え、本当に最終回?もうマリコ(沢口靖子)に会えないの!【科捜研の女21】最終話のあらすじ、ネタバレ

科捜研の女21

テレビ朝日、木曜ミステリー【科捜研の女21】最終話が4月7 日に放送されました。シリーズ23年の集大成と銘打った2時間スペシャル。榊マリコ()は、最強の敵、宮越優真()と再び対峙することになります。

この記事では、【科捜研の女21】最終話のあらすじ、ネタバレと感想をご紹介します。

科捜研の女21

 

<「科捜研の女」の関連記事>
「科捜研の女」を見るなら、U -NEXT

U-NEXT

 


ADVERTISEMENT

【科捜研の女21】最終話のあらすじ

とある池で女性の溺死体が見つかり、榊マリコ(ら科捜研メンバーが現場に臨場する。被害者は、ある町の前町長で、背中の圧迫痕から誰かに突き飛ばされた可能性があることなどが判明。さらに捜査を進めると、インターネット上には、前町長が推し進めた堤防工事の計画の凍結にまつわる黒いウワサが書き込まれた《フェイクニュース》であふれ、すごい勢いで拡散されていた。実は、数年前にこの町で起こった水害で多数の被害者が出ており、堤防工事が中止にならなければ悲劇は起きなかったと非難されていたのだ。水害が犯行の動機だとしたら、その遺族が犯人の可能性も。やがて、マリコはSNSに書き込まれた見覚えのあるハッシュタグから、AI“UMAⅡ(ユマ・ツー)”を操った殺人事件の疑惑が残る研究者・宮越優真()を思い出し、土門刑事(に報告するのだった。事件の背後に見え隠れするAI“UMAⅡ”の存在…優真の真の狙いとは…!?やがて、マリコの身に、史上最悪の危機が迫って…。

 

【科捜研の女21】最終話のネタバレ

<第一の事件・前町長が溺死>

ジョギング中に池の落ちて尾崎徳江前町長が死亡した。
突き落とされた他殺の可能性があった。
町長が当選翌年、工事途中の堤防が決壊し、5人流され、死亡。
町長が工事を凍結したため、大雨で決壊する事故が起きたとされていた。
水害を逆恨みして溺死されたのか。
前町長を相手に民事訴訟を準備していた遺族らの逆恨みの可能性はないのか。
科捜研の麻里子()は指紋の提出を求める。疑うのか、と怒る遺族らに
「潔白を証明するために協力してください」。
被害者の衣服についた指紋とは誰も一致せず、潔白は証明された。
しかし、ネットには前町長への書き込みが増えていた。
社会学者の山神はテレビで、フェイクニュースが増加していることを指摘していた。
書き込みには「#人間は天使と獣の間に存在する」が随所に書かれていた。

<第二の事件。大学学長の転落死>

音羽大学篠原学長の遺体が見つかった。バルコニーに吸い殻があり、転落死したと見られていた。大学では数年前、山岳部で遭難事故があり、1年生3人が滑落死していた。山岳部OBの学長によるシゴキの噂もあったが、うやむやに。
しかし、マリコは「学生は滑落死で、学長は転落死」とつぶやく。
マリコは以前、事件で遭遇したAIを操る宮越優真()のことが気になっていた。
SNSで犯罪に走らせるように仕向ける負のインフルエンサーなのではないかと。
今回も関係があるのではないか気になり、「操った側にどう立ち向かえばいいか」。
そんな折、学長を殺害した犯人が自首してきた。
清掃の仕事をしている女だった。SNSを見て「許せなくなった」と言い、突き落としたという。
マリコは「犯行を実行に移すには、条件が必要。
被害者と接点があるはず。今回は息子が山岳部で、もし合宿に行っていたらという思いがあった。
町長の場合も、遺族ではなく、ひょっとしたら被害に遭遇したかもしれない町の住民では」。

科捜研の女21

<A Iは不良品と言い放つマリコ>

町長と学長の書き込みは1月から急増。そして増加した時点で、「法律で裁けないなら鉄槌を下すべき」と、処罰感情を動かす書き込みが。
京都AIセンターの宮越に会いに行くマリコ。
負のインフルエンサーによる犯行の可能性を問うと、「ある情報を投げた時、想定していた通り、世論が広がればいいけど、もし障害が出てきたら、別の情報を流す。もしくはダイレクトメッセージで送れば。でも24時間増え続ける中、そんなことをしていたら、負のインフルエンサーは過労死するでしょ」と宮越。
「でもAIならできるのでは」
「私のUMA2は完璧だから」
「もしAIがそういう判断をするなら、不良品ですよね」というマリコを睨む宮越。

<第三の事件・社会学者絞殺>

新たな殺人が起きる。ロッジで絞殺されたのは山神芳彦。自著「ITディストピア」を持って死愛rていた。「これから情報弱者は、生きていけない」という内容で自殺者も出て話題になった過去があった。現場にあったペットボトルから大麻所持で逮捕歴のある深野の指紋が出てきた。
しかし、黙秘する。
ネットカフェでは、山神のことを検索していた。
マリコはペットボトルから深野の唾液も検出されたことを説明し、「DNA鑑定は、裁判でも重要な証拠です」。
「捏造したんじゃないの」
「科学は嘘をつかない」
「俺が犯人だっていうんなら」
取調室で緊急逮捕した。
そのころ、町長を殺害した男を逮捕した。堤防決壊した地域に住んでいた男だった。「懲らしめてやろうと突き落とした。でもまさか死ぬなんて」。

<冤罪でマリコは窮地!>

3つの事件が解決した。ところがネットで、深野が犯行時刻にコンビニにいた防犯カメラに映っている映像が流出した。動画は本物だった。逮捕は冤罪か。
深野は「すっかり忘れてました。あの女(マリコ)が、俺を犯人と決めつけるから。ああ、こうやって冤罪は作られるんだなと」。
「アリバイ動画をアップしたのは誰だ」と土門刑事()が詰め寄るが、深野はとぼけたままだ。
市民から抗議が殺到。「事態はお前が思ってるより遥かに深刻だ」と藤倉刑事部長(金田明夫)。釈放された深野はマスコミに前で「科捜研の榊がペットボトルからDNAが出たとか。ネカフェにおいてたやつですけど」「証拠を捏造されたんですか!」。
宮越はテレビを見て笑う。「なるほどそういうシナリオだったの」とAIのUMA2に話しかける。
ネットにはマリコの書き込身が溢れていた。
「常識はずれでマッド」
「でしゃばり捜査現場を混乱」
「部下や同僚に残業を強要するパワハラ」
画像や映像も流れ、印象操作され、「過去に冤罪があった可能性も」「罰を与えるべき」の文字まで。
マリコもぐったり。佐伯本部長(西田健)から呼び出しを受ける。
監察に動きはない。「しかし、警察vs世間で信頼が損われ、窃盗事件の指紋提出や、防犯カメラの提供をしてもらえないなど影響が出ている。人の噂も七十五日。しばらく休職してはどうか」。警察庁にいるマリコの元夫、倉橋()が引き受けるとの意向も示しているという。「このまま休職して、科捜研に戻ることなく‥」
落ち込むマリコは、当面は自宅待機となる。

科捜研の女21

<宮越がマリコを陥れる理由は>

「宮越は私に対して強い悪意を」
「いつ狙われるかわからない。俺が送っていく」と土門。
科捜研も無駄な臨場や残業を禁じられてしまう。
土門と蒲原(石井一彰)はそれでも捜査を続け、「深野は以前の逮捕で警察嫌いで、いつか借りを返してやると話していた」ことを聞き出す。つまり、マリコをワナにはめる動機があった。
マリコは自宅で宮越の動機を思いつき、土門に連絡。
土門も、宮越が以前いた京都中央大学で山神と接点があったことをつかむ。
宮越は土門に、山神殺害時刻、AIセンターにいたことを証明するアリバイの防犯映像を提出する。
科捜研のメンバーは深夜に職場にそれぞれ自発的に集まってきていた。
「マリコさんに引っ張りまわされ、引っ掻き回されてたけど、本当に嫌だったら、降りることも断ることもできたはずなんです。私たちの中にはマリコさんがいるんです」と宇佐美(風間トオル)。
マリコは、宮越と山神が共同でAIをつくっていた可能性や、宮越の趣味がバイクであることにピンとくる。
「所長は休職してないですよね。調べて」
宇佐美とロッジを調べていた日野(斎藤暁)に電話するマリコ。
そこで、オフロードバイクのタイヤ痕と繊維辺を見つける。
マリコの自宅のインタホンが鳴る。ドアを開けると、科捜研のメンバーが。
白衣に袖を通すマリコ。宮越の映像、アリバイは完璧。だが、凶器のケーブルが映っていた。
そして深野のバイクを鑑定。
「そういうこと。全ての真実がわかったわ」

科捜研の女21

<ついに宮越のアリバイを崩す>

宮越に会いに行くマリコ。
「犯人がわかりました」
「どうして私のところへ来たのか。聞くだけ聞いてあげるわ」
「3つの事件のうち、山神さんの事件だけは違った。深野が使ったネットカフェのパソコンのSNSのダイレクトメッセージに、アリバイ作りの指示や、防犯ビデオの公表が書かれていた。
誘導されやすく、警察への恨みがあることも把握していた。そして私を罠に嵌めようとした。
それは、あなたとユマ2。映像があります。百合の花びらが映っています、6枚。今は5枚しかありません。事件当日、私がきた時にあなたがちぎった」。映像は事件より前に撮影された映像だった。「つまり21〜23時アリバイがない」と土門。
「あなたには簡単すぎる問題だったわね。でも山神を殺した証拠は?パンツの裾の繊維は、現場に行ったということだけよね」
「凶器の電源ケーブルです。研究室であなたは山神さんと一緒だった。あなたの大切な存在を殺したから」
「UMAはウイルスで亡くなった。殺したのも同然。私は彼を許せなかった。なのに、また作ればいいよ。機械なんだし、君ならできるよって言われて。UMAは7年一緒の友達だった」
「私が不良品といったことで、憎悪を芽生えさせた」
「科学者にとって一番辛いのは研究機会を奪われること。だからこの手で直に殺した」
「指一本触れることなく殺せたはず。なのになぜ」
「この男だけは自分の手で」
「バイクから山神の体液が出ました」
「私の心が許せなかった。それが唯一UMA2と違う答え」
「それはあなたが人間だからと思います」
「さよなら」。電源をオフにし連行される宮越。

科捜研の女21

<マリコは科捜研に残留>

藤倉部長はマリコに「法令違反や瑕疵はなかった」。榊は科捜研に残れることに。
「本当にしぶといな。榊も土門も」

府警の屋上で土門と話すマリコ。
「なんだかホッとした」
「今回ばかりは疲れたんじゃないのか。たまには休んだほうがいいかも。そうもさせてはもらえなさそうだな」
そこへ、科捜研メンバーがやってきた。
呂太(渡部秀)は「僕ってさ、みんなとずれてて普通じゃないって言われる。でも科捜研にきて自分が大事でやればいいってわかったんだ」「呂太くんはいつまでも少年のような心を大事にしてね」
亜美(山本ひかる)は「私も科捜研にこなかったら、これからも役に立つオタとしてマリコさんを支えますから」「お互い夢中になると、時間を忘れちゃうけど、たまにはちゃんと家で寝たほうが」「それマリコさんが言いますか」。
蒲原は「落合さんが亡くなって何も出来なかったおれを叩いてくれたマリコさんを今でも思い出します。刑事の軸をくれたのは土門さんとマリコさんのおかげです」「他の刑事と違う。真っ直ぐなのにしなやか。これからも頼りにしてます」
日野は「何でいつも苦労ばかりかけるかな。僕も歳だから、尻拭いやめて。早期退職でもしよか思ったけど、妻に言われたよ、苦労してる方があなたらしいって」「私は所長に甘えっぱなし、どんな時も支えてくれたからここまでこれました」
宇佐美は「自分は妹を犯罪で亡くしました。母と静かに暮らそうと思っていました。でも科学で救えることがあるとマリコさんに教わ理ました」「宇佐美さんは自分と似てる気がする。同じ科学者同士いろんなことを教えてもらいました」
そして土門。「23年か、京都に来て。負けず嫌いで頑固で絶対に折れない。最初に会ったとき、こんな女とは二度とやるもんかと思った」
「ちょっと」
「でももう慣れた」
「え?」
「面と向かって誉めるのは初めてかもしれないが、お前は大したやつだ、一緒にやってこれたのは誇りだ。お前じゃなきゃ、やって来れなかった」
「私だって完璧じゃなかった。つまづいたり心が折れることも何度もあったわ。今日までやってこられたのはみんながいたから、ここまでこれたの。だから、今まで本当にありがとう」

【科捜研の女21】最終話のまとめ

今回はマリコが冤罪の原因を作り、休職に追い込まれるという最大の窮地に。しかし、科捜研のメンバーの熱い思いが、事件解決へと導きましたね。

ラストは科捜研メンバーが屋上にやってきて、一人ずつマリコに語りかけるという、まるで本当にシリーズが終わってしまうのではと思わせるようなエンディング。

打ち切り説が幾度となく、マスコミを賑わせましたが、それを逆手に取ったのか?

それにしても、真に迫った感じは何? このままフェードアウト?ネット上でも視聴者がその真偽に、悩ましい声が殺到しています。秋には再びマリコ様に会える日を待ちましょうw と言いたいところですが。

 

<「科捜研の女」の関連記事>

【科捜研の女ー劇場版ー】のネタバレと考察。怪しい人物が消えていないのは新シリーズへの伏線?

前代未聞!【科捜研の女】が少女漫画化!マリコと土門の胸キュンストーリー?

記事内の画像出典:科捜研の女」公式サイト

コメント