【純愛ディソナンス】7話の視聴率とあらすじ!正樹(中島裕翔)が本心のままに動く

木曜劇場【純愛ディソナンス】7話が8/25(木)に放送されました。

規律正しい家庭環境で育ち心に闇を抱えた教師と、複雑な家庭環境で育ち大人びた女子高生の一線を越えてはいけない関係を描く、新時代の純愛×ドロドロストーリー。

「純愛」とは?

窮地に立たされた正樹()は、地獄からどう脱出するのか?

今回は、【純愛ディソナンス】7話の視聴率とあらすじ、感想についてご紹介。

【純愛ディソナンス】のキャストと相関図!中島裕翔が吉川愛と禁断の関係に!
【純愛ディソナンス】のキャストと相関図!主演・中島裕翔演じる新任音楽教師が女子高生と禁断の恋に落ちる!? 2022年7月から木曜劇場『純愛ディソナンス』がスタート。 木曜劇場への出演は初めてにして、フジテレビ系ドラマの主演は約6...

【純愛ディソナンス】7話の視聴率

純愛ディソナンス 7話

【純愛ディソナンス】7話の視聴率は3.6%。

【純愛ディソナンス】7話のあらすじ

コラボ企画の準備を急速に進めてきた正樹()と路加()だったが、路加は記者会見当日に突然、別の不動産会社と組むことを発表し、正樹とモノリスエステート社を陥れた。モノリスエステートの社長であり、正樹の義父である碓井賢治()は路加の裏切りに激怒し、正樹に路加を潰すよう命じる。
さらに、正樹)は、路加の企みを事前に知りながらも、自分にそれを伝えなかった妻・愛菜美()への不信感を募らせる。

コアスパーク社を訪れた正樹は、路加と対峙する。路加は、モノリスエステート社の下請け会社に勤めていた頃、賢治から受けた仕打ちを忘れておらず、復讐の機会を狙っていたことを認める。愛菜美に近づいたのも、そのためだという。そこで、「俺につかないか」と正樹に持ちかける路加。モノリスエステートのあくどいやり口の数々を調べていた路加は、裏付けとなる証拠が欲しい、と正樹に告げる。

一方、慎太郎()は、冴()がゴミ箱に捨てた小説を見つけ、冴に内緒で、新人小説コンクールに出す。

そんな折、コアスパーク社でアルバイトをしている冴が正樹の昔の教え子であることを知った北都()は、冴を使って路加の会社の内情を調べさせようと賢治に提案する。それを阻止しようと画策する正樹だが……。

出典:純愛ディソナンス 公式HPより

2週間の猶予

正樹は賢治から承諾を受けた。

冴は慎太郎との関係を真剣に考えていくことにし、正樹の電話には出ない。

愛菜美は北都とwin-winの関係になろうと計画していた。

そして、正樹は慎太郎のバイト先を訪ね冴の様子を聞くも、2人が付き合うことになったことを聞き去る。

ついに亀裂が入った夫婦

正樹は自宅で冴の小説を見つける。

愛菜美は審査員に選ばれていた。

そして、碓井の家を出ようと提案。

しかし、正樹は路加と繋がっていたこと、自分をコントロールしようとしていたことを指摘。

何でそうやって勝手に思い込むんだよ

耐えられないのは心よ。まともにやり合ったって、あなた全然こっち向いてくれないじゃない。あなただけのために生きてるのに

俺を愛してる自分が好きなだけなんだよ

出て行く正樹。

最終選考で落ちた冴。

誰も傷付けない恋愛ってあるのかな

冴は部屋で母親のカバンから大金を見つける。

話にならない母親。

正樹は愛菜美に会いに行き、話をする。

俺たち、もう一緒にいないほうがいい

離婚を切り出す。

私は、絶対に判を押さないから

愛菜美は荒れ、締め切りにも遅れていた。

バーに向かう路加。

その頃、冴と慎太郎は寝れぬ夜を過ごしていた。

冴を抱きしめる慎太郎。

やっぱきついわ。まだ冴の中にいるよな、あいつ。どんだけ片思いしてると思ってんだ。ずっと待ってっから。

その頃、愛菜美は路加に連れられ帰宅。

そして、賢治の話を話し始める。

愛されない女の惨めな話。

ねぇ、愛されるってどうすればいいの?

情報屋に頼んでいた件について、正樹に連絡が入る。

正樹の決断

路加の元に行く正樹。

妻と子供の情報を手に入れていた。

どのみち、恨まれる人生に変わりはないんで

路加の手を封じた正樹。

これで終わりにしてください。愛菜美と離婚させてください

冴の小説を読む正樹。

小坂()の月命日の墓参りで再会する2人。

これまでの話で盛り上がる。

好きだったよ、先生。でも先生との間にはいつも高い壁がある。決して結ばれない。でももういい加減、現実を受け入れないとだよね。もう、終わりにするね

もし、その壁を乗り越えようって言ったら?一緒に、来る?全てを失うし絶対誰かを傷付ける。でももう、嘘を吐かなくていい

正樹は冴の頬に触れ、キスをする。

嘘は美しい。けれど、真実には敵わない。嘘は真実を際立たせてしまうから。だけど、一度ついてしまった嘘には代償が付きまとう

何者かに襲われ、倒れる愛菜美の姿が…。

【純愛ディソナンス】7話の感想

逆転の中島裕翔

ここにきて、自身の気持ちをハッキリさせようとしてきた正樹。

またいろいろな人を傷つけることにはなりそうですが、自分の気持ちに正直になって行動できるようになってきました…。

第8話予告!

愛菜美ら碓井家との関係を切り、冴との関係を再び築いていきたい正樹。

冴も慎太郎とのキスは反射的にこわばっていたものの、正樹とはすんなり。

まぁ、このまま純愛まっしぐらとは、もちろんならないと思いますが、2人が幸せな道へ進んでいってくれることを願います。

しかし、冴の母親もどういった経緯で近づいてきているのか、謎のままですね…。

まだまだ大波乱がありそうな展開で、これからの展開も更に気になります。

 

次回の第8話は、9/1(木)22時~の放送となりますので、お見逃しなく!

【純愛ディソナンス】のネタバレとあらすじを最終回まで!越えてはいけない関係性の2人の結末は?
ドラマ『純愛ディソナンス』のあらすじ・ネタバレを最終回までまとめます。 主演は中島裕翔さん。 教師と生徒、一線を越えてはいけない関係を描く、新時代の純愛×ドロドロストーリー。 禁断の関係が周囲の人をも巻...

画像出典:純愛ディソナンス 公式HP

コメント