【彼女はキレイだった/日本版】キャスト・相関図!中島健人×小芝風花で名作をリメイク!

【彼女はキレイだった/日本版】キャスト・相関図!×で名作をリメイク!

2021年夏フジテレビ火曜9時のドラマは中島健人×小芝風花W主演【彼女はキレイだった】に決定!

韓国で放送され、最高視聴率19.7%を記録した名作ドラマのリメイクとなります。

中島健人の“エリートドS男子”と小芝風花の“残念女子”の胸キュンストーリー。韓国の名作は日本でも大ヒット確実?

今回の記事では【彼女はキレイだった/日本版】キャスト・相関図、見どころなどをお伝えします。

【彼女はキレイだった/日本版】配信情報

【彼女はキレイだった/日本版】、リメイク元となった【彼女はキレイだった/韓国版(字幕版)】はFODプレミアムで配信中。

さらに今なら韓国版の第1話を無料で配信しています。


ADVERTISEMENT
  1. 【彼女はキレイだった/日本版】のキャスト 4人の主要人物
    1. 中島健人(役:長谷部宗介)
    2. 小芝風花(役:佐藤愛)
    3. 赤楚衛二(役:樋口拓也)
    4. 佐久間由衣(役:桐山梨沙)
  2. 【彼女はキレイだった/日本版】のキャスト 子役
    1. 高木龍之介(役:長谷部宗介/幼少期)
    2. 白水ひより(役:佐藤愛/幼少期)
  3. 【彼女はキレイだった/日本版】のキャスト 「ザ・モスト」編集部と文講出版
    1. 髙橋優斗(役:里中純一)
    2. 宇垣美里(役:須田絵里花)
    3. 片瀬那奈(役:岡島唯子)
    4. 本多力(役:宮城文太)
    5. 寒川綾奈(役:東今日子)
    6. 山田桃子(役:小松麻利奈)
    7. 村瀬紗英(役:風見若葉)
    8. LiLiCo(役:池沢蘭子)
    9. 木村祐一(役:岸田庸司)
  4. 【彼女はキレイだった/日本版】のキャスト 家族・親族
    1. 原大吉(役:佐藤豊)
    2. 松田陽子(役:佐藤明里)
    3. 吉田莉桜(役:佐藤桃)
    4. 中田敦夫(役:桐山満雄)
  5. 【彼女はキレイだった/日本版】その他のキャスト
    1. あづみ昌宏(役:愛の上司)
    2. 日高のり子(役:夏川ちかげ)
    3. ?(役:楠瀬凛)
  6. 【彼女はキレイだった/日本版】の相関図
  7. 【彼女はキレイだった/日本版】のあらすじ
  8. 【彼女はキレイだった/日本版】のスタッフ
  9. 【彼女はキレイだった/日本版】の見どころ
    1. 名作の韓国ドラマをリメイク
  10. 【彼女はキレイだった/日本版】の放送日

【彼女はキレイだった/日本版】のキャスト 4人の主要人物

中島健人(役:長谷部宗介)

登場人物:長谷部宗介(はせべ そうすけ)

