【カムカムエヴリバディ】第15週のネタバレ!ひなた(川栄李奈)編本格スタート!

カムカム68

【カムカムエヴリバディ】第15週のネタバレ!

NHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)【カムカムエヴリバディ】15週「1976ー1983」のあらすじネタバレをお伝えします。

カムカムエヴリバディ第15週では、2月10日(木)の71話からひなた()編が本格スタートします。

相手役と噂される五十嵐文四郎()も早くも登場で…。

【カムカムエヴリバディ】15週のあらすじネタバレ

ここからは【カムカムエヴリバディ】(カムカムエブリバディ)第15週のあらすじネタバレを紹介!

68話(2月7日)

カムカム68
(C)NHK

るい()はラジオで英語講座が毎朝放送されていると気づく。

るいはラジオで英語を勉強するように、ひなた()へ言った。

朝から勉強やなんて!」と、ひなたは気が進まない様子。

それでもラジオ英語を聴き始めたひなただが…予想通り、わずか1週間で挫折!

昭和40年(1965年)5月。

ある日、クラスメイトの小夜子(竹野谷咲)が映画村で出会った外国人の男の子・ビリー(幸本澄樹)を連れて店を訪れた。

ひなたの様子を見たるいと錠一郎は事情を察して…

【出演】

69話(2月8日)

カムカム69
(C)NHK

ひなた()は映画村で出会った外国人の少年・ビリーに初恋をしていた。

ひなたはビリーと英語で話せるようになることを夢みながら、ラジオ英語講座で勉強を続ける。

るい()と錠一郎()もひなたの気持ちを知って応援する。

昭和40年(1965年)8月。

小学生のひなたにはテレビや漫画など誘惑も多く、だんだんと英語の勉強は後回しになる。

そんなある日、るいと錠一郎の留守中に、ビリーが回転焼きをひとりで買いに来た。

だが、ひなたは彼の英語が分からない。

ひなたは、ビリーが諦めて去っていく様子を見送るしかなかった…。

【出演】

70話(2月9日)

カムカムエヴリバディ70
(C)NHK

ひなたは、初恋の相手・ビリーと話したいと思って英語を勉強し始めたのに、記憶の奥底に眠ってしまったフレーズは口から出てこなかった。

るい()も錠一郎()もテキストを買ってくれたり応援してくれたのに…

ずっと勉強を続けていたら話せたかもしれなかったのに…全て無駄にしてることに気づいた ひなたは泣いた。

ひなた:「お母ちゃん。なんであたしはこうなんかな?なんで何やっても続かへんのかな?」

るいは泣きじゃくる娘・ひなたを抱きしめて優しく慰める。

るい:「今は真っ暗闇かもしれんけど、いつかきっと光が差してくる。ひなたの人生が輝くときが来る

あくる日。ひなたの大好きなモモケンこと桃山剣之介()が回転焼き屋「大月」へやって来た。

ひなたがサイン会で回転焼きをプレゼントし、味を気に入って買いに来てくれたようだ。

モモケンは、100個の回転焼きを注文する。

るいが注文を受けた回転焼きを焼いていると…

るいに、陣痛がきた!?

・・・その日、ひなたの弟・桃太郎が生まれた。

【出演】

71話(2月10日)

カムカム71
(C)NHK

昭和58年(1983年)4月。

春休みが終われば、ひなた()は高校3年生になる。

ひなたは小学生のころから変わらず、テレビドラマや漫画が大好きで、夢中だ。

しかし親友の一恵()は一子()から「茶道の師匠」を継ぐように言われているが、自分の道を貫こうとしている。

小夜子()もまた、4年制大学に進学して教師になるという将来の夢を描いていた。

ガキ大将だった吉之丞()ですらも卒業後のことを考えてる。

そんな2人に対して、ひなたは夢や目標が定まらず、少し焦りを感じていた…。

ある日。るい()に回転焼き屋の店番を頼まれたひなたの元に、不愛想な若い男性客()がやってきた。

無愛想な男は、いつものるいがいないと分かり、不機嫌そうに「娘?」と聞いてきて…。

【出演】

72話(2月11日)

カムカム72
(C)NHK

無愛想な男:「回転焼き、新しいの焼いて。」

ひなたは、回転焼きを焼いたことがなかったので、何も言えずに固まる。

無愛想な男:「娘なんだよね?この家の

無愛想な男()は、ひなた()が焼けないことに対して、軽蔑した目で言った。

そして焼いてあった回転焼きを1つ買って帰って行った。

春休みが終わり、ひなたの弟・桃太郎が小学校に入学。

ひなた()は高校3年生に進級。高校最後の年が始まる。

しかし、ひなたは卒業後の進路を決められないでいた。

一恵()と小夜子()は、何もやりたいことがないひなたに、家業の回転焼き屋を手伝うことを勧める。

ひなたは家業を継ぐため、るい()に教わりながら、回転焼き作りにチャレンジ!

