【彼女、お借りします】2話のネタバレと感想!和也(大西流星)と麻美が復活!?

彼女、お借りします

【彼女、お借りします(かのかり)】2話のネタバレと感想!和也(大西流星)と麻美が復活!?

大西流星主演・実写ドラマ【彼女、お借りします(かのかり)】2話が7月9日深夜、関東地区で放送されました。

和也(大西流星)は、千鶴(桜田ひより)とはもう関わらないと思っていたが、偶然が重なり再びレンタルを依頼!

麻美(秋田汐梨)と千鶴がバトル!?

テレビ朝日・ABCテレビ【彼女、お借りします(かのかり)】2話のネタバレと感想を紹介します。

見逃し配信:【彼女、お借りします】全話は、Huluで配信しています。(2022年7月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

【彼女、お借りします】2話のネタバレ

【彼女、お借りします】2話のネタバレを紹介します。

和也と千鶴の重なる偶然

大学で千鶴(桜田ひより)に会った和也(大西流星)。
木部(金子隼也)と栗林(鈴木康介)に知り合いかと聞かれて「別人だった」と答える。
木部たちは、千鶴のことを文学部の市原だと噂する。
大学での千鶴は眼鏡をかけパッとしない。レンタル彼女の時とはまるで別人だ。

千鶴はバイトの件は内緒にしてと和也に言う。和也もレンタル彼女とデートしたことは黒歴史。誰にも知られたくはない。
こうして、二人は口外しないと約束する。

和也が帰宅。
ちょうど、隣の人も帰宅したところ。挨拶をしながら顔を見ると、それは千鶴だった。
まさかの隣の人とは!二度目の驚き。

週一のレンタル彼女

祖母の和(木野花)がアパートに来ると連絡がある。和は、千鶴に会うのを楽しみにしている。
和也は、取り急ぎ、千鶴に彼女のふりをしてほしいと頼みこむが「無理」だと断られてしまう。

和がやってきた。
千鶴はバイトだからというと、和は夜までいるからと、会うまで帰らないつもりらしい。
そうして、夜になる。

千鶴は、隣のことが気になる。
ベランダから和也の部屋を覗く。

和也が「話がある」と和に言う。
和は、千鶴と別れたと察していた。和也は今までモテたことはない。千鶴が和也を好きになってくれたことに感謝をしていると言う。

和也は、本当のことを言おうとすると、そこに千鶴が。
「ごめん、遅くなっちゃった」と料理を持ってやってきた。
千鶴は、和の前で彼女のふりをしてくれた。

和也は、千鶴にお金を渡す。
千鶴は「いらない」と言うが、和也は、毎週レンタルするから、と言う。
水曜日が和のお見舞いに行く日だからだ。
千鶴はその日だけ、和のためにとレンタル彼女を受けると約束してくれた。

**

大学で麻美(秋田汐梨)に会う。
やっぱり、カワイイ、と未練たらたらの和也。

木部と栗林にからかわれる和也。
木部は、麻美のことはあきらめろ、と助言。

麻美の誘惑

水曜日。
千鶴と一緒に和を見舞う。
その帰り、手を繋いで歩く。

可愛い千鶴と歩くと、周囲から注目される。
その時、木部と栗林と出会う。

和也は千鶴を彼女だと紹介。
すると、ふたりは、大学の地味な千鶴だとは思わず、千鶴を飲み会に誘う。

千鶴はニコニコしながら、飲み会に。
二人きりになると「どういうつもりか」と激怒。
和也は、頼む、とお願いする。

こうして飲み会の席にいくと、そこに、麻美がいた。
一瞬、場が凍りつく。

帰りたい、と思う和也。
麻美は、場をとりつくように、彼氏ができたと話す。

和也は、俺と何もしてくれなかったのに、と怒りがわいてくる。
トイレに行き、頭を冷やす。
席にもどると、麻美が千鶴と話していた。麻美は、和也が童貞だと話し、デートのことまで話し始める。

千鶴は麻美がデートのことを話すのはNGだとピシャリ。
不快だ、和也くんのことを悪く言わないで、と千鶴。

和也は思わず麻美を庇う。
千鶴は帰ってしまう。
和也は、自分の情けなさに落ち込む。

酔った和也のところに麻美が。
肩を貸してくれ歩き出す。

麻美は、うちが近いから休んでいけば、と誘ってきた。

<続く>

【彼女、お借りします】2話の感想

【彼女、お借りします】2話の感想を紹介します。

【彼女、お借りします】2話のまとめ

【彼女、お借りします(かのかり)】2話は、和也と千鶴が再びレンタル関係になりました。大学も同じでしかも隣同士。こんな偶然は、恋の始まりだとも思えてしまいます。千鶴もなんだかんだと言いながら、和也のことを気にしている様子。

ただ、麻美が千鶴をライバル視しているようで、和也を誘惑しているとも思えるラストシーン。まさか、誘惑に負けちゃう!?続きがとても気になりますね。

原作の流れと同じに物語が進んでいます。今後の恋の展開が楽しみです。

次回予告

・麻美と和也が急接近!?

次回もお楽しみに♪♪

記事内画像:【彼女、お借りします】公式サイト

コメント