【恋なんて本気でやってどうするの/恋マジ】7話のネタバレと視聴率!柊磨依存の真弓は純の敵!?

恋なんて本気でやってどうするの

【恋なんて本気でやってどうするの/恋マジ】7話のネタバレ・視聴率・感想!柊磨依存の真弓は純のの敵!?

【恋なんて、本気でやってどうするの?/恋マジ】7話が5月30日に放送されました。

柊磨(松村北斗)の母・真弓()は純()のライバル!?

『サリュー』閉店の危機を救う純、アリサ()、克巳()、響子()!

要()を知る怪しい女(藤原紀香)の登場!

フジテレビ月10ドラマ【恋なんて、本気でやってどうするの?/恋マジ】7話のネタバレ・視聴率・感想を紹介します。


ADVERTISEMENT

【恋なんて本気でやってどうするの/恋マジ】7話のネタバレ

【恋なんて本気でやってどうするの/恋マジ】7話のネタバレを紹介します。

真弓の嘘

公園で純()は、柊磨()から母の真弓()を紹介される。

柊磨の腕にからまるようにして歩く真弓は『サリュー』に戻るとすぐに柊磨の部屋に。

真弓は、ギャンブル依存症。
施設に入所していたが「ここにいたい」と言う。
柊磨は「いいよ」と優しい。

約束は3つ。
・絶対にギャンブルはしない。
・お店のお金は盗まない。
・お店のお酒は飲まない。

指切りをするふたり。

真弓は純のことを訊ねる。

「付き合っている」という柊磨。

真弓は、洗面台で純の髪留めを見つける。

**

翌朝。

純は髪留めがないことに気づき、柊磨の部屋に取りに行く。

柊磨が髪留めのことを聞くと真弓は「見てない」と嘘をつく。
柊磨が髪留めをさがしている間、真弓は柊磨のことをしゃべる。

真弓がずっと働いていたから家事はなんでも上手になった、などとニコニコしながらも話す。
やけに愛想はいいのだが、時折、純に対して怖い視線をおくる。

**

純、響子()、アリサ()はいつもの女子会。

真弓がやけにベタベタしているのは母子家庭のせいかと話す。
響子は要からで週一で料理を教えてもらっているが、一線を引かれていると感じていた。
アリサは、克巳()と付き合っているが、田辺(アキラ100%)と別れることは考え中。

一線を越えられない要

響子と要。
店で週一の料理教室。

作った料理を外で食べることにする。

要は
「金と株とか絵空事。料理は目に見える。手で触れる。自分の料理を食べてもらえる。生まれて初めて仕事をしているという実感がある」と料理人になったことを嬉しそうに話す。

「本当は『サリュー』を辞めたくないのでは?」と問う響子は、要を必要とする人がいて、自分もそのひとりだと打ち明ける。

突然の雨の中、ふたりは接近。
キス寸前までいき思いとどまる要。

柊磨を応援する純

「架空詐欺事件の証券マンがシェフに転身」
と要のことが記事になりネットを騒がせる。

響子の夫=敏彦(味方良介)、純らにも要の過去が知れわたる。
オーナーであり父の次郎(小市慢太郎)は柊磨を呼び出す。次郎は、世間に要のことが知られたので、すぐにでも『サリュー』を閉店するつもりでいたが、柊磨は「嫌です」とキッパリ。

柊磨は次郎に敬語。

「サリューを買い取らせてください」と頼む。

**

純は要のことを知り、柊磨を尋ねる。

「なんで、言ってくれなかったの?柊磨はいつもなんでもひとりで抱えすぎ」
と怒りをあらわにする。

要の過去はサリューの閉店に響く。それは、柊磨にとってのピンチだからだ。要のことも直接、柊磨から聞きたかったのだ。

「ゴメン」と柊磨。

そして、純は『サリュー』にお客が戻るように力を貸すことに。

アリサとビラ配りをする。『サリュー』では、響子と克巳もいて店を手伝っている。

しかし、お客は激減。

要は「店を辞める。ホームページでそれを伝える。それがサリューのためだ」と覚悟を口にする。

真弓は野菜の皮むきをしたと店に入ってくる。手伝いをしているのだ。
全員に改めて「柊磨の母です」と挨拶をする。

**

純は、クライアントからの注文が入り、島(星田英利)に交渉するが断られてしまう。

社内では会長が取材をうけていた。拓人()から、「逆転人生」がテーマの取材だと聞く。純は、「逆転人生」の言葉をヒントにして、要の人生を公表して集客を狙おうと考える。柊磨も要も同意する。