しかし、ひなたの「初めての回転焼き」は散々な出来だった。

ひなた:「こんなんで、私これからどないして生きていこう

ひなたは泣きながら家を飛び出した。そして映画村へたどり着く。

悲しい時、落ち込んだ時、いつもここ映画村に来ると落ち着くのだ。

ひなたが落ち込みつつ歩いていると「ミス条映コンテスト」と書かれたポスターを発見!

そのポスターには…

「条映城のお姫様を探せ!」

「優勝賞金50万円」

「優勝者は黍之丞シリーズ(※)に出演!」

※ひなたが好きなモモケン()主演の時代劇「棗黍之丞(なつめ・きびのじょう)」シリーズのこと。

と書いてあった。

ひなたは、これこそ自分が目指す道、と思って…。

【出演】


「カムカムエヴリバディ」第15週のネタバレ・あらすじはここまで。なお、ストーリーは既出なので確定していますが、各回への割り当ては未発表のため暫定です。分かり次第、修正します。 →確定しました。

【カムカムエヴリバディ】15週の事前レビュー

ひなた(川栄李奈)編本格スタート!

15週から3代目ヒロイン・が出演し、ひなた編が本格スタートします。

ひなたは安子のように戦争があった時代でなく、

るいのように過去の傷を抱えているわけでない、時代劇や漫画が好きな普通の女の子。

夢がないことに悩むなんて、青春時代に多くの人が経験することです。普通科の高校だったら明確に夢が決まってる人は少ないんじゃないでしょうか。

ただ、『おかえりモネ』のモネも進路に悩んでいましたが「誰かの役に立ちたい」とは思っていました。(その思いは十字架のようでしたけど)

ひなたの思いは…どうなんでしょう?

現実的には家業を継ぐのが一番でしょうが、人生を楽しむことも考えると…

ひなたは時代劇が好きなので、その好きの方向がいかされるといいな、と思ったら…

なんと映画会社・条映のコンテストに興味を持つなんて!

優勝したらモモケン()とひなたが共演?!ひなた、実現したら嬉しいでしょうね。

結果はともかく、ひなたにはぜひ挑戦して欲しいと願います。応援しますよ♪

本郷奏多のクレジットにも注目!?

15週には、ひなたの相手役と噂される五十嵐文四郎()が早くも登場しました。

といっても、2人はまだ名前も知らない間柄。

さんの役は、不愛想な男性客です。(本当は大部屋俳優)

「新しいの焼いて」と頼み、ひなたが焼けない様子をみると「ここの娘なの?(それなのに焼けないの?本当?)」と蔑(さげす)んだ男!

これはまた錠一郎()に続いての印象最悪スタート?!

初登場時のさんは「宇宙人」役でしたが…

キャストクレジットに「不愛想な男」とか書かれそう(笑)

最悪の出会いから始まる恋なのか、はたまた…別な人が恋の相手なのか。それとも恋模様はないか。

どうなっていくか、ドキドキですね♪

算太(濱田岳)が登場?!

ひなた編の予告ロングバージョンが2月5日、番組公式ツイッターにアップされました↑

その予告映像の47秒ごろに、さんが映っています。ハッキリと。

さんといえば、安子()の兄・橘算太を演じていましたが…

安子編の終盤、算太は和菓子屋「たちばな」再建を目前にして逃亡。朝、好きな人が勇の部屋から出てきたのを目撃してショックを受けての逃亡だと思われます。以来、行方不明でした。

安子は大阪へ行って探してまわって、そのときに、安子がロバートからプロポーズされているのを、るいが目撃してしまって勘違い…というこじれた展開に!

ずっとモヤモヤしてたことの一つが明かされるのですね。

予告映像の算太がいる場面は映画村の喫茶店でしょうか。

算太は、もしかして役者になっているのかも。それともスタッフ?ともかく算太のその後が早く知りたいですね。※ひなた編の予告にいるというだけで、何週目に登場するかは不明です。

第14週< >第16週

画像出典:NHK

コメント