スポンサーリンク

【おかえりモネ】73話|百音の前にりょーちんが現れる!?

おかえりモネ-73
https://hochi.news/articles/20210824-OHT1T51080.html

【おかえりモネ】73話|百音の前にりょーちんが現れる!?

朝ドラ【おかえりモネ】15週 73話が2021年8月25日(水)に放送されました。

第73話では、東京にいる百音()の前になぜかりょーちん()が現れて…

今回は【おかえりモネ】73話のあらすじと感想について。


ADVERTISEMENT

【おかえりモネ】73話のあらすじ

【おかえりモネ】73話のあらすじは…

気仙沼では…亮(永瀬廉)の母方の祖母・フミエが永浦家を訪れていた。「美波()のことでね」と、新次()に何やら書類を差し出して…。

一方、東京・汐見湯では…百音(清原果耶)と菅波()が二人で会うと知った明日美()は、大はしゃぎ。「気持ちを伝えるべき」と百音の背中を押した。人の気持ちはフワフワしてるから、お互いが好き同士なんて一瞬だから、奇跡だから、逃したら元に戻らない、と。

その夜。布団に入りながら、未知()が「ねえ、お姉ちゃん、すーちゃんってどうなの?」と尋ねる。りょーちんのことと察した百音は、明日美は恋人はそばにいてほしいタイプだからもう何もない、と答えて安心させる。未知は「早く帰りたい、私は島がいい。試験場の仕事も楽しいし」と言ってから寝た。

同じころ、登米では菅波が、デートで百音を傷つけないか緊張していた。サヤカ()は「ずっと大事にしてくれてたんですね。」と感謝し「あとは?」と尋ねる。

菅波は患者と接するのが苦手だった。しかし案外、向いてるかもと迷い始めていて、診療所に専念するか、思い悩んでいた。「モネと話してみてはどうですか、あの子は一番、先生のこと分かってると思いますよ」とアドバイスをもらう。

百音と菅波のデート前夜。

どこかの帰り道、スーちゃんと電話しながら帰る百音。未知も一緒だという。

家の近くになった。すると、意外な人物=亮がいて…。

「おお、モネ!」

「りょーちん、なんで?」

「マジでいた(笑)久しぶり。元気?」

「元気。入る?」

2人は汐見湯に入っていく。(つづく)

【おかえりモネ】73話の感想:百音の前にりょーちんが現れる!?

73話は、百音の前にりょーちんが現れる!?というラストでした。

久しぶりの、モネ×りょーちんの会話。続きがはやく見たいです(笑)

りょーちんは仮設住宅に来てくれたシーンで大丈夫と言ったり、弱みを見せないから、何も言ってくれないかもしれません。

けれど、百音の気持ちは伝わっているんだと思います。だからやってきたのでしょう。

そばにいて寄り添ってあげてね、モネちゃん。という気持ちになったラストです。

でも未知がりょーちんを気にしていることは、百音が知ってるんですよね。

未知は「早く帰りたい、島がいい」と言っていましたが、これって島にずっといるから、すーちゃんとは違うと言いたかったのでしょうか?

百音・未知でりょーちんをとりあう関係にはならないとは思うのですが…

でも未知・りょーちんがお似合いかどうかは全くわからないんですよね。というか妹と見てると思いますよ、りょーちんは。

りょーちんには、強気の莉子()やお姉さんな野坂()の方が合ってるんじゃ?知らんけど(笑)

72話< >74話

関連記事:ネタバレ一覧へ

画像出典:NHK

コメント

タイトルとURLをコピーしました