・子供時代

太っていた為、いじめを受けていた。幼馴染の佐藤愛だけは自分に優しくしてくれ、彼女に恋心を抱く。

・現代

駄目な自分を払拭し、イケメンのエリートに成長。世界的なファッション雑誌「ザ・モスト」を手がける出版社(ニューヨークの本社)でバリバリ働いている。

日本では落ち目になってしまった「ザ・モスト」日本版と編集部を立て直す為に文講出版に移動。副編集長兼クリエイティブディレクターに就任。

仕事は出来るが、部下に厳しく毒舌家で無愛想な“ドS男子”。

編集部で初恋の相手・愛と再会することになる。が、ある理由から彼女を同姓同名の他人だと思い込み、厳しく接するようになる。

2話で判明

部下達に厳しいのは持っている潜在能力を引き出す為。期待しているからこそ厳しくしている。また、動揺させない為に「ザ・モスト」廃刊の危機は伏せている。

仕事に対して異常なほどの集中力を持っている。タブレットを使っている時は周囲の問いかけにも気づかないほど。

3話で判明

極度の下戸。ウーロンハイを一口飲んだだけで気絶してしまう。

食事もほとんど取っておらず、自宅の冷蔵庫には水しかない。

仕事に打ち込む愛を次第に認めるようになる。

4話で判明

幼い日に母親を事故で亡くしている。今でも雨の日に事故を見るとパニックに陥ってしまう。

楠瀬凛の小説を好んで読んでいる。

6話で判明

目の前にいる愛(梨沙)に違和感を感じてしまう

キャスト:中島健人

ジャニーズ事務所のアイドルグループ・Sexy Zoneのメンバー。

  • 2018年秋日本テレビ「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」主演・斑目勉 役
  • 2019年フジテレビSPドラマ「砂の器」和賀英良 役
  • 2020年夏日本テレビ「未満警察 ミッドナイトランナー」主演・本間快 役

等のドラマにも多数出演。

小芝風花(役:佐藤愛)

登場人物:佐藤愛(さとう あい)

・子供時代

裕福な家庭に生まれ何不自由なく育った容姿端麗、成績優秀な美少女。彼女だけは宗介に優しく接していた。そして、彼女も心優しい宗介に惹かれる

・現代

ところが父親の会社が倒産。自分を磨くのを忘れるほどに苦労し続けた結果、ルックスが劣化。自分自身に自信を無くし、現在無職の“残念女子”になってしまう。

それでも明るく振舞いお人よしな性格

大手出版社・文講出版の総務部に拾われ、ひょんなことから3ヶ月限定で「ザ・モスト」の編集部へ出向。つまり、宗介の下で働くことになる。

自分とは間逆の成長を遂げた宗介に引け目を感じ、彼に正体を打ち明けずにいる。

1話で判明

無職になった理由は会社が倒産した、社長が逮捕されたなど本人の資質とは関係ないところが多い。むしろ家業の手伝いから校閲やパソコン操作は得意。

ただし、ファッション面は基本的なブランドも知らないなど致命的。

2話で判明

親友の梨沙の協力もあり、ファッションの勉強を開始。徐々に編集部員達の信頼を得ていく。

3話で判明

宗介が必死の思いでダメな自分を変えたと知り、一念発起。雑務だけではなく、企画の仕事にも挑戦するように。

4話で判明

宗介から風予防として玉ねぎを貰う。スマイルマークを描き、コップの水に刺して机に飾るようになる。

5話で判明

「自分を変えたい」と決意をして、自身のメイクやファッションを見直す。そして、別人のように綺麗になる。

6話で判明

童話作家への交渉を任されるほど仕事面でも大きく、成長する。

キャスト:小芝風花

オスカープロモーション所属の女優。2011年「イオン×オスカープロモーション ガールズオーディション2011」でグランプリを受賞しデビュー。

  • 2020年春日本テレビ「美食探偵 明智五郎」ヒロイン・小林苺 役
  • 2020年TBS・SPドラマ「書類を男にしただけで」主演・箕輪裕希 役
  • 2021年テレビ朝日「モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜」 主演・清水萌子美 役

等に出演。

中島健人&小芝風花インタビューコメント

――ドラマ主演の話を聞いた感想は?――
中島「この夏、ラブストーリーをみんなで作っていけるということにまず喜びを感じましたし、とにかく歴史に残る夏になると思うので、そのときに僕たちが一緒に『彼女はキレイだった』という素敵な作品を描けるということがとてもうれしかったです。」

小芝「韓国版のドラマを見させていただいてすごく面白くて、キュンキュンして楽しかったので、それを私たちがリメイクできるというのがすごく光栄だなと思いましたし、味わわせてもらったキュンキュンを日本の皆さんにも味わっていただけるように全力で頑張りたいなと思いました。」

