【ガリレオ禁断の魔術】ネタバレと感想!村上虹郎が復讐犯を熱演、面白いと視聴者の声!

ガリレオ

【ガリレオ禁断の魔術】ネタバレと感想!が復讐犯を熱演、面白いと視聴者の声!

2022年版【ガリレオ禁断の魔術】が9月17日、フジテレビ土曜プレミアムで放送されました。

9年振りの完全新作スペシャルドラマ【禁断の魔術】。

湯川()の相棒は牧村()!

レールガンの製造、殺人事件、爆破事件、ST計画、バラバラの事件がひとつの線になる。

湯川が教え子の古芝伸吾()のために選んだ道は、まさかの殺人?

【ガリレオ禁断の魔術】のネタバレと感想を紹介します。

【ガリレオ禁断の魔術】のネタバレ

【ガリレオ禁断の魔術】のネタバレを紹介します。

湯川と古芝

帝都大学。

古芝伸吾()は医学部に入学した。

古芝は、湯川()に会いに行く。
栗林()が講義をしているが、数式がミスしている。すかさず、古芝が指摘。

古芝は授業が終わった湯川に挨拶をする。

湯川は、古芝が医学部に入学したと聞き、意外だと言う。
古芝はてっきり、科学の道を進むと思っていたからだ。

古芝は科学は人の死を誘うものだと感じていた。

「科学は邪悪な人間の手にかかれば『禁断の魔術』になる。科学者はそれを忘れてはならない」
と湯川。

その帰り、古芝のもとに警察から連絡がある。

**

4か月後。2018年8月。

若いカップル(あかせあかり、時任勇気)の置いていたバイクが突然爆発する。

1か月後。2018年9月20日

湯川をフリーライターの長岡(平原テツ)が訪ねてくる。

殺人事件とスーパーテクノポリス計画

その長岡が殺された。

草薙()と太田川(澤部佑)と牧村()が現場に。

被害者:長岡修・38歳。
死因は、後頭部を一撃。
凶器は、灰皿。
財布や携帯など金目のものがなくなっている。

太田川は強盗だと言うが、牧村は「強盗じゃない」と意見を述べる。

長岡のパソコンを調べる。
9月8日のファイルを発見する。

長岡は、スーパーテクノポリス計画について取材をしていた。

通称ST計画とよび、茨城県光原市に先端科学技術の拠点をつくろうという国の公共事情。
発案者は元文部科学大臣の大賀仁策()。

長岡は光原市の出身でST計画の反対運動の中心人物だった。

**

パソコンの動画は倉庫で撮影されていた。
場所の特定はできた。
バイクの爆破とその動画は酷似していた。

**

草薙と牧村は、湯川の研究室に行く。

長岡のパソコンににあった動画を湯川が見る。
栗林はそれを見て、何か言いそうになる。

壁に穴が開く映像だ。
重機を使った形跡はない。
レーザーでもない。

湯川は動画の入手先を尋ねる。
殺された長岡のものだと聞き、栗林()はうろたえる。

湯川は現場に向かう。

まずは、バイクが爆発した場所、次いで、映像が撮影された倉庫。

湯川は、現場を見たあと、古芝伸吾に電話を掛けるが留守電。

**

光原市。

太田川と牧村は、聞き込みに。

勝田幹夫(越村友一)と米村幸三(中村歌昇)は、光原市は天然の食材が豊富だと語る。
そして、大規模な計画で自然が破壊されてしまう、とも。
放射線物質を扱う工事が強引に始まってしまい、長岡は光原を守ろうと活動していた。
この時、長岡が事件の3日前、湯川に取材をしていたと分かる。

草薙は牧村からその情報を聞き、何故、湯川はなぜ隠していたのかと疑問を持つ。

**

太田川と牧村は、大賀に聞き込みに行くが、秘書の鵜飼(中村雅俊)が対応する。

長岡のことは知らないという回答。

太田川は牧村がグイグイと押していくのでハラハラする。
お偉い政治家に聞き込みをするには、手順が必要だからだ。

**

湯川は、大学の受付に問い合わせ、古芝が退学をしたと知り、クラサカ工機に行く。

そこで倉坂由里奈()から、古芝が辞めたと聞く。

・警察が来ても僕が来たことは言わないでほしい
・古芝から連絡があったら、帝都大学の湯川が会いたがっていた。

このふたつを由里奈に伝える。

湯川は古芝がいた高校の物理学研究会に行く。

古芝は5月頃に来て実験装置を持って帰った。
姉が死んで大学を辞めて就職しなければいけなくなった、と言っていた。

**

由里奈()は、古芝とふたりで過ごした時間を思い出す。

ふたりが仲良くなったのは、由里奈が工場で勉強をしているとき。
古芝が教えてくれたことがキッカケだった。

それから、由里奈は古芝に勉強を教えてもらうようになった。

ある日の夜。

由里奈は古芝が泣いているのを見かける。

容疑者は古芝!?

