【おかえりモネ】44話|菅波が決断し、百音は飲み過ぎて…

おかえりモネ44
https://realsound.jp/movie/2021/07/post-813990.html

【おかえりモネ】44話

朝ドラ【おかえりモネ】第9週第44話が2021年7月15日(木)に放送されました。

第44話では、サヤカ()も森林組合のみんなも百音()を応援。菅波()も進路を固める。そして実家へ戻った百音は飲み過ぎて…

今回は【おかえりモネ】44話のストーリーと感想について。

【おかえりモネ】の配信情報
【おかえりモネ】の動画は、U-NEXTのNHKオンデマンドがオススメ。

ADVERTISEMENT

【おかえりモネ】44話のストーリー

【おかえりモネ】44話の内容は…

サヤカ(夏木マリ)は「舞いを舞うことは、能では物事の陰と陽のバランスを整えること」という。

陰陽のバランスが崩れるとこの世界もそうだという。

「気象もそうなんです」と百音が説明する。

「面白いね、色んなのがつながってて」とサヤカ。

「サヤカさん、すみません、うそついて」と百音が合格を認めた。

サヤカは百音の気持ちがわかっていた。そして「ひとりで生きていくから心配する必要ないの。行きなさい。自分の思う方へ」と背中を押す。

さらに、森林組合の面々にも組合を辞めて東京で気象にまつわる仕事を目指すことを打ち明ける。

驚いて残念がる一同。

翔洋は「山じゃダメなんですか」と聞いた。

サヤカが「山がダメでなく、山を知った上で空の仕事をするんだ」と補足。

顔つきも変わって成長した百音。

森林組合のみんな、百音の決意を応援するのだった。

菅波も百音に影響を受け、迷っていた進路を固める。

もう少し東京との往復をして、訪問診療をする、と。

「僕は何かを考える前に動かせる…そういう人間にならないといけないから、もう少しこっちいます」と菅波。

中村は、他の医師に断られていたからと喜んだ。

そして百音には、登米を旅立つ前に一つやらなければならないことが残されていた。

サヤカ:「気仙沼に行きなさい。ちゃんと伝えてきなさい。あなたの胸の内で抱えてきたもの、自分の言葉で」

百音は亀島へ戻った。

家族と、百音の試験合格、未知の水産試験場に配属決定を乾杯する。

百音は「わたし二十歳になったよ、飲もう!娘と飲みたかったんでしょ!」と、父と酒を酌み交わす。

おちょこに何度もついで飲み干す百音。あわてる父。

ナレーション:家族だからうまく言えない。でも言わなきゃね。

(つづく)

【おかえりモネ】44話の感想

44話は、百音がついにサヤカ・職場へ別れを告げました。

いち視聴者としては、

辞めるのは気象予報士として働ける会社に受かってからではいいのでは?

と心配してしまいますが・・・

それほど心に決めた仕事なら、退路を断つのもありかもしれないなあ、と百音の決意を見ていて思わされます。

菅波先生も決めました。頭でなく動ける、そんな医師になるように。自分の成長すべき課題がわかって決めた菅波。視聴者としても納得の決断です。

そして、実家へ戻った百音は飲み過ぎている様子。これ、大事なことをお酒の力を借りて、次回思いのたけを話すのでしょうか。

家族へ思いをぶつける清原さんの演技が楽しみです。

43話< >45話

関連記事:ネタバレ一覧へ

画像出典:NHK

コメント

タイトルとURLをコピーしました