【PICU】7話|吉沢亮の目の演技・お風呂場での涙に反響

PICU第7話

【PICU】7話

月9ドラマ【PICU 小児集中治療室】第7話が11月21日(月)に放送されました。

放送後、志子田武四郎を演じるの目の演技に賞賛の声が集まりました。また、武四郎がお風呂場で流す涙にも反響が…。

今回は【PICU】7話の視聴率・内容・感想について。

【PICU小児集中治療室】の動画はFOD(フジテレビオンデマンド)で配信中!

【PICU】7話の視聴率

【PICU小児集中治療室】7話の視聴率は世帯8・3%、個人4・7%でした。

世帯視聴率は初回:10.3%、2話:7.5%、3話:9.2%、4話:9.1%、5話:7.5%、6話:8.4%と推移。  

個人視聴率は初回:6.1%、2話:4.3%、3話:5.3%、4話:5.2%、5話:4.3%、6話:4.9%と推移しています。

※視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム。

【PICU】7話の内容

【第7話の内容】志子田武四郎()は、食欲がなく、顔色も悪い母・南()の体調を心配する。だが、南は「すい炎と診断されて薬を処方されただけだ」と答える。説明が面倒だから話さなかった、という南の言葉に武四郎はホッとする。

ある日、武四郎はしばらく丘珠病院に泊まるつもり出勤する。拡張型心筋症を発症後、心拡大が悪化してしまった12歳の少年・小松圭吾(柊木陽太)くんの病状が心配だから。武四郎は、圭吾くんのわずかな変化も見逃さないよう、寝る間も惜しんで見守る。

そんな折、PICU科長の植野元()のもとへ、北海道知事の鮫島立希(菊地凛子)から引き抜きの連絡が入って…という内容。

【PICU】7話の感想

吉沢亮の目の演技

さん演じる武四郎が母の告白に対して、泣かずに…それでも目の演技だけでその感情を表現し、話題になりました↓↓

吉沢亮のお風呂場での涙に反響

母の前ではなかった武四郎。けれど、お風呂で涙があふれそうになり、お湯を顔にバシャバシャとかけてごまかしました。

ふと、一人になった時、日常に戻った瞬間、あふれてしまう母との思い出。医師だから診断書を見れば分かってしまうつらさ。医師なのに助けられない苦しさ。

もう視聴していて、胸が苦しくなりますが…さん演じる植野先生の優しい説得によって、お母さんは通院することになりました。良かったです。痛みを緩和するケアもあると聞いて、それならばと納得して踏み出してくれたようですね。

ラスト。圭吾くんが急変。つらい展開が続く本作ですが、来週も見届けましょう。


次回の第8話は、11月28日(月)21時10分から放送となります。いつもより10分遅いスタートなので、ご注意を!

<<前回 6話|次回 8話>>

画像出典「PICU」公式サイト

コメント