【監察医朝顔2】7話のネタバレと感想!最後となるかも知れない一家団欒に涙!

【監察医朝顔2】7話のネタバレと感想!最後となるかも知れない一家団欒に涙!

殺人事件の容疑者となってしまった桑原の無実を証明するため、朝顔、平たちは一丸となって真相究明に走ります。事件の真相はどこにあり、犯人は誰なのでしょうか。

そして、万木家最後の時は迫っているのかもしれません。

今回の記事では【監察医朝顔2】7話の視聴率、ネタバレと感想をお伝えします。

「監察医 朝顔2」配信情報

【監察医 朝顔2】はFODプレミアムで配信中です。

前作【監察医 朝顔(2019)】 全11話+特別編「~夏の終わり、そして~」も配信しています。

※ 全て2020年11月2日(月)の情報です。 最新の配信状況、価格については公式サイトをご確認ください。


ADVERTISEMENT

【監察医朝顔2】7話のネタバレ

不利な状況

神奈川県捜査一課の桑原()に田村聖奈(中村里帆)を射殺した容疑が掛かってしまう。桑原は「聖奈の交際相手であの時対峙した桐谷大和(坂本慶介)が犯人です。彼の右足を撃っただけです」と主張する。だが、

  • 聖奈は桑原がいた正面から撃たれていた
  • 桐谷は焼死体として発見され、聖奈よりも前に死亡していた
  • 桐谷の遺体の右足は消失しており、弾丸の行方は分からない

と状況は不利なものばかりだった。監察官の五十嵐(松角洋平)は桑原を参考人ではなく、容疑者としてますます厳しく追求する。

そして、桐谷の解剖をし事実を突き止めたのは桑原の妻である朝顔()だった。

主任教授の夏目茶子()も長期休暇から帰ってきて状況を把握する。

夫の無罪を信じる朝顔は検視官の丸屋(杉本哲太)に頼み、桐谷の遺体発見現場に向かう。だが、神奈川県警の刑事たちに追い返されてしまった。

それを知った五十嵐は朝顔の元にやってきて、「丸谷と貴方を担当から外す」と告げる。妻が夫のために記録を改ざんする可能性があるからだ。

朝顔「私は自分の解剖に私情を挟むことはありません。」

凛とした態度で朝顔は答えるも、担当から外れることを了承する。

見つからない手がかり

茶子は光子()を解剖の引継ぎ責任者に指名、朝顔には彼女をサポートをするように指示する。これならば問題は無いはずだ。

五十嵐による桑原の取調べが続く。五十嵐は朝顔が動揺していたことを伝え、さらに「被害者とただならぬ関係があったのでは?」と嫌味も付け加える。

桑原「発言を取り消して下さい!!」

あまりにも無礼な五十嵐に桑原の怒りが爆発する。

一方、野毛山署の係長・山倉()は銃殺事件の発端となった警察官が拳銃を奪われた現場周辺の防犯カメラ映像を洗い出す。連絡を全ての事情を把握した朝顔の父・()が映像を手配してくれていた。

