【帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし(続編)】6話!狩野(横山裕)はコタロー母と会っていた!

当サイトのリンクには広告が含まれます
帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし

【帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし】6話の感想!狩野(横山裕)はコタロー母と会っていた!

【コタローは1人暮らし】の続編となる【帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし】6話は、コタロー(川原瑛都)が記者会見で重大発表!

・衝撃展開!狩野(横山裕)とコタロー母(紺野まひる)の関係が話題に!

・美月の母・皐月(田中美佐子)登場回!

テレビ朝日オシドラサタデー【帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし】6話のストーリーと感想を紹介します。

あわせて読みたい
【帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし】ネタバレあらすじを最終回まで!漫画の結末と続編は? 【帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし】ネタバレあらすじを最終回まで!漫画の結末と続編は? 関ジャニ∞横山裕主演ドラマ【帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし】の...

【コタローは1人暮らし】漫画を読もう♪♪お得なクーポンやお試し読みも!
【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】eBookJapan(イーブックジャパン)
無料漫画が豊富!【まんが王国】(一般TOPページリンク)
DMMブックス

目次

【帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし(続編)】6話のストーリー

【帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし(続編)】6話のストーリーです。

コタロー(川原瑛都)のもとに綾乃(百田夏菜子)が生活費を届けにきた。ちょうど、美月(山本舞香)とクッキーを焼いていたところ。綾乃も参加する。

母・皐月(田中美佐子)からの電話攻撃が凄いという美月。一人っ子のせいか、心配して電話ばかりしてくるのだという。

綾乃は両親のことを聞かれて逃げるようにして出て行ってしまった。

美月は、狩野(横山裕)にクッキーをあげる。狩野はクッキーを頬張りむせてしまう。水を飲んでなんとか収まり、狩野が立ち上がった瞬間、転んでしまう。その時、美月の上に乗ってしまう体制になり、ふたりは急接近。美月は狩野のことを「いい顔してる」と思う。

そこに、皐月がコタローとともに入ってきた。
勘違いした皐月は狩野を頬を叩いてしまう。

狩野とのことは誤解だと判明するも皐月は口うるさい。心配してのことだが、美月はそれがうとましい。ところが、ビールを飲んだ美月は酔った勢いで、店を開く夢があると話す。

コタローは、美月が余計な心配をかけてしまうから実家にも帰りづらい、と話していたことを皐月に告げる。さらに「母には笑っていてほしい。わらわがそうである」と語る。

狩野は美月がいつもコタローにお菓子を作っているは自分がされて嬉しかったからだろうと思っていた。「お母さんの愛情はちゃんと伝わっています」と皐月に話す。

酔って眠っていた美月が目を覚ます。皐月は、コタローと狩野から話を聞き、これからは質問するのを控える、と言う。コタローと狩野が隣にいるから安心だとも。

綾乃が改めて生活費を届けにやってきた。
父と母に会えないのか?と問うコタロー。

綾乃の母はいつも綾乃のことを嫌悪していた。父は綾乃に興味を示さない。
だから、綾乃は自分から親を捨てたのだと告白する。

そのせいで、子供を見ると自分の姿を重ねてしまい苦手だったのだ。

コタローには綾乃の気持ちが理解できない。でも、綾乃がそれで頑張れるのならそれは認める。「わらわはいつでも味方ぞ」と言うコタロー。
綾乃はアパートの人たちと過ごすことが癒しになっていると微笑む。

綾乃は鈴野(光石研)にこのことを伝える。鈴野は、コタローがそろそろ現実と向きあうべきかな、と話す。

公園で遊ぶコタローと狩野。
アパート更新の話になる。
アパートの契約は2年。コタローはあと1年残っている。
「更新すればまた住めるよ」と狩野。

コタローが契約記者会見を開催。
司会は佑(松島聡)。

田丸(生瀬勝久)、美月、宇田(白洲迅)、狩野が記者という設定。

コタローは重大発表をする。
アパートの更新を1か月更新に切り替えたということだ。
それは、2年という長さに甘えないため。

狩野
「もしかして、強くなったらこのアパートを出ていくつもりですか。それで、家族と暮らすことを考えていることですか」

コタロー「うむ」

それは、父親と住むということだ。
田丸が反論しかけるが、コタローは記者会見を終わりにしてしまう。

狩野はひとり「俺だって、皆だって、いつまでいるかわかないしな。君を置いて行ったあの人もこないしな」とサボテンに水をあげている。そこに、大家が。

サボテンの主は、2年前に101号室にいた人のものだ。狩野はその人の名前を知らない。

大家(イッセー尾形)に「あの人、名前何だったんですか?」と訊ねる。

驚く、大家。

【帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし(続編)】6話のみんなの感想

サボテンの主はコタローの母という展開に驚きの感想がTwitterに!
「コタロー君と狩野殿、ずっと一緒にいて欲しい」などの声も!

【帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし(続編)】6話の感想を紹介します。

【帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし(続編)】6話の感想・まとめ

コタロー君の記者会見で、いつかは別れが来るのだという現実を感じた【帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし】の第6話
狩野がコタロー君の成長を優しく見守っているのがひしひしと伝わります。サボテンにお水をあげている背中が寂しそう。そして、衝撃の事実。サボテンの主はコタローの母ですね。それを狩野は知らずにいて、ずっとお水をあげていたのです。大家に名前を聞いたところでエンディング。
狩野はまだあの人がコタローの母と知らないままです。いつかそれを知ることが来るのでしょう。

そして、鈴野がコタローに現実をそろそろ知らせるべきと話していることから、コタロー君が母の死を知るときが近い未来にありそうな予感。
ストーリーが少しずつ終わりに近くなっきて、寂しくなってしまう。
コタロー君と狩野はずっと一緒にいて欲しいです。この先どうなるのでしょうか。

次回は、花輪先生(大西大吾)の登場です!お楽しみに♪

記事内画像:【帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし】公式サイト

帰ってきたぞよ!コタローは1人暮らし

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次