スポンサーリンク

【彼女はキレイだった】8話ネタバレと視聴率!デレデレな宗介にモヤモヤ!

【彼女はキレイだった】8話ネタバレと視聴率!デレデレな宗介にモヤモヤ!

【彼女はキレイだった】8話が2021/8/31(火)に放送されました。

ついに愛の正体に気づいた宗介。今までとはうって変わってデレデレっぷりを発揮。

一方で宗介にモヤモヤする部分も!!

今回の記事では【彼女はキレイだった】8話「愛情と友情の狭間!仲間たちの絆と決意」のネタバレと感想、視聴率をお伝えします。

【彼女はキレイだった/日本版】配信情報

【彼女はキレイだった/日本版】はFODプレミアムで配信中。

さらにリメイク元となった【彼女はキレイだった/韓国版(字幕版)】も配信中。さらに今なら韓国版第1話を無料で配信しています。


ADVERTISEMENT

【彼女はキレイだった】8話のネタバレ

宗介を受け入れきれない愛

宗介()はすぐ傍にいて惹かれていた愛()こそがずっと探し求めていた初恋の相手だと知る。

愛もまた宗介への想いが抑えきれなくなり、樋口()の告白を振り切って彼の元に急ぐ。

そして、2人は本当の意味で再会することが出来た。

だが、愛は自分の代役をしてくれていた梨沙()のことが気がかり。宗介の告白を素直に受け入れることが出来なかった。

帰宅後、梨沙は宗介のことはもう関係ないとばかりに気丈に振舞う。

そして、ゴミ箱から梨沙が宗介へ宛てた手紙を発見する。

ごめんなさい。ずっと貴方に嘘を付いていました。本当の佐藤愛は私の親友です。

2人の邪魔をしてしまってごめんなさい。好きになってしまってごめんなさい。

貴方は私の初恋です。それだけは嘘じゃない。

今回の事は愛は何も知りません。愛が最初に付いた嘘(自分に代役を頼んだこと)は貴方に嫌われたくない一心でしたことです。

2人の幸せを心から願っています。

そこには宗介への謝罪と想いが綴られていた。愛は梨沙が本気で宗介を愛してしまった事実を知ってしまう。

もうすぐ梨沙の誕生日も近いのに愛はいたたまれなくなってしまう。

翌日、宗介は愛と再会できたことでウキウキ。愛を家まで迎えに来る。だが、愛は梨沙のこともあり、宗介を避けてしまう。

編集部崩壊の危機

編集部では樋口が有給を取り休んでいた。どうやらヘッドハンティングの噂があるらしい。

愛の童話企画が掲載された「ザ・モスト」が発売される。だが、肝心の売り上げはライバル誌に届かなかった。

宗介は常務の岸田()から呼び出されて最後通告を受ける。廃刊を救うチャンスは後1回しかない。

さらにその会話を里中()に聞かれてしまい、廃刊の危機にあることが全編集員に知れ渡ってしまう。

重大な事実を隠していた宗介にリーダー格の岡嶋唯子()が「判断ではなく、独断です!!」と厳しく非難。

彼女にとって「ザ・モスト」は人生そのもの。自分の気持ちを踏みにじられたと感じ、我慢できなかったのだ。

他の編集員もそれに続いて、廃刊をかけた次号の制作を拒否してしまう。

愛の訴えと樋口の忠告

翌日、宗介は1人でも次号を作ろうと孤軍奮闘する。そこに愛が徹夜で作った企画案を持ってくる。

宗介からの評価は厳しいものであったが、宗介は「岡島が前に作った企画書と合わせれば何かヒントになるかも」とする。そして、宗介は「ありがとう」と礼を言う。

その夜、愛は岡嶋を誘って飲みに。自分も廃刊の危機にあるのに黙っていたことを謝る。

岡嶋は「副編集長(宗介)に口止めされたのでしょう」と気にしていない様子。さらに「本国の人間だから私達の気持ちなんて考えていない」と続ける。

それに対して愛は宗介が就任する前からの部員全員の企画書に目を通していたことを説明。「皆さんを頼りにしているんです」と訴える。

一方、宗介は今日も一人で残業。そこに樋口が現れた。廃刊の危機を知らされ、編集員の気持ちを代弁するかのような忠告する。

樋口「馬鹿なんですか?この期に及んで一人で抱え込んで。だから皆、貴方に付いて行っていいのか迷うんです!ただ、(愛が選んだ)貴方にがっかりしたくないだけです。一人の男として。」