長尾の発信履歴からクラサカ工機に電話をし古芝のことを聞いていたと分かる。

古芝伸吾・19歳。
母は5歳の時に死に、父は4年前に事故で他界。
4月に姉の秋穂が病死。
9月25日に退職。それは、長岡が殺された2日後。
事件前日、長岡と言い争っているのが目撃されている。

古芝は湯川と同じ高校の出身だと草薙が知る。

**

草薙は湯川に古芝のことを聞きに行くが、湯川は答えようとしない。
栗林の態度がおかしい。そこから、長岡が湯川を訪ねていたと判明。

牧村は古芝の姉=秋穂朝倉あき)死がおかしいという。
死因は卵管破裂により失血死。
妊娠していたが相手はわからない。
秋穂は新聞記者でスーパーテクノポリス計画の取材をしていた。
秋穂はホテルで遺体が発見された。

牧村と太田川はホテルに。
聞き込みから、誰かと待ち合わせをしていた様子。
秋穂が長岡と話していたという証言を得る。

**

草薙は古芝の高校に聞き込みに行く。

古芝が3年生のとき物理研究会が1人になってしまい、廃部にならないために、OBに力を借りた。その時のOBが湯川だ。
先生は、古芝も湯川も教え子だという。古芝に科学を教える湯川は楽しそうだったと話す。

この時、湯川は、伸吾の家で夕飯を食べる。
姉の秋穂の手料理だ。

古芝の父も科学者だった。
「科学を制する者は世界を制する」
それは古芝の父の口癖だった。

古芝は父のことや科学のことを話した。

**

草薙が研究室に。

草薙は高校に行ってきたと告げ、本当のことを話してほしい、と言う。

湯川は、古芝が最初から事件に関わっていたと知っていたと告げる。

長岡と会ったことも告げる。
長岡の動画を見て、古芝が作ったと言った。

それは高校の時に教えた装置だ。

この時、レールガンの仕組みを長岡に説明した。

同じことを草薙にもする。

レールガンは1キロ離れた目的物も撃つことができる。

長岡から「この道具で人を殺すことは可能か」と訊ねられた。

大掛かりな装置で不可能だと告げる。

古芝は、単純に実験をしていただけだ、と湯川。

草薙は、古芝の姉の死についてを告げる。

秋穂が長岡と付き合っていたのかもしれない、とも。

つまり、古芝はレールガンで人を殺すかもしれない、という草薙に、湯川は反論する

「湯川、人は変わる」
という草薙に、湯川は冷たい態度。

部屋を出て行ってしまう。

犯人逮捕

栗林は長岡のことで気になることがあるという。

長岡にペンを貸したとき、内ポケットにペンがあったことに気づき、どうしてペンを持っているのに、ペンを「貸してくれ」と言ったのだろう、と不思議に思っていたという。

湯川は牧村と一緒に長岡の部屋に行き、そのペンを見つける。

そのペンはボイスレコーダーだった。

殺される瞬間が録音されている。
犯人の声が聞こえる。その声は勝田だった。

**

勝田の店は経営がうまくいかず多額の借金をしていた。

反対派の情報を鵜飼に流しお金を貰っていた。

長岡が大賀を潰せるネタを手に入れ、記事にすると言い出した。
しかし、勝田はその記事をお金にしようと思った。記事を出してしまったらお金にならない。そう思い、とっさに、長岡を殴ってしまったのだ。

この時の証拠は鵜飼に渡してしまっていた

**

長岡が掴んでいた情報は、大賀の不倫関係。
長岡は秋穂と大賀のメールのやりとりを入手していたのだ。

秋穂の相手は大賀。
秋穂とホテルで待ち合わせをしていたのは大賀。秋穂が具合が悪くなったのに、大賀は秋穂を置き去りにして逃げたのだ。

古芝は犯人ではなかった。

しかし事件は終わってはいない。

長岡は古芝の殺意を感じ阻止しようとしていた。つまり、古芝が行方をくらましているのは、大賀に復讐しようとしているからだ。

そして、長岡がどうして古芝の復讐計画を知っていたのか。

それは「もうひとり、復讐計画を知る人間がいる」

由里奈の証言

湯川と牧村は由里奈に会いに行く。

由里奈は、古芝が実験をしているのを見る。
古芝は、見た事は誰にも言わないでほしい、と言ってきた。
そして、姉が大賀に見殺しにされたこと、復讐計画を話してくれた。

それから長岡に会った。なんとかして古芝の復讐を止めたくて、長岡にデータを渡した。データには、大賀の声が入っていた。それから倉庫の実験の映像も渡した。
この時、由里奈は湯川の名を出した。

それで、長岡が湯川に会いに行ったのだ。

由里奈は古芝から連絡があったと言う。
古芝は地鎮祭で大賀を殺すと言っていた、と打ち明ける。

**

「科学を制する者は世界を制す」
父の言葉を堂々と公の場で発言する大賀。
姉の秋穂がその言葉を大賀に伝えたことは明らかだった。

古芝は、どうしても大賀を許すことはできない。

**

湯川は古芝の父が働いていた暁重工に行く。

**

太田川と牧村は、鵜飼に大賀が命を狙われていると話す。

鵜飼は、犯人が分かっているのなら手を打ってくれと言う。

牧村は、秋穂を見殺しにしたから、命を狙われているんだ、と食ってかかる。

証拠がないことで疑るなと言い切る鵜飼。

太田川は「お前が証拠を消したんだろう」と一瞬すごむが、すぐにペコペコしてその場を退散。

**

大賀は秋穂のことを思い出す。

秋穂がホテルで出血したとき鵜飼に連絡をした。

救急車を呼ぶのを止め、鵜飼はすぐにその部屋から出るように指示をした。

湯川が殺人!?

地鎮祭会場に湯川も出向く。

地鎮祭は何事もなく終了した。

古芝の車とレールガンが見つかる。

それはダミー。湯川は、古芝がもう一つのレールガンを用意しているという。

古芝は地鎮祭で大賀を殺すつもりはなかった。

大賀は地鎮祭のあと少年野球の始球式に出席する。これこそが、古芝の狙っていた場所だ。

誰にも邪魔されずターゲットを一撃できる。格好のチャンスだ。

湯川は、数式を書き始め、古芝のレールガンがどこにあるかを探し当てる。

現場に草彅と真木と向かう湯川は「古芝が捕まるのを見たくはない」と言い、途中で車を降りる。

草薙と牧村は、目的地に向かおうとしていたが、レールガンがないと連絡がある。草薙はここで、湯川の嘘に気づいた。

湯川は、ひとりで決着をつけようと決意していた。

草薙たちに教えた場所にレールガンはない。あるのは、湯川が降りた場所だ。

**

球場にて。
大賀がマウンドに立つ。

古芝がスイッチを入れる。しかし、レールガンは発動しなかった。

そこに湯川から電話がある。

湯川がスイッチを操作しておいたのだ。

「レールガンを使い1キロ先の標的を狙えるか、実に楽しい実験だ。標的が人間でなければ」と湯川。

湯川は、古芝のレールガンを褒める。素晴らしい出来栄えだ、と。

そこに、草薙らが掛けつけた。

湯川は古芝の父のことを語る。

古芝の父は、20年前地雷の開発をしていた。それを知った古芝伸吾は裏切られた気持ちになった。しかし、古芝の父は、自身の過ちに気づき、地雷を除去する装置を作っていた。

「君にこんなことをさせたくて科学を教えたのじゃない。でも、君がどうしてもやりたいというのなら、僕が力になる。僕が決着をつける」

草薙が近づこうとすると「近づくな。近づいたらレールガンを発射する」と湯川。

教え子に科学を教えられなかった罰だという。

草薙は刑事としてお前を撃つと、湯川にピストルを向ける。

そのやりとりが古芝にも聞こえる。

大賀がマウンドに立っている。

湯川は「やるなら今だ」と告げる。

そして……

古芝はGOの合図を出せず号泣する。

**

草薙は大きくため息をつく。

事件は終わった。

ラストシーン

後日。

草薙と牧村が研究室に行くと湯川はニューヨークに旅立っていた。

古芝は受験をし直すことに。由里奈と一緒に受験勉強をする。

湯川からの伝言。

草薙へ『今回の件では君に感謝している』

牧村へ『ニューヨークまでは来ないでほしい』

<終わり>

【ガリレオ禁断の魔術】の感想

【ガリレオ禁断の魔術】の感想を紹介します。

【ガリレオ禁断の魔術】のまとめ

【ガリレオ禁断の魔術】は、復讐劇を描いた切ない物語。湯川が教え子の古芝のために単独で動きます。草薙が湯川にピストルを向けるシーンにググっと引き込まれました。
姉を亡くした伸吾が涙をバネにして再び立ち上がれたことに安堵。最後に由里奈と仲良く勉強をしているのを見てほっとしました。
ストーリももちろん、ニューフェイスのさんらキャスト陣も楽しめるドラマ。
久しぶりのガリレオシリーズ。見応えたっぷりで「やっぱり、ガリレオシリーズは面白い」と大満足しています。

湯川先生のさん、変わらず素敵でした♪♪
さんもさんもさんも…皆さん素敵でした♪♪

記事内画像:【ガリレオ禁断の魔術】公式サイト

コメント