スポンサーリンク

【おかえりモネ】78話|三生(前田航基)の涙に視聴者号泣

【おかえりモネ】78話

朝ドラ【おかえりモネ】16週 78話が2021年9月1日(水)に放送されました。

第78話の放送後、三生()の涙に視聴者号泣!

今回は【おかえりモネ】78話のあらすじと感想について。


ADVERTISEMENT

【おかえりモネ】78話のあらすじ

【おかえりモネ】78話のあらすじは…

汐見湯にて。久しぶりに集まった百音()、亮()、未知()、明日美()、悠人(髙田彪我)、三生(前田航基)の幼なじみ6人。

亮がソファーで寝ている中、ほかの5人が話していて。

明日美が、亮も仙台でも東京でも来ちゃえばいいと言うと、百音が苦言を呈する。

すると「そんなのおかしい」と明日美。地元で頑張ってるのが偉いという空気で、亮が苦しんでいる、と。

「決めつけないで」と未知。亮が船に乗っているときいい顔をしているなど、しんどいだけじゃない面があることを話す。(亮は目を開けて聞いている)

「ただ…」と未知。

「りょーちんと僕たちは違うもんな」と悠人。

「ごめん」「あたしも」と謝る明日美・未知の2人。

変な空気になったことを謝る三生。

「ううん、こういう話し、ずっと聞きたかった気がする」と百音。

一方、資料を届けにウェザーエキスパーツを訪れた菅波()は、莉子()や野坂()たちから、百音との関係を問われ、しどろもどろに答える。

その後、百音の気象予報士を目指した話しになる。なかなか聞けないのだ。そこで、野坂は自分も神戸だから被災者だと明かす。

莉子は「何もなく普通に、ひたすらハッピーに生きてきた私みたいなのは、こういう仕事して、人に何か伝える資格あるのかな」と後ろめたく思う。

内田()が「生きてきて、何もなかった人なんていないでしょ。何かしらの痛みはあるでしょ。自覚しているかしていないかは別として」とフォロー。

「言えないですしね、相手の方がつらいと思うと」と菅波。

汐見湯にて。震災のことを話し始めていた5人。

「りょーちん起きてたら話せない」という三生に、「ごめん起きてる」と起き出す亮。

「なに、重い話し?」「俺が卒業できないって話し」

ひと笑い起きたあと、亮が「重い話しかあ。話しても地獄。話さなくても地獄なんだよね」と切り出す。

「俺が話したら、みんな話せるようになるのかな?」と亮。

亮は左で明日美の、右手で三生の手を取って、「でもさ。もうできないじゃん。昔、UFO呼んだときみたいに、みんなで丸くなって手をつないで叫ぶみたいなの。もう大人だし。心をひとつに、とか、そんなの無理だし。結局、誰も何も言えないし。祈ってもUFOは来ない。俺ももう改造されない。…一生、ずっとこのまま。でもそれはしょうがない」

手を離し亮の手を、あわててつかむ三生。強く、両手で握りしめる。

涙ぐむ三生は「UFOは来たよ!だって俺見たもん、だから泣いたんだよ。」と言った。

みんなで祈れば叶うんだよ!と三生。

亮はすぐ改造されるし、三生もちゃちゃっと坊さんになる。

明日美は「なりたくてもなれない感じだったの?」と尋ねる。

「わからないよ。でも、あの人たちのためになんかできるなら。やりたいって思う」という三生。

震災のあのとき、何人も寺に運ばれてきたのを三生は目の当たりにしていた。

「ごめんな、亮。ごめん。俺、怖いって思っちゃってた。でも今は、俺は、おまえもさ、みんなバラバラのとこいたって、これからだってUFOは呼べんだよ。信じてるよ。手なんかつながなくたっていい(亮の手を離す)。心を一つになんかしなくたっていい。俺らはUFOだってなんだって呼べるんだよ!」と三生。

みんなに「泣くな!」と叫ぶ三生に、「お前だろ」と突っ込む亮。

俺ら。もう普通に笑おうよ」と三生。

亮は空気を変えたかったのか、「オムライス食えばよかったな。腹減った」とつぶやく。

みんな泣きながら苦笑した。

(つづく)

【おかえりモネ】78話の感想

三生(前田航基)の涙に視聴者号泣

78話は、三生(前田航基)の涙の訴えに視聴者号泣の神回でした。

三生もつらかったのですね。怖かったのですね。

まさに内田が語ったように、つらいことがない人はいない…。

亮のように身内を亡くしたわけではないですが、みんな抱えています。仲間です。

たしかに「心をひとつに」はできないかもしれません。亮の痛みは彼の痛みだから。

でもUFOは、願いはかなう。

このセリフって、なんだって望めば叶う。未来は明るいんだ!っていう意味だと私は解釈しましたが、ちょっと曖昧で、余白のある=想像の余地のあるセリフで良かったですね。

78話は若者たちの真剣な語りの回で、とても印象に残る回でした。

77話< >79話

関連記事:ネタバレ一覧へ

画像出典:NHK

コメント

タイトルとURLをコピーしました