【彼女、お借りします】5話のネタバレと感想!和也(大西流星)と千鶴のキスは人工呼吸!

彼女、お借りします

【彼女、お借りします(かのかり)】5話のネタバレと感想!和也(大西流星)と千鶴のキスは人工呼吸!

【彼女、お借りします(かのかり)】5話が8月20日深夜(関東地区)に放送されました。

和也(大西流星)に千鶴()が人工呼吸!

和也は自分の気持ちに気づき……。

瑠夏()は何者?衝撃発言に注目!

テレビ朝日【彼女、お借りします(かのかり)】5話のネタバレと感想を紹介します。

見逃し配信:【彼女、お借りします】全エピソードは、Huluで!(2022年8月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

【彼女、お借りします】5話のネタバレ

【彼女、お借りします】5話のネタバレを紹介します。

千鶴の人工呼吸

遊覧船から転落した水原千鶴()が砂浜に打ちあげられ意識を戻すと和也(大西流星)が気を失って倒れていた。

周りには誰もいない。

人口マッサージをしても意識を戻さない。

和也は夢の中でもう戻れないかもと思っている。その時、千鶴が人工呼吸をする。
息を吹きかえした和也。

その後、無事に港に戻り、簡単な検査をするため病院に行くことになる。

「ごめん、あそこまでしてくれて」と言うと「当然でしょ、彼女なんだから」と答える。

和也は千鶴はレンカノ。キスくらい大したことないか、と思う。

麻美は、二人の姿を見てツンとして行ってしまう。

木部(金子隼也)は、千鶴のために命を賭けたんだから、好きだということ。だから、繋ぎとめろ、と言う。

まさかレンカノとは知らない木部。

和也は、人工呼吸だって命を救うためのものだ、千鶴は仕事だから彼女のふりしているだけ、そう言い聞かせる。

ガチ恋なんてバカみたいだ、と思う和也。

「この想いだけは、とっくに返却不可」だと気づく。

和也は千鶴にガチ恋

東京に戻る。

和也は女子高生()とぶつかる。

スカートを手で押さえて「変態」と言われる。

**

大学に行き眼鏡の千鶴を見てドキドキする。

すると、千鶴から、じっと見つめるなんて何?このダラダラした関係は終わりにしょう、と言われてしまう。

和也はまたしてもドキドキ。
思わず「なんだよこれ」と自分の気持ちに驚きつつ、バッグを抱えて転がり始める。
ここで「これってアオハルですか?」「夢中さ君に?」のテロップが。

**

和也の祖母=和(木野花)が退院した。

和也は千鶴と病院に。千鶴は和に「自分が嘘をついていたらどうするか」と聞くと和は、嘘は誰でもつく、と言い「(千鶴が)宇宙人でも好きだ」と言ってくれた。

和也は千鶴のことをもっと知りたいと思い「許されるならレンタルしたい」と思い切って告白。

千鶴は「いいよ」とOKを出す。

**

麻美(秋田汐梨)は、和也とのキスを思い出している。
弟が「あの人来たよ」と呼びにくるも、出て行かない。

「男でききたのか」という弟に「出てけ」と言う。

もう、恋なんてしないと決めてる、とつぶやく。

**

千鶴は、レンタルされるのはOKだけど、お金は貰うし、彼女の時はいつも通りするからと念を押す。

祖母たちが傷つかないように別れる方法を考える千鶴は「本当の彼女を作ればいい」と提案する。

この時、栗林(鈴木康介)と偶然出会う。

栗林は彼女が出来たと言い、ダブルデートをしようと言い出した。

瑠夏は栗林の彼女

翌土曜日。

ダブルデート。

栗林の彼女は、道でぶつかった女子高生だった。

名前は更科瑠夏。

千鶴に負けず劣らずの美少女だと目をまん丸にする和也を千鶴がにらみつける。

4人でボルタリングに行く。

和也は栗林にどうやって付き合ったの?と聞くと、栗林は「男らしさに惹かれたんだ」と自慢げ。

和也と栗林に聞こえない場所で、瑠夏は千鶴に「あなた、レンタル彼女ですよね」と言う。

<続く>

【彼女、お借りします】5話の感想

【彼女、お借りします】5話の感想を紹介します。

テレビ東京系ドラマ『メンズ校』主題歌「アオハル」と大西流星さんが出演したドラマ『夢中さ君に』が文字になって画面に!ファンから喜びの声が。

【彼女、お借りします】5話のまとめ

【彼女、お借りします】5話は、衝撃のキスシーン(人工呼吸)からスタート!和也が千鶴を本気で好きなことに気づきます。思い切って告白したものの、それはレンタルを延長したことで、本当に付き合っているわけではありません。いつか別れなくちゃいけないの?と思ってしまいます。そんな時、瑠夏が登場。瑠夏は千鶴の正体を知っています。あやしい展開になってきました。麻美も和也を好きな様子。ひと波乱起きそうな予感がします。

次回予告

・千鶴と和也が瑠夏の前でキス!?

・瑠夏を追う和也にストーカー疑惑!

次回もお楽しみに♪♪

コメント