そう言って樋口は去って行った。

宗介の発破

宗介が帰ろうとすると今度は愛が登場。話をすることに。

宗介は「一人で責任を抱え込むほうが楽だと思っていた。皆の気持ちを考えていなかった」と嘆く。

愛は「(皆が)知りたいのは正直な気持ちだから」と励ます。

話は愛が自分を最近避けていることについて。宗介はその理由が親友(梨沙)のことだと薄々気づいていた。

宗介は愛の肩に手を掛け「急がなくていい。だけど、大切だと思う人の手を絶対に離しちゃ駄目だ」と発破を掛ける。

愛と梨沙は本音をぶつけ合う

翌日、愛は仕事終わりの梨沙を待ち伏せ。話をしようとする。だが、梨沙は愛の顔を見た途端、逃げ出してしまう。

追いかける愛。だが、公園の大きな木の下に差し掛かったところで転んでしまう。心配して立ち止まる梨沙。

愛「もう嫌だ。どうしたらいいのか分かんない!!梨沙が居ないなんてやだよ!!たった1つのことで楽しかった思い出が全部無くなるなんてやだよ!!」

涙ながらに訴える愛。梨沙もまた涙を浮かべながら本音をぶつける。

梨沙「私ね辛かったよ…駄目なのに宗介の事をどんどん好きになっちゃって…でも一番は辛い時に愛に“辛い”って言えなかったことが一番辛かった…愛、ごめんなさい…!」

梨沙と愛はお互いに涙をぬぐう。そして、愛は誕生日ケーキを渡す。走ったせいでぐちゃぐちゃになっていたが、気持ちはしっかりと伝わった。

その夜、疲れて寝てしまった愛に毛布をかける梨沙。そして、宗介にメール。

梨沙「今までありがとう。愛の事をよろしく。宗介の事が好きでした。」

メールを送った後、梨沙は今度こそ宗介の連絡先をそっと削除するのだった。

宗介の部員への思い

翌日、樋口に宗介から「今日、編集部で待っている」とメールが届く。

空気の重い編集部。そこに宗介が出勤し、部員一人一人の名前を呼び頭を下げる。

宗介「まずはこんな大事なことを黙っていて申し訳ございませんでした。重責は自分一人で十分だと考えていました。でもそれ以上に皆さんの能力があれば立て直せると考えていました。」

何よりも皆さんがモストを愛する気持ちを信じています。一緒に戦って下さい。

そこに樋口が戻ってくる。モストを離れる気は無いようで手土産をして次の号の企画も持って来てくれた。

宗介の気持ちが編集部員に伝わり、一同は気合を入れ直す。

そこに編集長の蘭子()が登場。編集部が一つになったことを喜ぶ。だが、悪いニュースも。「ザ・モスト」廃刊の危機がすでにネットニュースになっていた。

そのニュースを見た岸田は不敵な笑みを浮かべる。(岸田がリーク?)

更なる危機

愛と宗介は一緒に帰る。宗介は説得できたのは愛のおかげと礼を言う。

宗介「ずっと愛のことが…」

その言葉を愛が遮って続ける。

愛「宗介が好き。私も同じ昔も今も。」

愛の方からプロポーズ。こうして2人は真の意味で結ばれた。

愛と別れた後、宗介は信号に差し掛かる。

宗介「よし!出発!」

愛の真似をして渡ろうとしたその瞬間、宗介は倒れてしまうのだった。

【彼女はキレイだった】8話のポイント

  • 愛は梨沙の事が気がかりで宗介の事が受け入れきれない
  • 廃刊の危機を黙っていたことがバレ、部員たちはボイコット
  • 愛と宗介はお互いを励ましあう
  • 愛と梨沙は本音をぶつけ合い仲直り
  • 宗介は部員達に頭を下げ、一致団結
  • 愛は宗介に改めてプロポーズをして結ばれる
  • 宗介が過労で倒れてしまう

【彼女はキレイだった】8話の感想

デレデレの宗介

第8話では愛と梨沙が本音をぶつけ合い、仲直りすることが出来ました。

宗介も部員達に頭を下げ、崩れ掛けた人間関係は元通りに。

それにしても初恋の人よりも親友の気持ちを優先する愛がいい子過ぎます。宗介が惚れこんでデレデレするのも納得です。

宗介はデレデレが加速。特に朝、愛と会う前に鏡の前で笑顔の練習をするのが可愛過ぎます。

初期のころのツンツン具合からは想像できないデレデレっぷりです。

宗介にモヤモヤ

一方で宗介にモヤモヤする部分が。愛と再会した後、梨沙の事はどこか行ってしまった様子。

梨沙について言及したのは愛の様子がおかしかったの察しての事。直接会ってすらいなく、良くも悪くも愛のことしか見ていないようです。

梨沙からのメールを受け、いい思い出にするということでしょうか?

宗介からの梨沙へのフォローくらいはあって欲しく、モヤモヤが残りました。

【彼女はキレイだった】8話の視聴率

【彼女はキレイだった】8話の視聴率は分かり次第、お伝えします。

次週予告

次回の【彼女はキレイだった】は宗介が大ピンチに。さらに追い討ちをかけるように「ザ・モスト」に更なる危機が。

2021/9/7(火)21:00~の放送をお楽しみに。

7話 9話

コメント

タイトルとURLをコピーしました