スポンサーリンク

【おちょやん】第2週あらすじ「道頓堀、ええとこや~」

【おちょやん】第2週あらすじ「道頓堀、ええとこや~」

杉咲花主演の朝ドラ【おちゃん】第2週(12/7~11)のあらすじを紹介します。


ADVERTISEMENT

【おちょやん】第2週あらすじ

【おちゃん】第2週のあらすじネタバレを紹介!

千代(毎田暖乃)お茶子になる

竹井千代(毎田暖乃)は口入れ屋(=人材斡旋業者)に連れられて大阪・道頓堀へやってきた。目に映るもの全てが、華やかな世界だ。

千代の奉公先は、芝居茶屋・岡安(おかやす)。千代の仕事のお茶子は芝居の見物客の座席確保や食事の手配をする仕事だ。

岡安を取り仕切る女将の岡田シズ()から、ひと月の間に「お茶子」の仕事を全て覚えるよう、条件を出される千代。

千代がいざ働き出すと、炊事、洗濯、お使いも千代の仕事だった。覚えることは山ほど。目の回るような忙しさの中で道頓堀を駆け回る千代のお茶子修行の日々が始まった。

千代(毎田暖乃)失敗の連続

岡安のお茶子として、ひと月で仕事を覚えなければ、女将のシズ()に追い出されてしまう…。そんな不安の中で始まった千代(毎田暖乃)のお茶子修行は、失敗の連続。

シズの娘で同い年のみつえ(東野絢香)からは説教を受け、岡安の商売敵・福富の女将の菊(いしのようこ)には門前払い。かめ(楠見薫)を中心とする岡安のお茶子の先輩からは、面倒なことを押しつけられる日々。気がつけば、風呂屋にも間に合わず、一日が終わる。

千代は、何日も風呂に入れず臭くなった髪を通りの天水桶(=防火用に雨水をためておく大きな桶)で洗い、濡れ髪のまま歩くと、「なんや、人か」と声をかけられた。千代と同い年くらいの男の子が千代を河童だと思ったという。

千代(毎田暖乃)一平と出会う

芝居の街・道頓堀で、一、二の人気を誇る喜劇の天海てんかい一座が岡安にやってきた。その一座の子役・天海一平(中須翔真)と出会う千代(毎田暖乃)。一平は、酒飲みで女癖が悪い自分の父・天海の事が大嫌いだと話す。千代は自分の父と同じだと思い、共感する。2人は親友となった。

そんなある日、客の弁当を届けに来た千代は、初めて芝居を目にする。演目は「人形の家」。舞台の上でヒロイン役を演じていたのは、高城百合子(井川遙)という女優。その姿に、千代の目は釘付け。百合子の美しさと情熱的な演技に、魅了される。

一平(中須翔真)の父の死

千代(毎田暖乃)は、芝居小屋の支配人・熊田から「人形の家」の台本をもらい、文字の勉強を少しずつ始める。

そんなとき、一平の父、天海(茂山宗彦)が突然、亡くなってしまう。劇場「えびす座」では盛大な葬儀が行われた。鶴亀株式会社の社長、大山鶴蔵(中村鴈治郎)は、一平に二代目を継がせるよう一座の面々に伝える。座員たちは一平には無理だと口をそろえるが、大山の言葉は絶対だった。

一方、千代は隣近所だった小林家の主人と道頓堀で遭遇。父テルヲ(トータス松本)たち家族の近況を聞かされた。テルヲは金貸しや小林たちに借金を重ね、夜逃げしたという。弟を案じる千代だったが、実家を捨ててきた手前、「うちとあいつらは赤の他人やさけ」と言い捨てる。

うちの「おちょやん」

千代(毎田暖乃)は、岡安の女将シズ(篠原涼子)から大切な使いを頼まれた。途中で一平と出会う。そして一平の父が亡くなる前、祝儀袋をもらったことを話した。親友になったことが父はうれしかったのだろう。そんなことは信じられないと一平は泣いた。

しかし千代は一平と話しこんだため帰りが遅くなり、贔屓(ひいき)の客を怒らせてしまう。お茶子失格となり岡安を翌朝出て行くことに。この時、岡安の誰もが千代の父テルヲ(トータス松本)が夜逃げしてしまい、千代には帰る家が無いことを知らなかった。

道頓堀以外、どこにも行く宛の無い千代。ようやく居場所を突き止めたのは、シズの母親のハナ(宮田圭子)だった。

岡安に戻った千代は、シズ(篠原涼子)たちに自分の境遇を話し、ここに置いてほしいと頼む。そこへ、巡査がやってきて尋ねた。捜索願いが出ていた女の子は間違いないか?シズは「間違いのう、うちのおちょやんだす」と言われた。千代はシズに「おちょやん」とようやく認められた。

当記事アイキャッチ画像の出典:Amazon

コメント