スポンサーリンク

【ライオンのおやつ】2話のあらすじと感想|誰の人生にも、輝きがあった。

ライオンのおやつ-02
https://www.nhk.jp/p/ts/2GVXYR2MN8/

【ライオンのおやつ】2話のあらすじと感想

土村芳さん主演ドラマ【ライオンのおやつ】第2話「小川糸さん原作。誰の人生にも、輝きがあった。」のあらすじ、感想を紹介します!

美しい島のホスピスでの人々の絆を描く感動の物語。「ライオンの家」に入居した雫()のまわりに優しい時間が流れ、雫は入居者仲間との「最後のデート」に出かけて…

【ライオンのおやつ】の動画(NHKオンデマンド)は、U-NEXTがオススメ!


ADVERTISEMENT

【ライオンのおやつ】2話のあらすじ

【ライオンのおやつ】2話のあらすじを、ネタバレありで紹介します。

雫(土村芳)の「ライオンの家」での日々が続いていた。マドンナ()や入居者たちとのふれあい。島の自然。そしてタヒチ()への淡い思い…。雫は、もう少し生きていられたらという思いをもつ自分に気づいていた。入居者のタケオ(綾田俊樹)はそんな雫を気遣い、「最後のデート」に誘う。雫の叔父・弘人()は連絡の取れない雫を心配していた。

粥有十利

朝。雫が起きると、体調が良くなかった。

食堂へ行くと、シマと舞が「辛かったら遠慮せずに言ってね。」と雫を気遣う。

雫は「昨日は調子が良かったのに、今朝になったら急に」という。

今朝のお粥は、アスパラ粥。

タケオ(綾田俊樹)は、「腸に春滴るや粥の味」という。

お粥を食べると10のよきことがある。

これを「粥有十利」(しゅうゆうじり)と呼ぶらしい。

これを聞いて雫は少し元気になった。

当たり前にしていた贅沢

雫は「ライオンの家」に来る前は事務職をしていた。

同僚との飲み会を断り、ヨガを行っていたことを思い出す。

雫はヨガの「屍(しかばね)のポーズ」をタヒチとする。

当たり前にしてたことって贅沢なことだったんですね

雫は友人と飲食店で談笑していた日々や、かわいい食器にときめていた日常を思い出した。

「すごいな、地球って」とタヒチは言った。

おやつの時間が来た。

粟鳥洲友彦()は、「やるな あんた。男と一緒に帰ってきたろ。 来てすぐ恋人作るなんて!」と雫を茶化した。

おやつは「芋ようかん」で、シスター(梅沢昌代)のリクエストだった。(リクエスト理由は明らかにならず)

