スポンサーリンク

【おかえりモネ】第16週のネタバレ|亮(永瀬廉)が幼なじみに自分の気持ちを語る

おかえりモネ-16週
©NHK

NHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)【おかえりモネ】第16週「若き者たち」のあらすじをお伝えします。

おかえりモネ第15週のあらすじでは、亮()が「船に戻っていない」という展開で、モネ(清原果耶)と未知()が衝突。

おかえりモネ第16週では、亮(永瀬廉)が幼なじみに自分の気持ちを語る展開に。久しぶりの幼なじみたちの楽しいシーンと、若き者たちならではの真剣な会話が描かれて…。


ADVERTISEMENT

【おかえりモネ】第16週のネタバレ

ここからは、おかえりモネ第16週のあらすじネタバレを紹介!

76話(8月30日)

父・新次()がふたたび酒を飲んで暴れたことを知り、亮(永瀬廉)は船に戻らず、東京で行方をくらませていた。

ほどなく、百音(清原果耶)と未知(蒔田彩珠)は、亜哉子()からの電話で、亮が高速バスで気仙沼に戻ることになったと聞き、少し安心する。

百音は「もう1日だけ、休ませてあげられないかな」と亜哉子に相談した。

明日美()は「わたしとか行くと、りょーちん逆に、ささっと乗っちゃうかも。わたしやみーちゃんにはかっこつけるからね。」と言う。

そこで、百音は新宿のバスターミナルに亮を迎えに行く。

77話(8月31日)

高速バスで気仙沼へ戻ろうとしていた亮(永瀬廉)は、喫茶店にいた。

百音(清原果耶)は亮を見つける。

一方、汐見湯では未知(蒔田彩珠)と明日美(恒松祐里)が待機していた。

そこへ、百音との約束で菅波()が、やってきた。

未知(蒔田彩珠)は菅波に「分かりませんでした?なんか空気、感じませんでした?あの二人は昔から通じ合って…」と言ってしまう。

***

「このまま帰っちゃダメだよ」と、百音は強引に亮を汐見湯へ連れ帰った。

すると、今度は未知が自分の苛立(いらだ)ちを周囲にぶつけてしまった いたたまれなさから足早に出ていこうとしていた。

そこへ、なんと三生()と悠人(髙田彪我)が現れる。

りょーちんはカッコつけるかな?
すーちゃん・みーちゃんには
「会ったときドキッとした」
「キレイだね」とか
無自覚にいい男ぶるのは
そのとおりだけどね。

 

78話(9月1日)

ひとりで亀島に帰ろうとする未知(蒔田彩珠)に、「仙台から先、りょーちんをちゃんと見張ってて。一緒にいてあげて」と、亮(永瀬廉)・悠人(髙田彪我)・三生(前田航基)たちと一緒に帰ればいいと提案。

百音の思いやりを感じた未知は、菅波(坂口健太郎)に余計なことを話したことを謝った。

菅波との約束を思い出した百音はあわてて電話する。

すると菅波は、鮫島のデータを届けにウェザーエキスパーツを訪れていた。

「本当にごめんなさい」と百音。

「もう謝らなくていいから。まずはそちらの時間を大切にしてください」と菅波。

汐見湯に久しぶりに集まった百音、亮、未知、明日美(恒松祐里)、悠人、三生の6人は震災の日から抱えてきた思いを、ぶつかり合いながらも打ち明けていく。

なんで地元で頑張ってるのが偉いみたいになるの?」と明日美。

一方、残った者の思いを語る未知。それぞれの大切な気持ちがぶつかる。

話しても地獄、離さなくても地獄なんだ」という亮もまた自分の気持ちを語り始める。

心を一つになんてなれないと言う亮。三生はそんな亮の手をつかみ、自分も怖かったんだと本音を告げる。

一方、 ウェザーエキスパーツでは…。莉子(今田美桜)や野坂()たちから、百音との関係を問われた菅波が、しどろもどろに答える。

りょーちん
気持ちを語れて良かったな!

79話(9月2日)

それぞれの思いを話し合った百音(清原果耶)や亮(永瀬廉)たち幼なじみは、築地に繰り出す。

「この6人でご飯とか、いつぶり!?」と、はしゃぐ明日美(恒松祐里) 。

三生(前田航基) は社会人になった幼なじみに「おごって」と頼んだ。

幼なじみたちは、つかの間の楽しいときを過ごす。

同じころ、気仙沼では、新次(浅野忠信)が亮の父親としてこのままではいけないと感じていた。

そんな新次の力になろうと、耕治()と亜哉子(鈴木京香)が、相談に乗っていた。

そして、汐見湯に戻った百音は、亮の姿が見えないことで心配になる。

すると、コインランドリーで、亮が新次に電話していた。

亮と百音の間に沈黙の時間が流れる。

亮が百音の腕をつかみ振り向かせ、「わかってんでしょ…」と迫る。

亮に腕をつかまれて迫られた百音は、「これは違う」と否定する。

ふっと笑った亮は「そういうの、もういいんだった」と、言った。

二階にて。帰り仕度をしていた未知 (蒔田彩珠)は亮のことで百音に告げた。

お姉ちゃんは正しいけど冷たいよ

未知は亮と百音のコインランドリーでの一部始終を目撃していたのだ。

80話(9月3日)

未知(蒔田彩珠)や亮(永瀬廉)たちは気仙沼へ帰っていった。

同じころ、サヤカ(夏木マリ)や龍己()は、自分たちより下の世代のためにも、まずは自分たちが楽しく、格好よく生きなければ、と電話で語り合っていた。

そして夕方。前日、百音(清原果耶)と結局会えずじまいだった菅波(坂口健太郎)が改めて汐見湯にやってくる。

菅波は「これでも動揺しているんですよ、昨日から。嫉妬とかそういうレベルじゃない」という。

菅波なりに百音と亮のことが気になっていたようだ。

菅波は、地域医療に専念するために登米に移住すると、百音に話す。

百音は菅波の決断に、激しく動揺し、

「先生が目の前からいなくなっちゃうのヤダって思ってるんです」

と菅波の手に触れて…

菅波は百音を抱きしめる。

そして、モネの苦しみを完全には分からないかもしれないが、分かりたいと告げた。

(つづく)

【おかえりモネ】第16週の事前レビュー

16週は、百音たち幼なじみが東京に大集合!

亀島での幼なじみたちの団らんも良かったですが、今回も楽しみ。

永瀬廉くんたちのファンも楽しめそうな週です。

気になるのは、未知の「冷たいよ」発言です。

りょーちんの気持ち(恋心)を知りながら、百音がはぐらかしている、ということでしょうか。

「正しいけど」というのは何なのか。現在いい関係の人(=菅波先生)を裏切らないこと、あるいは妹を応援して身を引くのは正しいけど、りょーちんに冷たいということ?

気になる終盤の展開になりそうです。

(追記)16週の予告動画が発表されました。コインランドリーで、亮が百音の腕をつかみ「わかってんでしょ…」とつぶやくシーンも公開されています。
(俺がモネを好きなの)わかってんでしょ…という流れだと思います。けれど、百音が気持ちに答えないため亮が身を引く形になるのでしょう。
だから未知が「お姉ちゃん冷たい」と言ったのですね。ともかくヒリヒリする展開になりそうです。

15週<< >>17週


コメント

タイトルとURLをコピーしました