そこで、一度、店を閉めてリニューアルオープンすることに。

要は取材を受ける。
柊磨と克巳と要は「イケメン三銃士」として称され、響子、純、アリサも写真に。

**

アリサは克巳とデート。

目の前に水たまり。

アリサはおろしたっての靴を汚したくなくて足を止める。

克巳はそれを察知しておんぶをしてくれた。

**

アリサは、田辺に「好きな人ができた」と別れを切り出す。

すると、好きな人がいても構わない。だから、付き合っていこう、今まで通り財布として利用して、と言い出す。

以前のアリサならYESと言ったけど「それも無理」と断ると、田辺は「今夜だけは俺の専属でいて」とすがってきた。

アリサと田辺が歩いているところを何者かがカメラで盗撮している。

**

純は柊磨の部屋に。

ふたりでホームページをあれこれと考えている。真弓はいない。

「チャンスだ」という柊磨は純にキス。
ふたりその気になりつつあるところに、真弓が突然の帰宅。

慌てて離れるふたり。

真弓はぬいぐるみを純にプレゼントだと渡し上機嫌。

**

要の記事を見ている怪しい女=佐藤沙羅デュビビエ(藤原紀香)。

柊磨の邪魔をする真弓

『サリュー』リニューアルオープン。

純、響子、アリサも制服を着て手伝う。

克巳はバイトを辞めて『サリュー』で本格的に働くことに。

店は大繁盛。

要はお客様から写真を撮ったり握手をしたり。
響子はそれをそっと見ている。

純と柊磨が働く姿を見る真弓。
店の酒に手をかけるとそこに柊磨が。

「上で休んでて」という柊磨に真弓は反論する。

柊磨は説明をする。

響子は要の下で料理を習った。
克巳は言われたことをキチンとこなす努力の人。
アリサは接客の天才。

「純は……。
純がいなくちゃ何もまわらない。ここにいる人は凄いんだよ」

真弓は「ふーん」と口を尖らせる。
少女のような真弓。

**

次郎が女性=アヤカと来店。

コースをいただく。

次郎の感想。
柊磨の作った一品を見破り「八方美人なお前らしい味だ」と。

そして、接客でのアドバイスをする。

「味は全部よかった、さすが要だ」と要の料理を絶賛。
そして、今日からの3か月で前年比3割増しを目指すように言う。それができたら店を譲るというのだ。

柊磨は喜び、そして、純に抱きつく。

要は次郎に頭を下げる。
次郎は「よろしくな」と。

**

その帰り。
次郎は真弓と偶然会う。

「こんなところで何している。柊磨の邪魔だけはするな。あいつはお前に邪魔され続けてようやくひとりで歩きだしたところなんだ」

「よく言うよ。私達を捨てたのはあんたでしょ」
と責め立てる真弓。

次郎は真弓にお金を渡し、ホテルに泊まれという。

「もうアイツにつきまとうな」と立ち去る。

真弓はお金を握りしめて涙する。

**

純と柊磨はふたりでくつろぎ両親の話をする。

柊磨は、小さい頃、次郎と仲が良かった。
真弓がギャンブルにはまり、6歳の時、置手紙もなく次郎が出て行ったという。

純は柊磨に抱き着く。

「私はどこにも行かないよ。ずっと、いるよ。ここに」

ふたりで微笑む。

柊磨はバースデープレゼントの壊れたブレスをとっておいてくれた。
直せるかな、という純。

柊磨が抱きしめ、いい雰囲気になったところに、真弓が帰宅。

純、アリサ、響子の恋に不吉な予感

アリサは克巳と帰る。

アリサに田辺から電話。

妻にバレた。3百万の慰謝料請求されている、と慌てた様子。

妻が興信所に依頼をし、浮気調査をしていのだ。

**

響子が帰ると敏彦が「お皿、洗っといて」とソファに寝転がっている。

響子
「ねぇ、別れてくれる?別れてくれますか」

**

真弓は純に「今夜泊まっていけば。どんどんやって」とケタケタと笑う。

真弓は完全に酔っている。

真弓が転んでゴミ箱が転がる。
ゴミ箱から純の髪留めが見つかる。

「これ、捨てた?」
と柊磨。

「全然、知らない」
という真弓。

「ごめん、俺が間違えたかも」
と柊磨は真弓を庇う。

**

純は部屋を出ていく。

純の背中を見て、そして、視線を真弓に投げる柊磨。

純は、髪留めを手にして「絶対に捨ててるじゃん」とつぶやく。

<続く>

【恋なんて本気でやってどうするの/恋マジ】7話の視聴率

【恋なんて本気でやってどうするの/恋マジ】7話の視聴率は、5.6%でした。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

【恋なんて本気でやってどうするの/恋マジ】7話の感想

純、響子、アリサの恋がそれぞれに進展。「ジェットコースターみたい」「克巳の恋が気になる」などの声がTwitterに。

【恋なんて本気でやってどうするの/恋マジ】7話の感想を紹介します。

ほかに、藤原紀香さんの登場で佐藤沙羅デュビビエという役名が話題に。藤原紀香さんはミステリアスな役で要と関わる人物を演じます。今後の沙羅に注目です。

【恋なんて本気でやってどうするの/恋マジ】7話のまとめ

【恋なんて本気でやってどうするの/恋マジ】7話は、真弓の柊磨への依存的愛と柊磨の夢への第一歩を描いた物語。さらに、響子と要、アリサと克巳の恋も織り込まれた、密度の濃い物語でした。
真弓はひとり息子の柊磨を頼りきっていて、柊磨も真弓に強くは言えない。基本、とても優しい息子なのだと感じます。純の胸騒ぎもわかるし、柊磨の言葉にできない想いも痛く感じます。

純の背中を見つめたときの柊磨がとても寂しそうな表情をします。真弓がいなければ、純を抱きしめることもできたのに…。親子愛までも物語が展開し、残り3話は、かなり濃厚な物語になりそうですね。

克巳のおんぶは素敵。克巳はとてもいい奴です。そして、響子も離婚するかも?響子と要の恋の行方も気になります。

次回予告

・柊磨が母と純の間で揺れ動く!?

・響子の要への思いが爆発!

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【恋なんて、本気でやってどうするの?】公式サイト

コメント