――ドラマに対する意気込みを教えてください――
中島「たぶん僕史上一番のドSな役で、“最恐毒舌”ということで、まずは嫌われないように頑張ろうと思います(笑)それからちゃんとふたりセットで応援してもらえるようにたくさんの方をキュンキュンさせていきたいなと思っています。」

小芝「実はラブストーリーが初めてなんです! だから、キュンキュンってどうしたら表現できるんだろうっていうのがちょっとまだ不安要素としてあるので、キュンキュンの大先輩・中島さんに引っ張っていただきながら頑張りたいなと思っています。」

――ドラマの台本を読んでお互いの役柄の見どころは?――
中島「小芝さんが演じる愛ちゃんは成長して、徐々に徐々に素敵な女性になっていくという過程を歩むので、その過程がたくさんの方に応援されていく部分だと思いますし、とにかく“人は恋をする”と人生を変えられる”というところがこのドラマのキーポイントでもあると思うので、そこを愛ちゃん演じる小芝さんがどう演じていくのかなっていうのが楽しみですね。」

小芝「急にプレッシャー…(苦笑)。」

中島「国民の代表になりますので(笑)。」

小芝「中島さん演じる宗介の一番のいいところは“ギャップ”なんですよね。Sっ気の強い毒舌キャラなんですけど、好きな人に対するときだけ180度変わるんです!接し方だったり、笑顔だったり。そのギャップで世の女性たちを狙い撃ちしていただいて、キュン死にさせていただきたいなと思います。」

中島「キュン死にさせていこう!させていきます!頑張ります!」

――視聴者にメッセージをお願いします――
中島「この夏忘れられないラブストーリーをみんなで作っていこうと思っています。みなさんにとって、何十年先も愛していただけるドラマになるようにしっかりと頑張りますので、よろしくお願いいたします。」

小芝「この作品はみんな脇役じゃなく、みんなが主人公になれるところがすごく大きなキーポイントになっていて、見ていただける皆さんも「みんなが主人公なんだよ!」というメッセージを届けられたらいいなと思っています。頑張ります!」

引用:8カンテレ「彼女はキレイだった」

赤楚衛二(役:樋口拓也)

登場人物:樋口拓也

「ザ・モスト」編集部のフィーチャー班に所属。掴みどころのない性格をしているが、明るく、チームのムードメーカー

宗介に雑に扱われる愛を気に掛け、彼女の良き相談相手となる。

やがて愛に想いを寄せる様になって行き。

3話で判明

宗介と愛が幼馴染で初恋の相手だと知る。

「初恋は取られちゃったけど」と愛に割りと本気のプロポーズ。

4話で判明

梨沙の代役を含め、3人の関係を全て知ってしまう。

キャスト:赤楚衛二

トライストーン・エンタテイメント所属。2013年、サマンサタバサのメンズメンズ部門でグランプリを受賞。2015年より俳優としても本格的に活動を開始。

  • 2019年12月5日冬MBS「ねぇ先生、知らないの?」主演・城戸理一 役
  • 2019年12月17日フジテレビSPドラマ「パニックコマーシャル」主演・新倉泰斗 役
  • 2020年秋テレビ東京「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」 主演・安達清 役

等に出演。

佐久間由衣(役:桐山梨沙)

