【刑事7人シーズン9】の1話のネタバレ・天樹(東山紀之)が刑事を辞めるのは本気か!

特装9
※当サイトのリンクには広告が含まれます
東山紀之主演のテレビ朝日系ドラマ【刑事7人シーズン9】が2023年も帰ってきました。今シーズン9は、東山紀之演じる孤高のヒーロー天樹悠をはじめ、前シーズンから加入した東大卒の《Z世代》 新人エリート役で、小瀧望(ジャニーズWEST)らお馴染みのメンバーが顔を揃えますが、「切ない」「衝撃」といったセンセーショナルな宣伝文句が!いったい何が起こるのか。

この記事では刑事7人シーズン9】の1話のネタバレ、あらすじをお届けします。

刑事7人

全話のネタバレ完全版はこちら

「刑事7人」の過去シーズンを見るなら、U -NEXT

U-NEXT

【刑事7人シーズン9】1話あらすじ

ある死刑囚が、死の直前に残した手記。そこには10年前に犯したある殺人事件について、関与を一転して否定する供述が記されていた。しかし、手記は何者かによって持ち去られてしまう。それがすべての始まりだった―――。
その頃、天樹悠(東山紀之)たち新専従捜査班のメンバーは、それぞれが今後の人生について悩みを抱えていた。長く刑事として現場に立ち、日常的に事件=人々の死と向き合うということは、確実に天樹たちの心を蝕み、新専従捜査班のメンバーは少しずつバラバラになり始めていた…。そんな中、次々と発生する殺人事件。捜査を開始すると、殺害された人物たちは、10年前のある事件に関わりがあった。
時を同じくして、何者かにより警察組織の内部告発を行う「暴露チャンネル」が始動。告発される不正を働いた警官たち。その経歴にもまた、10年前の殺人事件が絡んでくるのだった。さらに、その中には片桐正敏(吉田鋼太郎)の名前もあって…!? 試される新専従捜査班の絆。そして、天樹たちの前に現れる、事件の鍵を握る盲目の女性と謎の男たち。すべての先には、悲しき真実が待っていた。

【刑事7人シーズン9】1話のネタバレ!

天樹が刑事を辞める?!

天樹(東山紀之)は、日記を書き始める。

そこに「刑事を辞めようと思っている」と記す。

理由は、体の問題。そしてキャリアの問題。

ただひたすら刑事という仕事に没頭する日々は終わりと決めた、呟く。

そのころ、「ポリス浄化ぁ」という動画配信サイトが話題になっていた。

犯罪もみ消したお礼に容疑者と不倫した刑事が晒されていた。

監察に呼ばれた野々村(白洲迅)は、投稿者に関わり、

片桐(吉田鋼太郎)が怪しいと告げられ、内偵を頼まれる。

刑事7人

「もっと違う世界を見てみたい」

江戸川区で殺人事件が発生。

被害者の下松譲(宮川一朗太)は会社経営者で

折りたたみナイフで腹を刺され、失血死していた。

下足痕から犯人は1人で、被害者と揉み合った跡があった。

被害者の下松はTN測量設計の代表取締役だが、評判は良くなかった。

部下へのパワハラの噂もあった。しかも江戸川署の元刑事で、10年前に辞めていた。

聞き込みの休憩中青山(塚本高史)と話す天樹。

英語の勉強をしていることを聞き、

警察の一組織の人間でいいのかという青山に

「僕もそう思う。刑事の世界は狭くて特殊だ。もっと違う世界を見てみたいとも思う。

本当に刑事に向いてるのか」と話す。

海老沢(田辺誠一)は堂本(北大路欣也)に刑事を辞めようか迷っていると相談する。

一方、坂下(小瀧望)には内閣情報調査室への異動話が持ち上がる。

 

刑事7人

10年前の事件を追う天樹と、それを否定する片桐

下松のパワハラは事実だが、それよりも会社の金を横領しており、

会社はその告発をしようとしていた時期だという。

天樹は下松の刑事時代の事件を探していた。

10年前、江戸川署である事件があった。

夫婦の食堂放火事件。

犯人は、鶴見達男(柳憂怜)。

東関東連続強盗殺人事件で5人の命を奪った平成の殺人鬼。

下松は鶴見から自供を引き出し、警視総監賞。

しかし、その3カ月後に今の会社へ役員。

鶴見は2カ月前に、死刑が執行されていた。

10年前の事件との関連が気になる天樹。

しかし、「ないだろうな」と片桐は話をそぐ。

片桐を尾行する野々村。

白杖の女性(山崎紘菜)を尾行する様子を見る。

下松が担当した事件現場の商店街はショッピングモールになってい

放火事件で生き残った当時16歳の少女がいた。

下松の金の振込先は宝来というフリーライターの男。

天樹がショッピングモールで見かけた人物だった。

刑事7人

白杖の女性は10年前の事件に関係?

天樹は10年前の3つ事件のうち、2件は包丁が凶器で現金を奪ったが、江戸川の事件は鈍器で殴り放火、現金は手付かずだったことが気になる。

しかし、片桐は、10年前の事件は関係ないという。

他の刑事たちが、天樹のやり方に賛同すると

片桐は「お前ら天樹に頼りすぎなんだよ」と言い放つ。

天樹も、片桐さんの言う通りだといい、蓬莱を見つけることを優先する。

下松の過去を調べると、監察から目をつけられていた悪徳警官だとわかる。

野々村は、白杖の女性が防犯カメラ映像に映っていたことを知る。

しまも、江戸川区の事件で生き残り失明した少女、望月和沙だった。10年前の事件に触れるなと言った片桐がなぜ、望月を見ていたのか。

天樹も望月をショッピングモールで見かけ、気になる。

そして、宝来が何者かに殺害される。

鶴見は死刑の際、ラストレターに

「私が殺したのは5人ではなく3人」と記していた。

刑事7人

【刑事7人シーズン9】1話の感想とまとめ

新シーズンの冒頭から、天樹刑事(東山紀之)が日記を書いて、刑事を辞める、と記す衝撃の展開。健康問題やら、天職のはずの刑事に疑問を持つやら、今更どうしての???が浮かぶ展開。しかも、青山も海老沢も今後も刑事を続けるか悩んでいて、坂下には異動話が。片桐は怪しすぎるけど、「unknown」の吸血鬼役から一夜でイメチェンは笑えますw

結局はみんな残ると信じていますが、果たしてどんな紆余曲折を経るシーズンになるのか。グッと引き込む初回でしたね。

記事内の画像はテレビ朝日「刑事7人」の公式サイトより