【魔法のリノベ】7話のネタバレと感想!小梅(波瑠)と竜之介(吉野北人)はキスしたの?

魔法のリノベ

【魔法のリノベ(まほリノ)】7話のネタバレ・感想・視聴率!小梅()と竜之介(吉野北人)はキスしたの?

【魔法のリノベ(まほリノ)】7話が8月29日に放送されました。

小梅()の実家がリノベで大問題!?

竜之介(吉野北人)が小梅に急接近!

花火をする小梅と竜之介に大注目!

相島一之、、田中真琴、登場回。

フジテレビ・カンテレ【魔法のリノベ(まほリノ)】7話のネタバレ・感想・視聴率を紹介します。

見逃し配信:『魔法のリノベ』の1話から最新話まで全エピソードは、U-NEXTで!(2022年8月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

【魔法のリノベ】7話のネタバレ

【魔法のリノベ】7話のネタバレを紹介します。

小梅が実家に帰る

竜之介(吉野北人)はおでん屋の屋台で大騒ぎ。
酔って玄之介()に「玄兄には負けない」と言い出す。

**

BARにて。

有川(原田泰三)と三津井(山下航平)がいる。
原田は三津井に「教え込んでる」というとママ()は「犬みたい」とチクリ。

有川は蔵之介()に裏切られたという。

そして、有川は「僕の切り札みる?」と三津井にスマホを見せる。

**

真行寺家。

小梅()の父=鳥雄(相島一之)と母=喜代子()。
小梅の弟=青空()と妻の樹(田中真琴)。

4人で食卓を囲み、同居しようと、鳥雄が言い出す。

**

小梅は青空の結婚式で実家に帰るとまるふく工務店のメンバーに伝える。

蔵之介は、小さい会社だと心配だから「話、もっといて」と。
玄之介は「ゆっくりしてきて」と優しく声を掛ける。

小梅の実家が二世帯住宅に!

青空の結婚式。

小梅は3年振りの帰省だ。

鳥雄は、小梅の結婚が気になっている。独身の男がいるなら連れてこい、と言う。玄之介を連れてきたことを想像する小梅。

真行寺家では2世帯住宅を建てかえるという。
鳥雄の意見ばかりなので、喜代子の意見も聞くも「何もない」という。喜代子はリビングに布団を敷いて寝ていると知り小梅は納得できない。

小梅は、母の居場所を心配する。鳥雄に言わせると、台所は喜代子の居場所。しかし、喜代子は、台所は職場、居場所じゃないと反論。小梅は庭を潰して喜代子の場所を作ろうと提案。

不安になる小梅は、建て替えに立ち会うことにする。そこで、玄之介に休みをとると連絡する。仕事は玄之介に頼む。

密かに玄之介から「早く帰ってきて」と言う言葉を待っていたが「ゆっくりしてきて」と言われ、ガッカリ。

**

打ち合わせ。

真行寺家を担当する「すまいるホーム」の磯辺()がやってきた。

祖父が46年前に耐えた家の建て替えだ。
3階建てで1階が の部屋と洗濯場。 とキッチンが2階。
寝室は父のいびきがうるさいということで別々。家事をするのにとても不便な間取りだ。
「お茶」という父に2階から1階に行くのかと、そこで、1階にもミニキッチンを作るというのだが、その掃除は誰がするかと問題は山積み。

小梅は磯辺と名刺交換。

プランは喜代子の配慮に欠けているのでそこを改善して欲しいと頼む。

竜之介が小梅の実家のお泊まり

小梅が街を歩いてると竜之介(吉野北人)が肩を叩く。

休暇をとってやって来たと言う。

竜之介は小梅の家にあがりこみ、両親と和気あいあい。
ビールを飲み鳥雄は上機嫌。

竜之介は、小梅はまるふく工務店のエースだと言い、かなり盛って話す。

鳥雄も喜代子も竜之介をに気に入る。竜之介は小梅の家に泊まることに。

**

お風呂上り、上半身裸の竜之介に「服を着て」と小梅。

竜之介は玄之介と喧嘩をしたという。「ここにいることは内緒で」と。
竜之介は、明後日の花火大会までいたいと思っている。

**

小梅の夢(RPG画像)

小梅と玄之介は、遠い世界では離れ離れになっているのだろう、と語っている。

ところが「この試練を乗り越えよう」と手を差し出すのは、竜之介。

**

まるふく工務店では竜之介がいないことで大騒ぎ。
お前が喧嘩したからだ、と蔵之介に責められる玄之介。

有川の計画

グローバルステラDホームにて。

有川は久保寺()に「里山メガロポリス」についてを話す。
かつて開発企画部が計画していた案件だ。それには有川も関わっていた。

これが復活する。

タイトルは『里山サステナブルポリス』

「君たちに集まってもらったのはこのためだ。動いてもらう」
とすごむ有川は、円卓を囲むメンバーに拍手を求める。

**

打ち合わせ。

竜之介も同席。

青空は気に入るが樹は「3階がしんどい」と言う。
敷地があるなら2階でいい、とも。

この間取りは家族が孤立する、と小梅は気になっていたことをズバリと言う。

樹は小梅の意見に賛成する。

しかし、鳥雄は「余計なことを言うな、俺は家事はやらない」とまで言い出し言い争いに。

磯辺が話を止める。なんと3階を希望したのは喜代子だった。

いずれ3階は人に貸すつもりだという。鳥雄が亡くなった時のことを考えていた。鳥雄は変わらないしそれでいいと諦めていた。そして『誰が欠けても困らないための家』だというのだ。

**

有川は久保寺にプロジェクトの予定地で土地を手放さない人間がいるので「お近づきになって」と強要。

**

小梅は玄之介に電話をする。

今回の実家の件で自分がしてきたことに不安を覚えたのだ。

玄之介は、ミコト(SUMIRE)が来ている、と言う。
小梅は、ミコトと玄之介と進之介(岩川晴)が仲良くしていることを想像しモヤモヤ。

竜之介の設計

竜之介は、鳥雄から小梅とプランを考えて欲しいと頼まれる。

鳥雄は自分がいないと困る家にしてほしいと言って頭を下げた。

竜之介と小梅は、プランを考える。

小梅の部屋には鳥雄が日曜大工で作った本棚がある。竜之介はそこにも目をつける。

**

小梅に久保寺から「竜之介が行ってないか」と電話があるが「来てない」と言って切る。

**

家族が集まる。

竜之介の設計が出来上がる。建て替えではなくリノベだ。

テーマは「家族が繋がる二世帯」

玄関は広くなり、部屋は好きに分けられたり繋げたりできる。

庭はモダン風に。小梅の部屋もあり、本棚も残してある。

「家族が一緒にいる時間を大切にしてほしい」という竜之介の気持ちがこもったプランだ。

家族でイメージをする。それは「家族みんながいないと困る家」

**

鳥雄は竜之介にお礼を言う。

こうして、丸く収まる。

ここに、蔵之介と進之介と小出()越後()がやってきた。
玄之介に連絡を入れる。

進之介が「父ちゃん寂しがってたよ」と小梅に伝える。

この日は、まるふく工務店メンバーが真行寺家で夕飯。

**

鳥雄と小梅。

鳥雄は、いい会社に入って安心したと言う。そして「思う通りにやりなさい。辛くなったら帰ってこい」としみじみ。

鳥雄の言葉に小梅は感謝をする。

竜之介の告白!?

竜之介が「花火大会に行けなかったけど」と浴衣と線香花火を用意。

二人で浴衣を着て、線香花火をする。

「小梅さん、僕、玄兄に遠慮しないから」

竜之介が小梅にキスをしそうに…。

<続く>

【魔法のリノベ】7話の感想

【魔法のリノベ】7話の感想を紹介します。

拍手喝采の回!

玄之介と竜之介の恋を応援!

竜之介にキュンキュン

エンディングが最高!

さんが素敵!

【魔法のリノベ】7話の視聴率

【魔法のリノベ】7話の視聴率は、6.2%でした。(ビデオリサーチ調べ・関東地区)

【魔法のリノベ】7話のまとめ

【魔法のリノベ】7話は、小梅の家族が登場する貴重な物語。二世帯住宅への問題も解決し一安心の真行寺家ですが、小梅の恋の行方は波乱が含んでいるような…。竜之介は小梅にアプローチ。独身同士だし、竜之介と小梅の恋は、誰もが納得できる恋です。でも、小梅は玄之介のことが好き。バツ2の子持ちでは反対される恋でしょう。そんな中、進之介がパパの気持ちを伝える。「寂しい」と思う気持ちは、相手にいて欲しいという気持ちの現れ。玄之介も小梅を好きなのでしょう。でも、過去のトラウマがある。リスクの高い恋に、ふたりは踏み込めないのではないでしょうか。

竜之介が小梅にキスをしそうになって終わった7話。あの先がとっても気になります!

またしても兄弟で女を取り合うというラブストーリー!?この先の展開が楽しみです。

次回予告

・まるふく工務店にトラブル発生!

・玄之介と竜之介「玄竜コンビ」がリノベにチャレンジ!

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【魔法のリノベ】公式サイト

コメント