法医学教室に事件の担当を外れた桑原の姉・忍(ともさかりえ)が差し入れを持ってくる。娘のつぐみ(加藤柚凪)の面倒は忍に見て貰えることになった。

その後、朝顔たちは徹夜で作業をするが有力な手がかりは見つからず、一度帰宅して休息を取ることにする。

朝顔の辛い心情

朝顔は家に帰る。つぐみはすでに忍と一緒に朝顔たちの部屋で寝ていた。平も帰宅して朝顔のことを気にかける。

平「心配はいらない、大丈夫だよ。」

朝顔「大丈夫じゃないよ、家族のことだから心配するでしょ!」

珍しく声を荒げる朝顔。気丈に振舞っていたが身も心もボロボロでついあたってしまった。平は朝顔に少しでも寝るように促し、平の布団で寝ることになった。

夜が明けて、起きてきた忍に朝顔はお礼を述べる。「出来ることは何でもしたいんです」と忍も朝顔のことを気にかけていた。

ある仮説

法医学教室で朝顔が手がかりを求めて論文を読んでいると気になる事例を発見、ある仮説を立てる。

聖奈の脳を今一度調べると運動野の領域は破損していないことがわかる。これなら脳を撃たれたとしても暫くは歩いたり、会話が出来た可能性がある。

でもあくまで可能性の段階、立証する証拠が必要だ。

野毛山署の刑事達は桐谷が所属していた半グレ集団の元メンバーに話を聞いて回る。するとそのうちの一人、望月という男が桐谷が良く通っていた店を紹介してくれた。

一方、丸屋がこっそりと桐谷の現場にあった遺留品を法医学教室に持ってきてくれた。光子は遺体についていたある虫が気になる。

その虫は日本では見つからないハエでタイにいるもの。となると本当の殺害現場はタイに関係する場所だろうか。

野毛山署の刑事達にも情報が伝えられる。すると望月が頻繁にタイに行っていたこと、現場近くの防犯カメラに映っていたことが判明する。

その後、桑原の元に神奈川県警管理官の瀧川雄一郎(近藤芳正)がやってきて犯人の正体が語られる。

犯人の正体

聖奈を撃ち殺した犯人は桐谷、桐谷を殺した犯人は望月だった。

  • 桐谷は今でも望月に逆らえず、彼の命令で警官を襲撃し銃を奪った
  • 不審に思った聖奈が桑原に相談したので望月は2人を殺すように指示した
  • 聖奈を港にあった望月が所有しているコンテナ内で正面から射殺した
  • 桐谷は聖奈の携帯電話で桑原を港に呼び出した
  • 朝顔の見立て通り聖奈は桑原の前に現れた
  • 桑原に足を撃たれた桐谷はコンテナまで逃げて望月に連絡
  • 望月は口封じに桐谷を殺害してコンテナで遺体の右足を切り落とし、燃やした
  • コンテナに遺体を燃やした痕跡が残っており、これが証拠となった
  • 遺体を密閉されたコンテナ内でしばらく放置したので腐敗が進んでしまっていた

桑原の証言が全て正しかった。

その後、光子は桐谷の解剖書を書き上げ茶子に提出する。これで事件の全てに決着ついた。

最後の一家団欒

法医学教室を出た朝顔の元に解放された桑原がやってくる。

朝顔「おかえり。」

桑原「ただいま。」

帰宅する途中、桑原は朝顔に心配かけたことを詫びる。桑原が刑事を続けたい気持ちに変わりなく、朝顔もその気持ちを後押しする。そして、2人はこれからもお互いを助け合っていくことを誓う。

万木家に帰宅した2人をつぐみと平が出迎える。

数日後の朝、朝顔たちは平の引越しの手伝いをする。その日の夕食は平が作ってくれることになった。

夕食後に庭で線香花火をして4人での最後の一家団欒の時を過ごす。

平は桑原に「いろいろ頼んだぞ。」と後を任せる。そして、朝顔には見つかった里子(石田ひかり)の手袋を渡す。

翌朝、いよいよ平が東北の地へ旅立つ時が来た。

朝顔「行ってらっしゃい。」

平を送り出した朝顔。だが、その背中に行方不明になる直前の里子の姿を重ね、この先2度と会えなくなるような胸騒ぎがした。

一方、桑原に長野への人事異動命令が下るのだった。

【監察医朝顔2】7話の感想とまとめ

第7話は桑原銃撃事件の完結編、朝顔たちが一丸となって容疑は無事に晴れました。そして、平が東北に永住することになり第1章の幕が閉じました。

娘としての朝顔

朝顔は父親の平の辛い心情をぶつけた後、平の布団で眠ることになります。

朝顔「お父さん…枕、くさいよ。」

平「嘘っ!」

朝顔「噓…」

何気ない会話ですが朝顔は娘として父親に甘えているようでした。法学者、母としての振舞っていた朝顔、最も辛い状況だからこそ娘として父親に甘えたかったんですね。

最後となるかも知れない一家団欒

その後、東北に永住することになった平と朝顔たちは一家団欒の時を過ごします。それはいつもと変わらないものでした。こういう日常ことだ大切だと改めて感じました。

が、朝顔に不安が過ぎり、桑原も遠くへ異動となってしまいます。桑原は刑事ではなく交番勤務になるようなので今回の事件の責任を無理やり取らされたのでしょうか。

せっかく桑原の容疑が晴れたのに、家族がバラバラになるなんて辛すぎます。

この一家団欒と朝顔の娘としての甘えが最後になるかと思うと不安で涙が止まりません。

【監察医朝顔2】第8話からは波乱の第2章「孤独編」がスタートです。

2020/12/21(月)21:00~の放送をお楽しみに。

【監察医朝顔2】7話の視聴率

【監察医朝顔2】7話の視聴率は9.5%でした。

【監察医朝顔2】の関連記事

6話ネタバレと感想 8話ネタバレと感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました