【風の向こうへ駆け抜けろ】前編のネタバレと感想!平手友梨奈の背負い投げが話題?!

【風の向こうへ駆け抜けろ】前編のネタバレと感想!

主演の土曜ドラマ『風の向こうへ駆け抜けろ』(NHK総合)前編が12月18日に放送されました。

新人女性騎手、芦原瑞穂(平手友梨奈)は地方競馬で再デビューして、嫌がらせにも負けずに立ち上がっていくという前編。

放送後、 平手友梨奈の背負い投げが話題に…?!

今回は【風の向こうへ駆け抜けろ】前編のネタバレと感想について。


ADVERTISEMENT

【風の向こうへ駆け抜けろ】前編のネタバレ

瑞穂(平手友梨奈)はデビューするも…

芦原瑞穂(平手友梨奈)は中央の競馬学校に進む。

たった一人の女子だが、馬には子供のころから家族のように接してきた瑞穂は「馬術なら負けない」と努力してきた。

しかし3年間を締めくくる模擬レースで、落馬してしまった瑞穂。

タンカで運ばれていくとき、瑞穂は父の牧場へ来ていた人(奥田瑛二)を見かける。父が亡くなり叔父の家に預けられたころ、その人に連れられ福島で桜の木を植えた。

瑞穂は競馬学校を卒業後、騎手としてプロデビュー。しかし1勝もできずに2年が経過。同期をライバルと呼べなくなっていた。

3年目の瑞穂は騎乗の依頼がめっきり減っていた。そんな瑞穂を地方競馬の緑川厩舎(きゅうしゃ)が誘う。

中央競馬から地方へ行くのは悔しかったが…「行ってやるよ」と決意する瑞穂。

瑞穂(平手友梨奈)が緑川厩舎へ

地方競馬の免許を1発で取得した瑞穂は、緑川厩舎へ。

しかしそこは、やる気のない調教師の緑川光司()のもと、頑固者や酔っ払い、失声症の厩(きゅう)務員たちがいる廃業寸前の厩舎だった。

瑞穂は嫌々、話題作りのための派手な勝負服でレースへ。

地方競馬で騎手として再デビューするものの成績はさんざん。

瑞穂は悔しかったのに、光司は出走手当ては出るタイムだったから良しとした。

ネットでは「薔薇の騎士」として話題だが、瑞穂はそれも嫌だった。

瑞穂が乗ったベルフォンティーヌは、月柴(池内博之)の愛人・奈保美()が馬主だという。

瑞穂は、宿舎に埋もれていたDVDから、光司がシーギリアという馬に乗ってGI初制覇を成し遂げていた。

カニ爺(大地康雄)は光司は人馬一体だったと褒める。光司の父は鈴田競馬のスタージョッキーだった。サラブレッド系でなくアラブ系の馬で育った光司のことをカニ爺は認めていた。

瑞穂は光司に「私は勝ちたいんです。勝ち方を教えてください。」と頼む。

しかし光司はもうやる気がなかった。なぜ4年目で辞めたのか。それは不祥事があったから。

馬主にお金をもらいその馬が負けた。収賄だ、八百長だ、と騒がれたからという。

お前は騎手に向かない」と言い放つ光司。

そのあと、ひとりになった光司は自分自身こそ向いてないと責める。

弱さと向き合うこと

ある日のレース。ベルフォンティーヌの不調を誠()が見つけて、出走を中止する。

奈保美は怒ったが、 月柴はフォロー。そして瑞穂に優しく接し、勉強会に誘う。

月柴の会社に呼ばれた瑞穂。しかし月柴に襲われたので、背負い投げで撃退!

光司に迎えに来てもらった。

瑞穂は、シーギリアが父の牧場にいたこと、瑞穂が乗っていたことを伝える。

震災後、瑞穂の父は心臓発作で亡くなった。

大きな借金も残り、周囲から批判されてきた。

だから見返したいと瑞穂は騎手を目指してきた。

父と「馬と一緒に生きる」とも約束したから、競馬は瑞穂の希望だ。

改めて勝つ方法の教えを請うと、光司は馬を怖がっていると指摘。

落馬の経験が影響していた。

認めろ。自分の弱さを認めるんだ」と光司。

光司は、実は落馬で足をケガしたため、引退した。

自分が勝つことばかり考えて馬が見えなくなっていた。

そのころ、お金をもらうのも当たり前と思ってしまった。

地方競馬の父をバカにする中央の人を見返したいと、自分を見失っていた。

新しい馬とともに

そんな中、緑川厩舎は馬主から馬を引き上げられ、廃業の危機に至る。

光司は「自分から逃げていた。競馬をなめていた」という。

瑞穂は自分が背負い投げをしたのが原因だと白状する。

緑川厩舎は三軍だが、瑞穂も光司も諦めない。

光司は、瑞穂・誠とともに新しい馬を探しに行った。

誠は、気性の荒い魚目(さめ)の馬を気になった。

妙な面相な馬は勝てないから、無理に調教させられ、傷つけられたと予想される。

誠がなでると魚目の馬が大人しくなった。光司はこの馬に決めた。

瑞穂が乗ると、振り落とされて、ひとりで走っていく。凄い馬だが乗りこなせるかが問題だ。

シーギリアの馬主は父の牧場にも来ていた人(奥田瑛二)だった。(つづく)

【風の向こうへ駆け抜けろ】前編の感想

平手友梨奈の背負い投げが話題?!

平手友梨奈さんの背負い投げがネットで話題です。

平手さん演じる瑞穂が、セクハラ馬主を撃退!

しかし平手さんの首に後ろからまとわりつくセクハラ男のシーン、ちょっと気持ち悪かったですね。

物語的には、三軍の厩舎(きゅうしゃ)が後編で巻き返すんだろうな、という終わり方でした。

私(筆者)が気になったのは緑川光司の立ち直りが早い点。

瑞穂に指摘しながら、自分自身に向けて言ってたとは思うのですが、全2回の駆け足な感じがして残念でした。

ただ、1時間強のドラマで、作りこんでるなあとは随所に見て取れるので後編も見届けたいです♪

【出演】平手友梨奈、中村蒼、板垣李光人、小沢仁志、大地康雄、、降谷建志、奥野壮、高橋侃、玉置玲央、新津ちせ、剛力彩芽、池内博之、、奥田瑛二

画像出典:NHK

スペシャルドラマ
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】

コメント