登場人物:桐山梨沙

愛の友人の女性。オシャレ女子であり、レストランのマネジャーとして働くキャリアウーマン

愛とは対照的に超が付くほどの美女で男性からモテモテ。だが、本気の恋愛をしたことがないと感じている。

家庭環境に問題があり、精神的に支えてくれた愛と唯一無二の親友となる。長年に渡り愛と同居、自分に自信のない彼女を支えている。

愛に頼まれ、代役として宗介に会うことになる。が、次第に彼に惹かれてしまう

2話で判明

父親はレストランのオーナー、コネで今の地位についている。

だが、母親は捨てられた上に亡くなっており、親子関係は険悪。

3話で判明

拓也と知り合いになり、相談相手になって貰うように。

6話で判明

宗介への思いが抑えられなくなってしまう。

キャスト:佐久間由衣

プラチナムプロダクション所属。2013年、ファッション雑誌『ViVi』のでグランプリを受賞し、専属モデルに。2017年3月に卒業し、女優業に専念する。

  • 2015年冬フジテレビ「トランジットガールズ」主演・志田ゆい 役
  • 2017年前期NHK連続テレビ小説「ひよっこ」助川時子 役
  • 2019年夏カンテレ「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」主演・関口優佳 役

等に出演。

【彼女はキレイだった/日本版】のキャスト 子役

高木龍之介(役:長谷部宗介/幼少期)

彼女はキレイだった 高木龍之介
画像引用:画像引用:高木 龍之介 ? スマイルモンキー

キャスト:高木龍之介

子役事務所スマイルモンキー所属。多くのドラマや再現VTRに出演し、活躍している。

白水ひより(役:佐藤愛/幼少期)

キャスト:白水ひより

アミューズ所属。「アミューズ 全県全員面接オーディション 2017 ~九州・沖縄編~」審査員特別賞受賞を受賞し、デビュー。その後はCMなどに出演

【彼女はキレイだった/日本版】のキャスト 「ザ・モスト」編集部と文講出版

「ザ・モスト」を支える個性的な社員達。

髙橋優斗(役:里中純一)

登場人物:里中純一

デジタル班所属の若手デジタル・エディター。デジタルの分野を主に担当している。

性格は人懐っこく気配りも出来る好青年。一方、ドジな面もある

補足

韓国版(原作)を考えと、上記の4人に次ぐ出番の多さ。

彼を中心にした恋愛模様が描かれており、日本版では彼を主役にしたスピンオフにも期待が高まります。

キャスト:髙橋優斗

ジャニーズJr.のアイドルグループ「HiHi Jets」のメンバー。

  • 2020年夏フジテレビ「SUITS/スーツ2」 高山雄哉 役
  • 2020年秋日本テレビ「#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜」 八木原大輝 役
  • 2021年4月15日テレビ東京「DIVE!! 」主演・沖津飛沫 役

等に出演。

宇垣美里(役:須田絵里花)

登場人物:須田絵里花

若手の女性編集部員。コスメやメイクを主に担当しているビューティー・エディター。

やや勝気な性格で「嫌なことは嫌」とはっきり言うイマドキ女子

仕事よりも合コン優先で、愛に面倒ごとを押し付けることもしばしば。

玉の輿に乗るのが夢。

キャスト:宇垣美里

元TBSテレビアナウンサー。2011年にミスキャンパス同志社のグランプリを受賞。

2014年4月、TBSテレビに入社。ニュースやバライティにも数多く出演し、人気の女子アナに。

2019年2月にTBSを退社しフリーアナウンサーとなる。

アナウンサーとしてのドラマ出演はあったが、【彼女はキレイだった/日本版】が本格的な女優デビューとなる。

6話で判明

編集部に会長の息子がいることを知る。正体を探りつつ、玉の輿を狙いだす。

片瀬那奈(役:岡島唯子)

登場人物:岡島唯子

編集部エグゼクティブ・ファッション・エディター。

「ザ・モスト」創刊時から携わっている古株であり、リーダー格

部下には厳しい面もあるが情に熱く、誇りを持って仕事に打ち込んでいる。

次期副編集長と言われていたが、外部から来た宗介にそのポジションを渡すことになる。

1話で判明

出向してきた愛の直属の上司となり、面倒を見る。

キャスト:片瀬那奈

1998年、「旭化成水着キャンペーンモデル」で芸能界デビュー。その後、歌手や女優業などで幅広く活躍。

等に出演。

本多力(役:宮城文太)

登場人物:宮城文太

編集部エグゼクティブ・デジタル・エディター。10年前に「ザ・モスト」に移動してきた。

前は図鑑を作る部署にいた影響か、つねに釣りベストを着用。ファッション雑誌編集部に所属している割には服装に無頓着な面がある。

キャスト:本多力

1998年に立命館大学産業社会学部に入学後、同年9月から演劇サークル「演劇集団Q」に所属。1999年5月から、「ヨーロッパ企画」に所属し俳優業を続けている。

等に出演。

寒川綾奈(役:東今日子)

登場人物:東今日子

編集部ファッション班のファッション・エディター。「ザ・モスト」に憧れて田舎から上京した。

誰に対しても敬語で話をし、丁寧に接する。

一方でプライドと上昇志向が高く、クールな性格。

キャスト:寒川綾奈

ガールズロックバンド「SILENT SIREN」の元メンバー。2012年に脱退後はモデルとして活動。

2021年春日本テレビ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」 - 山崎愛 役で女優デビュー。

山田桃子(役:小松麻利奈)

登場人物:小松麻利奈

編集部ファッション班所属。唯子や今日子のアシスタント(部下)。

色鮮やかなスカーフがトレードマーク

キャスト:山田桃子

元静岡第一テレビのアナウンサー。2013年4月に入社、2018年3月後は女優として活動を開始。

  • 2018年テレビ東京「警視庁ゼロ係シーズン3」吉原美紀(第3話)
  • 2020年冬TBS「病室で念仏を唱えないでください」 ‐ 夏川麻友

等に出演。

村瀬紗英(役:風見若葉)

登場人物:風見若葉

編集部ビューティー班所属。絵里花のアシスタント(部下)をしている。

流行に敏感で、エディターを目指し奮闘している。

キャスト:村瀬紗英

元NMB48第2期生メンバー、2020年に卒業。バライティ番組内の劇中ドラマへの出演はあるが、本作品で本格的な女優デビューとなる。

LiLiCo(役:池沢蘭子)

登場人物:池沢蘭子

「ザ・モスト」編集長。文講出版社の親会社・文講グループ会長の妹であり、それで今の地位についているお飾りではある。

それでもファッションに掛ける情熱は本物であり、「ザ・モスト」の存続を願っている。

毎回異なるド派手な衣裳を着て登場するのがお約束

キャスト:LiLiCo

ショーパブで働くなど長い下積み生活を経て、現在では映画コメンテーターとして幅広く活躍。

  • 2019年春TBS「集団左遷!! 」第1話 クラブのママ 役
  • 2019年夏TBS「Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜」 第3話 コメンテーター役

等に出演。

木村祐一(役:岸田庸司)

登場人物:岸田庸司

日本語版オリジナルキャラクター。文講出版の常務

採算の取れていない「ザ・モスト」を廃刊にしたいと考えている。

その為、アメリカ本社から立て直しにやって来た宗介と対立する。

キャスト:木村祐一

吉本興業所属の芸人。通称“キム兄”と呼ばれるほどの大ベテラン。

  • 2019年夏日本テレビ「ボイス 110緊急指令室」 沖原隆志 役
  • 2021年冬日本テレビ「レッドアイズ 監視捜査班」山崎辰二郎 役

等のドラマにも多数出演している。

【彼女はキレイだった/日本版】のキャスト 家族・親族

原大吉(役:佐藤豊)

登場人物:佐藤豊

愛の父親。かつて印刷会社を経営し、裕福な暮らしをしていたが倒産。愛や妻に苦労を掛けてしまう。

現在では小さな印刷所を経営しているが状況は芳しくない。それでも前向きに家族を養っている。

ちなみに、愛の強烈な天然パーマは父親ゆずり。

松田陽子(役:佐藤明里)

