スポンサーリンク

【おかえりモネ】77話|三生(前田航基)悠人(髙田彪我)も上京!

おかえりモネ-77
https://realsound.jp/movie/2021/08/post-847555.html

【おかえりモネ】77話

朝ドラ【おかえりモネ】16週 77話が2021年8月31日(火)に放送されました。

第77話では、三生()悠人(髙田彪我)も上京!幼なじみたちが大集合な回で…

今回は【おかえりモネ】77話のあらすじと感想について。


ADVERTISEMENT

【おかえりモネ】77話のあらすじ

【おかえりモネ】77話の内容は…

亮()が高速バスで気仙沼へ戻ろうとしていた。百音()が喫茶店で亮を見つける。

眠ろうとすると「寝ないでください」と注意されるが、何時間いてもその分は注意されない。だから客の人たちと我慢大会みたいで、連帯感があった。でも亮のことは気にしていない。

「東京って変なところな」という亮は「一瞬、仲間みたいになるけど基本、興味ないじゃん。楽でイイ」と言った。

百音は気仙沼での騒動を聞いたと言って、「やめてもいいと思うよ」と理解を示す。

亮は「だぜえ」という。自分で選択した道をやめるのだから。

百音は、「それはちがう。りょーちんはずっとがんばってきたよ」

亮は周りの期待に応えるのは最初は楽だが、だんだん苦しくなるという。

帰ろうとする亮。

百音は、「りょーちん、このまま、帰っちゃダメだよ」と引き止めた。

一方、汐見湯では百音に会いに来た菅波()が、明日美()から事情を聞いて、帰った。

そのころ、気仙沼では…。新次()に、耕治()が「亮のことも考えてやれ」と諭す。

亜哉子()は「子供たちを楽にしてあげたいよね、でも親が本気で明るい顔になってからじゃないとダメなのよ」という。子供は大人のことを見ているから。

亜哉子は冷蔵庫を開けて少ない材料で調理する。食べながら、楽しい話しをしたい、と。

汐見湯では…。「わたし帰ります」と、未知()が足早に出ていこうとする。

すると、百音が亮を連れ帰ってきた。

「みーちゃん?」と声をかける百音。「先に帰るね」と出て行こうとする未知。

そこへ、なんと三生(前田航基)と悠人(髙田彪我)が現れる。

百音は三生たちと一緒に帰るように説得し、「仙台から先、りょーちんみててあげて」と声をかける。

未知は「お姉ちゃん。ごめん。私、菅波先生にね…」というが…

「あ」

百音は菅波との約束を思い出して、あわてて電話する。

菅波は事情は聞いたからという。そういうとき、こっちを忘れる人は信頼できるという菅波。

菅波は、百音の会社へ鮫島のデータを届けに来ていた。

幼なじみ6人で談笑する。UFOを見に行った話しで、笑い合う。

そのころ、気仙沼では、新次・耕治・亜哉子はおにぎりと味噌汁で食事し、談笑。

汐見湯では、三生はまだ卒業できてないが寺を継ぐと決めていた。しかも覚悟を決めて島に戻りたい、という。

亮はかわいい顔で眠っていた。

明日美は「漁師なんてやめて、仙台でも東京でも行ったらいい」と言う。

百音が「すーちゃん、それは」というと、明日美は「なんで?なんで地元に残ってるのが偉いみたいになるの?」と不満げで…。

(つづく)

【おかえりモネ】77話の感想

77話は、三生(前田航基)悠人(髙田彪我)も上京!

亀島で、仲良さげな幼なじみを演じた(未知を含む)6人が大集合!

また、あのワチャワチャが見られます。

今回はキレイな海の風景がないので、その代わり、りょーちん演じる 永瀬廉の寝顔で癒しのシーン?

大人たち3人と子供たち6人の談笑が交互に描かれるのも印象的。

大人も楽しく笑っていてほしいですよね。

しかし最後は、すーちゃんがなんだか攻撃的?地元を捨てた負い目があるのでしょうか。

会話の続きが気になりますね。

76話< >78話

[出演] 清原果耶,永瀬廉,坂口健太郎,内野聖陽,鈴木京香,蒔田彩珠,浅野忠信,恒松祐里,前田航基,髙田彪我,マイコ

関連記事:ネタバレ一覧へ

画像出典:NHK

コメント

タイトルとURLをコピーしました