【監察医朝顔2】8話のネタバレと感想!バラバラになった家族と遺体とラストに衝撃!

【監察医朝顔2】8話のネタバレと感想!バラバラになった家族と遺体とラストに衝撃!

朝顔は家族と離れ離れになり第2章「孤独編」がスタートしました。朝顔は家族が傍にいない中、30年前のバラバラ殺人事件と現代の事件に向き合うことになります。

そして、ラストには物語の根本に関る衝撃の展開が待っていました。

今回の記事では【監察医朝顔2】8話の視聴率、ネタバレと感想をお伝えします。

「監察医 朝顔2」配信情報

【監察医 朝顔2】はFODプレミアムで配信中です。

前作【監察医 朝顔(2019)】 全11話+特別編「~夏の終わり、そして~」も配信しています。

※ 全て2020年11月2日(月)の情報です。 最新の配信状況、価格については公式サイトをご確認ください。


ADVERTISEMENT

【監察医朝顔2】8話のネタバレ

バラバラになった万木家

朝顔()の父・平()は行方不明となった妻・里子(石田ひかり)の手がかりを探すために東北の地に移住した。

一方、銃撃事件における桑原()への疑いは晴れたが、神奈川県警の上層部は彼の行動を問題視する。そして、ほとぼりが冷めるまで長野県警の交番勤務への異動を命じられる。

桑原は単身赴任となり、非番だった姉・忍(ともさかりえ)に手伝って貰い引越しをする。桑原は朝顔と結婚して一緒に暮らし始めた時のことを思い出す。“引越しで何故そばを食べるのか"を平から聞かされていた。

そんな桑原に忍は「浮気すんなよ」と忠告をする。

朝顔は娘・つぐみ(加藤柚凪)と2人だけで万木家に残る。

こうして万木家は一時的とはいえバラバラに離れて暮らすことになった。

新しい仲間と解剖

興雲大学法医学教室に医学科3年の牛島翔真(望月歩)、通称ウッシーが新しいアルバイト学生としてやってくる。

藤堂(板尾創路)や高橋()は牛島にことあるごとに気を使う。法医学教室のアルバイトは厳しく慢性的な人手不足、また辞められたら困るからだ。

そんな法医学教室に解剖の依頼が入る。

  • 遺体は60代後半と思われる男性
  • 海岸の岩場に倒れているところを発見された
  • 崖の上には男性のものと思われる靴が揃えてあった
  • 状況から自殺の可能性が高いが遺書はなかった

朝顔たちは牛島を含めて解剖を行う。すると以下のことが分かった。

  • 死因は頭蓋骨陥没による失血死
  • 遺体の手と爪に褐色森林土と石灰
  • 強く打ったのか全身を強く骨折
  • 右手の中手骨に何かを何度も殴ったかのような複雑骨折
  • 腕に掴まれた時にできる引っかき傷

茶子()が教授会から戻ってきて朝顔の報告書に目を通すと一瞬、表情が強張った。朝顔は見落とさず、茶子に「この男性のことを知っているのですか」と尋ねる。

茶子は30年前に起き、自分が担当した幼女惨殺事件とこの男性との関係を語り始めた。

30年前の残忍な事件

  • 30年前、当時6歳の女の子・浅野栞里ちゃん(志水心音)が行方不明となった
  • 両親の必死の訴えや捜索も虚しく栞里ちゃんの遺体はバラバラ状態で発見された
  • 栞里ちゃんの右手だけはどうしても見つからなかった
  • 仲井戸修(清水優)という男が逮捕された

犯人の名前を取って仲井戸修事件と呼ばれており、解剖された遺体は栞里ちゃんの父親・忠(森下能幸)だという。

栞里ちゃんの遺体の一部が見つかるたびに解剖、忠が確認にやってきた。忠は日に日にやつれ髪の毛も真っ白に、母親は心労で帰らぬ人になった。

右手の捜索は打ち切られ、栞里ちゃんの遺体は不完全な状態で忠に返却された。栞里ちゃんの遺体を前に忠は「これで終わりなんて...こんなのってないよな...」と泣き崩れたという。

事件により、浅野家はバラバラになってしまったのだった。

朝顔は30年前の解剖書を見返す。それはあまりに残忍で、残された家族のことを思うと朝顔は胸を痛めてしまう。

新たな遺体

その後、切断された左足が発見される。山倉()によるとこの遺体は30年前の事件の犯人、仲井戸である可能性が高いという。

忠にとって仲井戸は憎い仇、彼が殺害したのだろうか。さらに今度は左手も発見された。

朝顔たちは遺体が発見されるたびに解剖し、以下のことがわかる。

  • 遺体には石灰がかけられていた
  • 指の爪に皮膚片が見つかった

朝顔は30年前の事件の資料を調べる。すると担当は平であり、朝顔は電話をかけ事件の詳しい状況を聞きだす。「遺体の部位が埋められた後に石灰がかけられており、それを手がかりに探した」という。