登場人物:佐藤明里

愛の母親。かつては絶世の美女だったが、苦労するうちにやつれてしまう。

それでも夫を献身的に支える良妻

過去にはフリーランスの校閲で働いていたこともあり、その素質は愛に引き継がれている。

吉田莉桜(役:佐藤桃)

登場人物:佐藤桃

愛の妹で女子高生。美少女に成長しており、常に自分磨きを怠らない

一方、すっかり自分を磨くことを忘れてしまった愛に反発している。

補足

ちなみに原作(韓国版)はヒロインの幼少期と妹は同じ子役が演じていたが、日本版は別人。

さらに設定が大幅に変更。苦しい家計を考慮して国立大学を受験するなど大人びた性格に。

愛への反発や生意気な態度も抑えられている。

中田敦夫(役:桐山満雄)

登場人物:桐山満雄

梨沙の父親であり、彼女が働くレストランのオーナー。

娘に有力な子息と結婚するように迫るなど、まるで道具のように扱っている。

さらに「お前は派手に着飾るばかり」と娘の中身や能力を見ようともしない。

【彼女はキレイだった/日本版】その他のキャスト

あづみ昌宏(役:愛の上司)

登場人物:愛の上司

総務部における愛の上司。

「簡単には辞めなさそう」と言う理由で愛を採用した。

ちなみに原作だと「恋人が出来そうになく、仕事に打ち込んでくれそう」という結構ひどい採用理由。

さすがに日本語版では変更。

日高のり子(役:夏川ちかげ)

登場人物:夏川ちかげ

絵本作家の女性。10年前に引退しており、今は隠居生活を楽しんでいる。

愛は幼いころから彼女の大ファンであり、コラムの執筆を依頼する。

?(役:楠瀬凛)

登場人物:夏川ちかげ

世界中でヒットを飛ばしている覆面小説家。年齢、性別、国籍などの素性は全て謎に包まれている。

宗介は文章や感性の特徴から「日本人では?」と考えている。

以下、リメイク元の韓国版から考え、登場の可能性が高いキャスト。

  • 梨沙の義理の母親:娘との関係が好ましくない
    日本語版では梨沙の父親は再婚していない様子。
  • 梨沙の実母:仕事での成功を優先し、娘を捨て蒸発してしまった
    日本版ではすでに死去。仕事で忙しい夫に振り回され、過労が原因。

等が登場すると思われます。

【彼女はキレイだった/日本版】の相関図

【彼女はキレイだった/日本版】の相関図となります。

彼女はキレイだった 相関図(日本版)

「ザ・モスト」編集部及び、文講出版での上下関係

「ザ・モスト」編集部はファッション、デジタル、ビューティー、フィーチャーの4部門からなっている。

  • 常務(役員):岸田庸司
    会社内での立場は宗介や蘭子よりも上?
  • 編集長:池沢蘭子(お飾り)
  • 副編集長兼クリエイティブディレクター:長谷部宗介
  • エグゼクティブ・エディター:岡島唯子(ファッション)、宮城文太(デジタル)
  • エディター:東今日子(ファッション)、里中純一(デジタル)、須田絵里花(ビューティー)
  • 役職不明:樋口拓也(フィーチャー)
    原作では記者。アシスタントよりは上の地位、エディターの3人と同格?
  • アシスタント:小松麻利奈(ファッション)、風見若葉(ビューティー)
  • 総務部から出向:佐藤愛

【彼女はキレイだった/日本版】のあらすじ

ある幼い日のこと。長谷部宗介は太っていて皆からいじめられていた。そんな宗介に幼馴染で容姿端麗な美少女・佐藤愛だけは優しく接する。

宗介は愛に恋心を抱き、愛もまた心優しい彼に惹かれる。淡い初恋だったが、宗介はアメリカに行くことになり、2人は成長したら再会すると約束する。

月日は流れ、愛(小芝風花)は髪はぼさぼさ、就職も上手く行かない“残念女子”になってしまう。そんな中、宗介から「帰国する。君に会いたい」とメッセージが届く。

愛が待ち合わせ場所に向かうとそこには超絶イケメンに成長した宗介(中島健人)がいた。愛は引け目を感じ、同居している友人の桐山梨沙(佐久間由衣)に代役を頼む。

その後、愛は大手出版社の総務部に就職。ひょんなことから宗介が副編集長を勤める有名ファッション雑誌「ザ・モスト」日本語版編集部に出向することになる。

宗介は大きく容姿が変化した愛のことを同姓同名の別人だと判断。ファッションが何も分からない愛に容赦ない“ドS男子”っぷりを発揮する。

そんな愛を先輩記者の樋口拓也(赤楚衛二)は気に掛ける。やがて、愛は拓也を慕うように。

一方、家族の事で心に傷を負った梨沙は愛に内緒で宗介とのデートを重ねてしまい...

間逆の成長を遂げた“ドS男子”と“残念女子”の“すれ違う初恋”、そして“四角関係”の行方は?

【彼女はキレイだった/日本版】のスタッフ

【彼女はキレイだった/日本版】のスタッフをまとめました。

原作「彼女はキレイだった」
ⒸMBC /脚本 チョ・ソンヒ
脚本清水友佳子
2019年TBS「わたし、定時で帰ります。」
2020年NHK朝ドラ「エール」など
脚本三浦希紗
2019年テレビ東京「死役所」
2020年日本テレビ「ギルティ」など
音楽橋本由香利
演出紙谷楓、木下高男、松田祐輔
プロデューサー萩原崇、芳川茜、渋谷英史
OP曲AwesomeCityClub「夏の午後はコバルト」
主題歌Sexy Zone「夏のハイドレンジア」
制作カンテレ、共同テレビ

萩原崇プロデューサーコメント

誰しもが、小さいころに思い描いていた理想の自分になれているのか、考えたことがあるかと思います。

そして、理想通りになっていると答えられる人はほんのわずかかもしれません。

しかし、本当にそうでしょうか!今の自分が、今よりもっと好きになれる、もっと前向きに頑張れる

そんなエネルギーを感じられる、最高にポジティブで、この夏一番の胸キュンなドラマを、中島健人さんと小芝風花さんという、最高にフレッシュで素敵なおふたりと一緒にお届けします!

中島健人さん史上、もっともドSで“最恐”のイケメンエリートな人物が、どのように変わり、小芝風花さん史上、もっともキュートで残念な女性と恋していくのか、ぜひお楽しみにしてください

引用:8カンテレ「彼女はキレイだった」

主演2人とプロデューサーのインタビューからストーリーの軸を予想

  • “ドS男子”と“残念女子”とのキュンキュンするラブストーリー
  • 愛はファッションの仕事をしながら自分を見つめなおし、成長していく

この2つが【彼女はキレイだった/日本版】の重要な軸になる様子。

【彼女はキレイだった/日本版】の見どころ

名作の韓国ドラマをリメイク

【彼女はキレイだった/日本版】の原作は2015年に放送された同名の韓国ドラマ。

主演は韓国を代表する人気俳優のパク・ソジュン(2020年の「梨泰院クラス」で主演)と人気女優のファン・ジョンウム(2012年の「フルハウスTAKE2」など)。2015年の「キルミー・ヒールミー」以来の再共演で注目を集めました。

  • 韓国での最高視聴率19.7%を記録
  • 同時間帯ドラマの1位を獲得
  • 2015年MBC演技大賞10冠受賞
    日本でいうギャラクシー賞に匹敵する名誉ある賞

など韓国の大ヒットドラマです。

日本での中島健人×小芝風花さんのリメイクに喜びの声が上がっています。

【彼女はキレイだった/日本版】の放送日

【彼女はキレイだった/日本版】は2021/7/6より、フジテレビ火曜9時台の枠で放送。初回は15分拡大スペシャルとなります。

どんな胸キュンストーリーとなるのでしょうか?放送が今から楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました