【競争の番人】のキャスト・登場人物・相関図!杏が最後のドラマ出演?

競争の番人 キャスト

【競争の番人】のキャスト・登場人物・相関図!が最後のドラマ出演?

2022年フジテレビの月9ドラマは知られざる公正取引委員会を舞台にした【競争の番人】。

さん、さんのW主演となります。真反対の2人がバディを組み、「競争の自由」を守るドラマです。

更にさんにとって最後のドラマ出演、という噂が!一体、どういうこと?

今回の記事では【競争の番人】のキャスト・登場人物・相関図をお届け。

【競争の番人】配信情報

【競争の番人】は放送後からFODプレミアムで配信予定。

さらにFODプレミアムでは過去も名作ドラマが多数配信中。

【競争の番人】
ジャンル連続ドラマ
原作新川帆立『競争の番人』(講談社)
脚本丑尾健太郎、神田優、穴吹一朗、蓼内健太
演出相沢秀幸、森脇智延
プロデュース野田悠介
キャストほか
音楽やまだ豊
主題歌idom「GLOW」
制作著作フジテレビ
放送情報
放送局
フジテレビ
放送開始日2022年7月11日
放送終了日2022年9月19日
放送枠月曜9時(月9)
放送回数全11話
配信サイトFODプレミアム
公式サイト公式Twitter、公式Instagram

【競争の番人】のキャスト・登場人物一覧

主要キャスト

  • ……役:白熊楓(刑事→正取引委員会・第六審査の審査官)
  • ……役:小勝負勉(東大法学部を首席→正取引委員会・第六審査の審査官)

正取引委員会・第六審査(ダイロク)

  • ……役:桃園千代子(第六審査の主査、楓の上司)
  • ……風見慎一役:(第六審査のキャップ、現場リーダー)
  • ……六角洸介役:(第六審査の審査官)
  • ……本庄聡子役(役:第六審査の審長)

役人、権力者

【競争の番人】のキャスト 2人の主人公

キャスト:杏(役:白熊楓)

競争の番人 杏

登場人物:白熊楓(しろくま かえで)

正取引委員会・第六審査(ダイロク)の審査官の女性。

父に憧れて刑事になったが、失敗の責任を取る形でダイロクに異動となる。

勝ち気で男勝りな性格。理屈よりも先に行動するタイプ

正取引委員会の仕事は刑事に戻るための足がかりと考え、格下扱いに不満を抱くが、徐々にたとえ弱くても戦う」の精神を身に着けていく

だが、当事者に一方的に肩入れしてしまうのが玉にきず。

キャスト:

(あん)。1986年4月14日生まれ、36歳。東京都出身、トップコート所属。

本名および旧芸名は渡辺(わたなべ あん)。父は俳優の渡辺謙。兄は俳優の渡辺大。2015年に俳優のと結婚し、3人の子供を設けるが2020年に離婚。

『non-no』専属モデルとして活動。2007年に女優デビューし、映画やCMなどで活動の場を広げていく。

  • 【花咲舞が黙ってない】主演・花咲舞 役(2014年・日本テレビ)
  • 【偽装不倫】主演・濱鐘子 役(2019年・日本テレビ)
  • 【日本沈没-希望のひと-】椎名実梨 役(2021年・TBS)

などに出演。

月9には2015年冬【デート~恋とはどんなものかしら~】以来、7年ぶりの出演となる。

キャスト:坂口健太郎(役:小勝負勉)

競争の番人 坂口健太郎

登場人物:小勝負勉(こしょうぶ つとむ)

ダイロクの審査官の男性。楓の教育係に任命され、バディを組むことになる。

楓とは対照的に常に冷静で理屈っぽい性格。弱者に対して厳しい態度を取ることも多い。

20歳で司法試験に合格。東大法学部を首席で卒業とエリートコースを進んでいたが、何故か格下の正取引委員会を自ら志願した。

それには彼の過去が関係しているようだが?