仕事を終えた朝顔は帰宅する。今晩はつぐみもお泊り保育でいなく、朝顔は広い万木家で1人で夕食を食べて床につく。

その後、平のアドバイスは山倉ら刑事たちにも伝えられ、次々と残りの遺体の部位が発見された。

だが、右手だけは一向に見つからなかった。まるで30年前の事件と同じように。

そして、発見された遺体の部位は全て仲井戸のもの、爪に残っていた皮膚片は忠のものと判明する。忠が仲井戸修を殺害し遺体を捨てたのは明確だった。

遺書に記された悲痛な叫び

その後、忠の遺書がマスコミ各社に届き始め大々的に報道される。そこには忠の悲痛な思いが記されていた。

  • 1週間前に自分は仲井戸を発見
  • 仲井戸は同じように幼女に声を掛けていた
  • 自分は名乗ったが仲井戸は自分も栞里の名すら覚えていなかった
  • 気がつくと仲井戸を何度も殴りつけていた
  • 同じ苦しみを味あわせるために遺体をバラバラにし右手は絶対に見つからない場所に隠した

これが事件の真相であり、遺書はこう締められていた。

警察の皆さんどうして右手の捜査を打ち切ったのですか。マスコミの皆さん事件当時は押しかけたのに今では事件を忘れているのですか。

これではまるで最初から栞里がいないみたいではないですか。栞里ごめん。

報道を通じて忠の悲痛な叫びを朝顔、桑原、平たちは胸に刻んでいく。

事件は影を落とし続ける

忠の息子(野中隆光)が遺体を引き取りにやってくる。生前の忠は「旅立っても栞里が分かるように髪の毛は昔の黒に戻すことを願っていた」という。

朝顔と茶子はその願いに従って忠の遺体の白髪を黒く染め上げる。今度は完璧な状態で遺体は息子に返却されることになった。

が「婚約が決まっていたが殺人犯の息子となれば破綻は確実。仲井戸と同じことをして父の人生は何だったのでしょうか」と息子は嘆く。事件は暗い影を落とし続けていた。

朝顔は茶子に「扱った解剖書を長い期間保管出きるようにして欲しい」と頼み込む。自分が残された遺族に出来ることは忘れさせないようにするだけだからだ。

茶子は「予算のことなど問題は山積みだが前向きに検討します。そうなればほとんど使っていない自分の部屋を潰していい」とのこと。

事件は全て終わり、朝顔はお泊り保育に預けていたつぐみを迎えにいく。朝顔は「よしよし」とつぐみの背中を叩きながらギュッと抱きしめる。

美幸が電話を掛けた相手は

朝顔とつぐみは夏らしく冷やし中華を夕食に食べる。一方、桑原は自炊が苦手なのかカップめんを夕食にする。平も義理の父・嶋田浩之)から借りている家で鯖の塩焼き弁当を夕食にする。

里子の同級生で食堂を営む美幸()は店じまいをした後、ある人物と連絡を取る。

美幸「もしもし、里子ちゃん…あのね…」

この電話が意味することは一体。

【監察医朝顔2】8話の感想とまとめ

一人ぼっちの朝顔

8話から朝顔は父親、夫と離れて暮らすことになります。娘のつぐみもお泊り保育と朝顔は1人で過ごすことになります。

おそらく初めてのことで広い万木家に朝顔が一人で過ごすのはなんともいえない悲しさがあり、見ていてしんどかったです。

バラバラ事件は朝顔家を暗示

さらに法医学で扱う事件もバラバラ殺人としんどかったです。

  • 娘を失い、バラバラになった家族
  • 父親の悲しみと怒り、復讐
  • さらに息子に大きな影を落とす

悲しみは連鎖していきました。

朝顔たちは真実を明らかにしてこの悲しみに向き合うことしか出来ないのですね。

まるで2つのバラバラ事件は現在の万木家と朝顔の心情を暗示しているかのようでした。

そして、ラストもまた衝撃の展開です。母親の里子は生きているのでしょうか。今後に展開からますます目が離せません。

次回、2020年最後の【監察医朝顔2】は2時間スペシャルです。

2020/12/28(月)21:00~の放送をお楽しみに。

【監察医朝顔2】8話の視聴率

【監察医朝顔2】8話の視聴率は10.1%でした。

【監察医朝顔2】の関連記事

7話ネタバレと感想 9話(2時間SP)ネタバレと感想

コメント