【おかえりモネ】43話|百音(清原果耶)が自分の本心を菅波(坂口健太郎)に語り…

おかえりモネ43
https://realsound.jp/movie/2021/07/post-813215.html

【おかえりモネ】43話

朝ドラ【おかえりモネ】第9週「雨のち旅立ち」第43話が2021年7月14日(水)に放送されました。

第43話では、百音()が自分の本心を菅波()に語り…

今回は【おかえりモネ】43話のストーリーと感想について。

【おかえりモネ】の配信情報
【おかえりモネ】の動画は、U-NEXTのNHKオンデマンドがオススメ。

ADVERTISEMENT

【おかえりモネ】43話のストーリー

【おかえりモネ】43話の内容は…

サヤカ()が守ってきた樹齢300年のヒバの木がついに伐採される。

そして未定だった木の保管場所についても、百音が活躍。木蔵(きっつ)がある家を調べていた百音は、「過去数百年、浸水被害にも、土砂災害にも、全く遭っていない場所があるんです」という。

その場所は神社。百音や組合の人々が宮司に頼むと、能舞台の修繕用となる大事な木を50年も保管と聞いて腰が引ける宮司。

「分かります。でもサヤカさんも言ってました。能舞台の柱にしなくたっていい。50年後、100年後、何かあったときに誰かの役に立てばいい。そういう私たちのためにって残しておいてくれたものが、この土地のどこかにあるっていいなあ、安心するなあと思うんです」と助言する百音。

宮司は保管を引き受けることにした。

サヤカはそんな百音の仕事ぶりを「よくやってくれた。ありがとね」と褒めるとともに、「だからもう気を使わわないで」という。

「なんで嘘なんてつくの?合格したんでしょう。それでやりたい仕事もある。それなのにどうして嘘なんてつくの?」とサヤカ。

くちごもる百音。

「わたしに同情した?」というサヤカは、「バカにしないでね」と茶化した。

2人の様子を見ていた菅波は、夜、ひとりでカフェにいた百音に声をかける。

「永浦さんの嘘をついた気持ちはわかってる。サヤカさんも。でも一緒に喜びたかったんだと思います。そばに見てきた人は嬉しい。たとえ離れることになっても喜んで送り出してくれると思います。」と菅波。

百音は自分がサヤカに合格を伝えられなかった理由は、「怖くなった」からだという。

夢を追って離れている間に大切な人がつらい目に遭ったらと思うと、怖くなった百音。

5年前の震災はちょうど明日。当時、島にいなかった百音。

妹に「お姉ちゃん津波みてないもんね」と言われたことが今でも心に刺さっている。

・・・菅波は百音のうしろに立ち、肩に触れようかと手をあげたが、やめた。

「すみません、こんな話し」と百音。

菅波はサヤカと話してみるように勧める。

百音は能舞台の稽古をしていてるサヤカを訪ねて…(つづく)

【おかえりモネ】43話の感想

43話は、ヒバの木の伐採に保管場所の確保と話しが進みました。

しかし見どころは、百音(清原果耶)が自分の本心を菅波(坂口健太郎)に語ったシーンでしょう。

百音がなんで嘘ついたのか、とっさな感じがして理由が伝わりにくかったのですが…

今回で判明しました。怖かったから…。

自分がいなくなって、サヤカさんに何かあってしまったら、と。

まあ、百音は故郷の島を離れてるので、島にいないんですけどね。

実家の家族に何かあった時に同じ体験をできないです。

理屈では、百音のいう「怖さ」が一貫してないように思いますが、理屈じゃなくて感情なのでしょう。

菅波も言ってましたが、サヤカさんもきっと分かってくれるはず、と思います。

そして菅波先生の中途半端な手のシーンがおかしかったです(笑)

純情というか、奥手というか…。2人は恋愛に進展しないかもしれませんね。進展したらちょっと喜びです。

42話< >44話

関連記事:ネタバレ一覧へ

画像出典:NHK

コメント

タイトルとURLをコピーしました