弱くても、戦わなきゃいけない」と仕事に使命感を持っているが、どこか狂気じみた面もある

キャスト:

(さかぐち けんたろう)。1991年7月11日生まれ、30歳。東京都出身、トライストーン・エンタテイメント所属。

第25回『MEN'S NON-NO モデルオーディション』に合格しモデルデビュー。2014年に俳優デビュー。

  • 【シグナル 長期未解決事件捜査班】- 主演・三枝健人 役(2018年・フジテレビ)
  • 【イノセンス 冤罪弁護士】主演・黒川拓 役(2019年・日本テレビ)
  • 【婚姻届に判を捺しただけですが】百瀬柊 役(2021年・TBS)

などに出演。

月9では初主演となる。

【競争の番人】のキャスト 正取引委員会・第六審査(ダイロク)のメンバー

キャスト:小池栄子(役:桃園千代子)

競争の番人 小池栄子

登場人物:桃園千代子

公正取引委員会・第六審査の主査。楓の上司。

明るく、人心掌握術にも長けるダイロクのリーダー。特に中年男性にウケが良く、情報収集はお手のもの。

キャスト:

(こいけ えいこ)。1980年11月20日生まれ、41歳。東京都出身、イープロダクション所属。

夫はプロレスラーの坂田亘。

グラビアモデルとして芸能界デビュー。多くのバライティ番組で活躍。

その後は女優に転身し、

  • 【わたし旦那をシェアしてた】森下晴美 役(2019年7月日本テレビ)
  • 【姉ちゃんの恋人】市原日南子 役(2020年関西テレビ・フジテレビ)
  • 大河ドラマ【鎌倉殿の13人】北条政子 役(2022年NHK)

などに出演。

キャスト:大倉孝二(役:風見慎一)

競争の番人 大倉孝二

登場人物:風見慎一

公正取引委員会・第六審査のキャップ。ダイロクのNo2

現場リーダーだが、楓や小勝負に振り回されることが多い。

また、上官や官公庁に対しては腰が低く、弱小官庁と卑下している。

キャスト:

(おおくら こうじ)。1974年7月18日生まれ、47歳。東京都出身、CUBE所属。

舞台芸術学院卒業後、「劇団ナイロン100℃」のオーディションに合格。

  • 【俺のスカート、どこ行った?】- 庄司雅敏 役(2019年日本テレビ)
  • 【MIU404 】毛利忠治 役(2020年TBS)
  • 大河ドラマ【青天を衝け】大隈重信 役(2021年NHK)

などに出演。

キャスト:加藤清史郎(役:六角洸介)

競争の番人 加藤清史郎

登場人物:六角洸介

正取引委員会・第六審査の審査官。家柄の良いお坊ちゃま

明るく、ダイロクのムードメーカー

その一方、内面にはコンプレックスを抱えている。

キャスト:

(かとう せいしろう)。2001年8月4日生まれ、20歳。神奈川県出身、音研所属。

1歳1か月の時に「劇団ひまわり」でデビュー。2009年トヨタ自動車のCMに「こども店長」として出演し、注目される。

  • 大河ドラマ【天地人】- 樋口与六(直江兼続の幼少期) 役(2009年NHK)
  • 大河ドラマ【麒麟がくる】誠仁親王 役(2020年NHK)
  • 【ドラゴン桜 第2シリーズ】天野晃一郎 役(2021年TBS)

などに出演。

キャスト:寺島しのぶ(役:本庄聡子)

競争の番人 寺島しのぶ

登場人物:本庄聡子

正取引委員会・第六審査の査長。トップとして他のメンバーに的確な指示を出す。

普段は物腰穏やかで上品だが、その胸のうちには熱い正義感を持っている。

公取委の可能性を広げる為に新たにダイロクを立ち上げた。

そして、ダイロクでは小勝負の過去を唯一知っている人物

キャスト:

(てらしま しのぶ)。1972年12月28日生まれ、49歳。東京都出身、アプティパ所属。

父親は七代目尾上菊五郎、息子は俳優の寺嶋眞秀。

演劇一家に生まれ、1992年青山学院大学在籍中に文学座に入団。舞台ではなく、テレビや映画を中心に活動する。

  • 連続テレビ小説【あさが来た】- 今井梨江 役(2015年NHK)
  • 【時効警察はじめました】枕木葵 役(2019年テレビ朝日)
  • 【女系家族】主演・矢島藤代 役(2021年テレビ朝日)

などに出演。

月9への出演は【競争の番人】が初となる。

【競争の番人】のキャスト その他の主要人物

キャスト:小日向文世(役:藤堂清正)

競争の番人 小日向文世

登場人物:藤堂清正

国土交通省の事務次官。将来の総理大臣候補と言われている大物。

一方、建設会社と黒い繋がりがあると噂されておる。

小勝負の過去にも深く関わっており、彼とダイロクの最大の敵といえる人物

キャスト:

(こひなた ふみよ)。1954年1月23日生まれ、68歳。北海道三笠市出身、ファザーズコーポレーション所属。

専門学校卒業後、文学座で人気だった中村雅俊の付き人を務める。1977年、「オンシアター自由劇場」に入団する。

劇団解散後は映画・テレビドラマに進出。フジテレビ月9ドラマ【HERO】でメインキャストで起用され、注目を集める。

  • 【コンフィデンスマンJP】(2018年フジテレビ) リチャード 役
  • 日曜劇場【危険なビーナス】(2020年)兼岩憲三 役
  • 【ミステリと言う勿れ 】(2022年フジテレビ)牛田悟郎 役

などに出演。

キャスト:黒羽麻璃央(役:大森徹也)

競争の番人 黒羽麻璃央

登場人物:大森徹也

白熊楓の彼氏で現職の刑事。楓が刑事だった頃は共に捜査をすることも多かった。

ダイロクで成果を出そうと意気込んでいる楓を気にかけていると共に結婚を真剣に考えている。

だが、仕事にめり込む楓とすれ違う日々が続いてしまう。

キャスト:黒羽麻璃央

黒羽麻璃央(くろば まりお)。1993年7月6日生まれ、28歳。宮城県仙台市出身、TRUSTAR所属。

妻は女優の

2010年に「第23回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」にて準グランプリ及び、AGF賞を受賞。

  • ミュージカル「テニスの王子様 2ndシーズン」菊丸英二 役
  • 「恋はつづくよどこまでも」(2020年TBS)猫田スグル 役
  • 「SUITS/スーツ2」(2020年フジテレビ)小笠原誠也 役

等に出演。

キャスト:大西礼芳(役:緑川瑛子)

競争の番人 大西礼芳

登場人物:緑川瑛子

検察官の女性。公正取引委員会に出向してきており、ダイロクの頼れる協力者

小勝負とは大学時代の同期。エリートだった彼がダイロクにいるのを疑問に思っている。

キャスト:

(おおにし あやか)。1990年6月29日生まれ、31歳。三重県度会郡度会町出身、トライストーン・エンタテイメント所属。

2009年、京都造形芸術大学映画学科俳優コースのプロジェクトで製作された映画「MADE IN JAPAN 〜こらッ!〜」でヒロインに抜擢される。

  • 連続テレビ小説「半分、青い。」 小川友美 役
  • 「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜」(2021年日本テレビ)松島 役
  • 「古見さんは、コミュ症です。」(2021年NHK総合) 潔清子 役

等に出演。

キャスト:石川萌香(役:紺野守里)

競争の番人 石川萌香

登場人物:紺野守里

デジタル解析チーム・DFTの職員

ダイロクが集めたデータを解析したり、企業が不正に破損したデータを復元するのが主な仕事。

キャスト:石川萌香

石川萌香(いしかわ もか)。2001年3月22日生まれ、21歳。滋賀県出身、イープロダクション所属。

  • 「神様のカルテ」(2021年テレビ東京)若い頃の千代役
  • 「金田一少年の事件簿」(2022年日本テレビ)絵門いずみ役

等に出演。

【競争の番人】のキャスト 各話ゲスト

第1話、第2話、第3話

(役:天沢雲海)

競争の番人 山本耕史1

ホテルや飲食店、レジャー施設などを運営している実業家。地域で一番の権力者と言われている。

経営する『ホテル天沢』でウエディング費用の価格カルテル及び、下請けの花屋に対して不当な扱いを行っている疑いが持たれている。

普段は紳士的だが、怒ると口調が荒くなり、後者が本性の様子。

ちなみに登場する度によくタピオカドリンクを飲んでいる。

武田航平(役:石田正樹)

老舗花屋『フラワーショップ石田』の経営者。『ホテル天沢』に花を卸している。

野村麻純(役:石田七瀬)

正樹の妻。雲海の下請けいじめにあっているが、経営は苦しく、従うしかない状況が続いている。

赤ペン瀧川(役:碓井健司)

『ホテル天沢』のブライダル部門長。

雲海の腰巾着であるが、内心では彼に怯えている。

濱津隆之(役:長澤俊哉)

『ホテル天沢』のホテル長。長く務めているベテラン。

勝矢(役:安藤正夫)

『クラシカルホテル』社長。天沢と共に価格カルテルに関わっている、と考えられている。

何者かに襲撃され、意識不明の重体に陥ってしまう。

春海四方(役:政岡一郎)

『温泉郷 絆』の社長。同じく価格カルテル疑惑が掛かる。

長谷川朝晴(役:豊島浩平)

大手建設会社である入賀建設・土木営業本部の社員。

入札談合の疑いが掛かっており、楓は聴取を行うことになる。

娘・美月に心配かけまいと自分が置かれている状況は隠そうとする。

服部樹咲(役:豊島美月)

浩平の娘、高校生。

様子がおかしい父親のことを心配しているが、深く追求できないでいる。

岩岡徹(役:青柳歩夢)

第2話より登場。

新規の花屋「ブーケドゥッフェ」のオーナー。脱サラして夢だった花屋をオープンする。

(役:長澤由香里)

第2話より登場。

「ホテル天沢」のホテル長・長澤俊哉の娘。

第4話、第5話

岡田義徳(役:柴野竜平)

世界的電機メーカー『アレス電機』の商品開発本部長。下請け企業に対して越的地位の濫用の疑いがもたれている。

白熊が取り逃がした強盗殺人の容疑者もある。

(役:丸川俊春)

下請けいじめを受けている可能性がある取引先『丸川金属工業』の社長。

だが、完全に否定する。

坂田聡(役:一木晃)

部品製造会社「一木製作所」の社長。柴野の下請けいじめの被害にあっている。

商品価格を一方的に減額、支払いの延期をさせられた。

六角慎司(役:仁科卓也)

「仁科技工」の社長。他のメーカーとの取引をさせて貰えていない。

正木佐和(役:三谷静江)

「ミツタニ電子製作所」の社長。試作品を購入拒否された。

(役:駒場直樹

検事。柴野に対して取り調べ行為を行った白熊を厳重注意する。

羽場裕一(役:六角敦夫)

ダイロクのメンバー・六角洸介の父親。検察庁幹部。

阿部翔平(役:北村)

第5話より登場。『アレス電気』の社員で柴野の部下。

第6話

真飛聖(役:赤羽千尋)

大手呉服店チェーン『赤羽屋』の社長。新規事業社参入の妨害など私的独占が疑われている。

桃園の古い知り合いで因縁がある。

萩原みのり(役:井手香澄)

若者向け呉服店『ファイブシーズン』の社長。

元赤羽の部下で彼女の厳しさに耐えきれず独立。公取に情報を提供した。

篠原悠伸(役:栗田保)

経営コンサルタント。荻原に独立を勧めた。

佐伯新(役:酒井)

着物職人の男。千尋に引き抜かれ、香澄との取引を打ち切る。

針原滋(役:草野清)

反物問屋「草野屋」の主人。千尋から賄賂を受け取っている、と見られているが。

村松恭子(役:和倉)

廃業した呉服店「和倉屋」の店主。千尋の圧力のせい、と考えられているが。

歌川椎子、奥田由香、石川ともみ(役:『赤羽屋』の従業員)

千尋からしごかれている。「千尋は香澄に期待して特に厳しくしていた」と証言

谷藤太、仲義代、もろいくや、野々山郁也(役:織元の職人たち)

千尋や香澄と取引をしている職人たち。

第7話

姜暢雄(役:山辺純次)

通販サイト最大手「三ツ星マーケット」の社長。小売店に対して再販売価格維持を強要している疑いがもたれている。

(役:黒崎美佐子)

「三ツ星マーケット」のブランド事業部長。

山辺の側近で自身が立ち上げた「アンカレント」というルブランドを管轄している。

夏子(役:館山留美)

アパレル会社「ワンソーイング」のブランド事業部員。

「三ツ星マーケット」に掲載しているが、経営不振が続いている。

8話、9話

(役:小勝負誠)

勉の父親で「小勝負建設」の社長。

遠藤久美子(役:小勝負朋子)

誠の妻で勉の母親。

今井悠貴(役:三島徹)

公正取引委員会・四国支所職員。本庄の後輩にあたる。

おかやまはじめ(役:上沼慎太郎)

15年前の公正取引委員会・四国支所審査課長。

(役:木下健一)

大手ゼネコン「ラクター建設」職員。15年前に建設工事の談合疑惑が掛かっていた。

現代では本庄と秘密裏に会っている。

平原テツ(役:樋山雄也)

「ラクター建設」土木営業本部部長。立入検査でもふてぶてしい態度を取り続ける。

(役:小津耕介)

中堅ゼネコン「小津建設」の社長。下請けいじめ疑惑がもたれている。

前田亜季(役:小津環)

耕介の妻。実は藤堂の娘。父親とはすでに縁を切っている。

10話

瀬口寛之(役:塚田俊平)

「ラクター建設」の社員。樋山の後釜としてプロジェクトの談合に関わる。

野添義弘(役:北沢雄二)

三十年前、藤堂が関西にいた時の元上司。

Yoshiko(役:藤堂の妻)

藤堂の妻。すでに他界している。

才勝(役:路上販売の男)

小勝負が異動となった愛媛でみかんの移動販売をしている男。

最終回

加藤虎ノ介(役:田嶋忠信)

ケーキ店の元店主。店が潰れたのは「エースマート」が不当に価格を下げたとし、猟銃を持って立て籠もる。

迫田孝也(役:松尾優)

大手スーパー「エースマート」愛媛店の店長。人質に取られてしまう。

(役:大谷正和)

「エースマート」社長。田嶋の要求通り、立て籠もり現場に赴く。

若月佑美(役:北川亜沙子)

「エースマート」愛媛店の店員。田嶋とは旧知の仲。

浜田学(役:大澤隆)

愛媛県警捜査一課刑事。立て籠もり事件の指揮を執る。

倉悠貴(役:高梨湊斗)

小勝負が異動となった四国支所の審査官。

【競争の番人】の相関図

【競争の番人】の相関図です。

競争の番人 相関図

○ダイロクでの上下関係

  • 主長:本庄聡子
  • 主査:桃園千代子(現場リーダー、楓の直属の上司)
  • キャップ:風見慎一(現場No2)
  • 審査官:六角洸介、小勝負勉(楓の教育係)
  • 新人審査官:白熊楓

【競争の番人】の見どころ

初の公正取引委員会を舞台にしたドラマ

【競争の番人】は公正取引委員会を舞台にしたお仕事ドラマ。日本のドラマとしては初となります。

公正取引委員会は談合やカルテル、独占禁止法違反などの企業の不正を取締り、「自由な経済競争」を守る行政機関です。

あらすじ

主人公・白熊楓()は刑事。ところが目の前で犯人を取り逃がし、責任を取る形で公正取引委員会・第六審査(ダイロク)への移動させられる。

そこで楓は審査官の小勝負勉()とバディを組むことになる。が、彼とは性格や考え方など何もかもが正反対だった。

その上、公正取引委員会は行政機関とはいえ「弱小官庁」と下に見られており、楓は愕然とする。

そんな中、楓と小勝負は複数のホテルで行われているウエディング費用のカルテル問題を調査することになる。が、何故か警察に追われてしまう羽目に。

公正取引委員会は名前は聞いたことはあるがどんな仕事をしているのかいまいちピンと来ない方も多いはず。

しかも警察のような強制的な捜査権力や逮捕権は持っていない為、「弱小官庁」と見られがち。

それでも弱者に寄り添い、悪をぶった切る痛快なお仕事ドラマとなるでしょう。

杏フランス移住前の最後のドラマ出演?

【競争の番人】の主演はさんとさん。お2人の共演は2016年公開の映画【オケ老人!】以来6年ぶりとなります。

さんは2022年9月頃にフランスに移住するのでは?と噂に。過去の公の会見でも「フランスに住みたい」と意欲的な姿勢を見せていました。

フランス移住となると【競争の番人】が渡航前の最後のドラマ出演。しばらくさんはドラマで見れなくなるかも知れません。

近年、海外に移住した女優だと真野恵里菜さんが有名。(2018年にスペインに移住。)真野さんは2021年に【逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)スペシャル】に出演されていました。

同じようにさんがフランスに移住しても日本での芸能活動を続ける可能性は十分にあります。

【競争の番人】のスタッフ

  • 原作:新川帆立『競争の番人』(講談社)
  • 脚本:丑尾健太郎(「半沢直樹(2020)、「下町ロケット」など)
    神田優( 「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート」 、「アリバイ崩し承ります」など)
    穴吹一朗(「信濃のコロンボ シリーズ」、「親バカ青春白書」 など)
    蓼内健太(「アンサング・シンデレラ ANOTHER STORY 〜新人薬剤師 相原くるみ〜」)
  • プロデュース:野田悠介
  • 演出:相沢秀幸、森脇智延
  • 制作・著作:フジテレビ

【競争の番人】の放送日

放送局フジテレビ
放送日時2022年7月11日~
放送時間月曜夜9時~

【競争の番人】は2022年7月11日からフジテレビ月9枠で放送予定。

この記事で使用している画像の引用元:競争の番人 - フジテレビ公式Twitter

コメント