆだねた。娘はきっと私を捨てる。 それでも美久の幸せが守れるならばそれでいい、と律子は思った。

そんな中、町子(湖条千秋)が律子に会いに来て、2, 000万をせがむ。「お母さんが娘に会いに来ちゃいけない?」というものだから律子は虫ずが走って仕方ない。律子が川澄に電話しようとすると、止めに入る町子。そして「あんたの娘に稼いでもらうわ。 体に流れてるのは どうせ私の血なんだから ろくな人生 歩まないんだし」と言い放つ町子。思わず、律子はスマホで町子を殴って殺害。ICレコーダーを拾い「なにこれ?」と思う律子は、遺体を自分の部屋に隠し、行動に出る。

ところが、律子がホームセンターでスコップなどの道具を買って家に戻ると…その遺体が消え、部屋が散乱していた。美久が言うには、変なおばあさんがいて「うるさい!」と言って出て行ったという。

「生きてた」と安堵する律子。翌日、美久は自分で起き朝食を食べていた。この日は午後から雨が降った。

この日、なぜか美久と樹季が学校に来ていないと先生から連絡が入る。家に戻ると、見慣れぬ傘があった。美久はびしょ濡れで家に帰ってきた。靴も泥だらけだ。

美久は倒れ、救急搬送された。律子は「母親失格だ」と思わされた。翌日、マンションに戻ると、樹季が迎えにきていた。「昨日、律子に何をしたの!もう関わらないで!」律子は樹季にあたる。

川澄から「美久の秘密」があると電話がきた。律子は、待ち合わせの造船所跡地のコンテナに入る。中は真っ暗だ。スマホで灯りをつけたとたん、律子はうしろから何者かに刺殺されてしまう…。

律子は、閻魔堂の沙羅のもとへやってきた。律子は沙羅のことを覚えていた。「あなたは私が初めて
現世へと生き返らせた人間ですから」という沙羅。35年前、床に頭を打ち付けた律子を救ったのは沙羅だった。

しかし、沙羅は「あなたの強さに賭けた。 そのゲームは実につまらない結果に終わりました。」と告げて、6歳の律子が現れて…(つづく)

【閻魔堂沙羅の推理奇譚】7話の感想

第7話は前後編の前編。律子(牧瀬里穂)が母を殺害したが、遺体が消失!勝手に出て行ったらしいのですが…。

なぜ美久はびしょ濡れで靴が泥だらけだったのか。樹季のせい?川澄がいう「美久の秘密」とは?

そしてもちろん、なぜ律子は刺されたのかが気になりますね。それは次回の解決パートで、でしょう。

律子を演じた牧瀬里穂さんがイイ味を出していました。と思ったのですが、「相変わらず演技下手」という声がネットで多いようです。賛否ありますが…

ネットの反応↓

【閻魔堂沙羅の推理奇譚】最終回は12月19日放送!お楽しみに!

当記事画像出典:https://www.nhk.jp/p/ts/2LQ2GR6Y2M/

閻魔堂沙羅の推理奇譚
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】