マドンナ:「牛より乳を出し、乳より酪を出し、酪より生蘇を出し、生蘇より熟酥を出し、熟酥より醍醐を出す。醍醐は最上なり

酪は今のヨーグルト。生蘇は生クリームで熟酥はバター。醍醐は乳より出来る最上級のおいしいもので、醍醐味の語源だと言う。

難しい説明だが、雫はとにかく「蘇」がすばらしいおやつだと分かった。

雫は、マドンナからタケオのことを教えてもらう。ここで一番長く在籍しているという。

ラムレーズン味も買えばよかったな

夜。雫は、テラス(?)でアイスを食べていた。

そこへタケオが来たので、「こんばんは」と声をかけてみたが、あまり愛想がよくない。

タケオは酒が好きらしく、雫に勧めた。雫は、断った。

酒をのんでむせるタケオは、「健康なんてクソ喰らえだい!」と笑う。

雫も「これ、ラムレーズン味もあったんです。本当はそっちも食べたかったけれど、2個はダメなような気がして…買えば よかったな」と、後悔をくちにする。

タケオはもう一度お酒を勧めた。「飲むか?」「はい」「強いぞ」

雫(土村芳)とタケオの夜

タケオはもうここに来て2年。タケオは「余命半年」で、夏までもたないだろうって言われていたのに2回目の夏を迎えていた。

雫はそういうこともあるのか、と驚く。

タケオは「生きてたって しょうがないのになあ。 家族も み~んな逝っちまったし…」と語る。

タケオはかつて台湾に住んでいて、家族は皆亡くなってしまったという。

雫は、自分の家族は東京にいるが、何も伝えてこなかったこと、連絡が来ても罪悪感があって返信したくないことを明かした。

「ちょっと誰かに聞いて欲しかったんです」という雫に、タケオは「それなら私にもできる。耳はまだかろうじて動いているからね」と答える。

雫はタヒチ(竜星涼)のことも打ち明けた。

高いブランドのいいワンピースを買ったのに、一度も着なかったことを後悔し、どうせならタヒチとのデートに来て行けばよかった、と嘆く。

タケオは「なあ。俺とデートしないか?キュンとはしないだろうけどな」と雫を誘った。

最後のデート

雫は赤いワンピースを、そしてタケオも一張羅でおしゃれして、ふたりは「裏見が滝」へ出かけた。

その裏側をくぐると寿命が伸びるという。

タケオは雫だけ行かせて、自分は待っていた。

ひとりになったタケオは痛みを感じていました。

戻ってきた雫に、タケオは「帰ろう、雫さん。今日はありがとな。これで天国へ行っても自慢ができる。人生最後にこんな美人とデートしたんだぞってな」

雫は「8万円のワンピースを着てる女と、って付け加えておいてください。」と冗談を言った。

タケオのおやつ

タケオは危篤な状態になる。しかし雫がベッド上のタケオに声をかけると…

タケオ:「よかった…。 やっと…家族に 会える…。 待ちに待ったお迎えだ…」

タケオはあの世へ行くのを待ち望んでいた。

その後、タケオがずっとリクエストしていた おやつが配られた。

それは「豆花」(トウファ)という豆乳を使ったデザート。

タケオは、台湾で家族と裕福に暮らしていたが、戦争に負けて引き揚げ前、黄さんという台湾の方がやって来て「豆花」を作ってくれた…家族が笑顔になった思い出のおやつだ。

日本に戻ったあと、親戚の家を転々とし両親は農業を始めたが、数年後に相次いで亡くなった。兄弟も巣立っていったが、今はタケオひとりになった。

マドンナが読む手紙のしめは、「また あの台湾のおやつが食べたい。早く みんなに会いたい」とつづられていた。

雫は豆花を手にして、タケオの部屋へ。

すると、タケオはちょうど旅立ったところだった。

マドンナは「本当によく頑張りました」と声をかけた。

その後、別れの準備ができたので、雫も花を棺に入れた。

その時、「タケオさん 冷たかったね。」と、子供の入居者が言った。

私、あったかいですか?

坂口家にて。

雫の育ての父・弘人(石丸幹二)は雫から返信がないことで心配していた。

早苗()は、雫のウィッグに気づいていて、「何かおかしい」と感じていた。

「鶏鍋もほとんど食べてなかったし、本当にただ寄っただけなのかな」と早苗は言った。

一方、島では…。

雫が外へ行ったものの、タヒチを見て引き返してきた。

「ライオンの家」に戻ると、マドンナが「おかえりなさい」と優しく迎えた。

雫は手が震えていて、「冷たかった…」とつぶやく。

マドンナが雫を抱きしめると…

雫はすすり泣きで、

私、あったかいですか?あったかいですよね?まだ生きてますよね?」と確認する。

「生きてます」とマドンナ。

「あんなふうになりたくない。いやだ、怖いよ」と雫は吐露した。

(つづく)

【ライオンのおやつ】2話の感想とまとめ

2話は、雫が死を怖がるラストシーンが涙を誘います。まだ29ですよね。

死を悟っていたタケオが怖くなかったとは言いませんが、ちょっと雫の感覚とは違うと思います。

また、思い出のおやつをリクエストする意味は、人生に後悔しないようになのかも、とラムレーズンを食べ損ねたことを悔やむ雫をみてて思いました。

どんな人生にも輝きがあった…が2話のサブタイトルですが、

どんなときが楽しかっただろう?

自分なら何をリクエストするだろうか、と考えさせられますね。

1話<< >>3話


<【ライオンのおやつ】関連記事>

画像出典:NHK

コメント

タイトルとURLをコピーしました