【カムカムエヴリバディ】62話│ベリー結婚・るい出産・吉右衛門の恋!

カムカムエヴリバディ62

【カムカムエヴリバディ】62話

朝ドラ【カムカムエヴリバディ】第13週 第62話が2022年1月28日に放送されました。

第62話では、ベリー結婚・るい出産・吉右衛門の恋が話題で…。

今回は【カムカムエヴリバディ】62話のあらすじネタバレと感想について。

U-NEXTで見る


ADVERTISEMENT

【カムカムエヴリバディ】62話のあらすじネタバレ

【カムカムエヴリバディ】62話のあらすじネタバレです。

錠一郎(オダギリジョー)の金銭感覚

るい()が夕飯の支度をしていると、錠一郎()がやっと帰って来た。

るい:「どないしたん。えらい時間かかって。」

錠一郎:「つい、テレビに見入ってしもうて。」

るい:「また。買いもせんのにご迷惑でしょ。」

錠一郎はネギを出すので、「先にイワシだして。梅ににするさかい」とるい。

売り切れていて、代わりに買ってきたと錠一郎が出したのが…

錠一郎:「お店のおっちゃんに何がいいかって聞いたら、一番ええのは鯛やって

るいは、あきれて何も言えない。

結婚式って誰の?

一子()の家にて。一子がお茶をたてながら言った。

一子:「ジョーにまともな金銭感覚を求めたらアカンで。ずっと、ミュージシャンしかしてへんかったんやから。」

るい:「今は休んでるだけで、ジョーさんの本職はトランペッターなんやから他のことなんかできんでもいい。そない思ってたけど、ちょっと想像を超えていました。」

回転焼きを焼くのも、生地を作るのも、店番も…錠一郎は失敗ばかりで何も出来なかった。

一子:「配達は?ちょっと、まとまった数、注文しようと思てたんや。」

るい:「まとまった数て、どれくらいですか?」

一子:「200個。」

るい「ああ。200個。200個!?なにするんですか200個も?」

一子:「結婚式のデザートや。」

るい:「結婚式って誰の?

一子:「私の

るいは「へえ~」と喜びを隠しきれずお茶を飲む。

自転車で配達を!

大月家にて。

るいは一子()が結婚することを錠一郎()に話す。

錠一郎:「えらい急な話やな」

るい:「卒業してすぐお見合いしたんやて。相手は日本舞踊のお師匠さんで、どっちの家も師弟関係やら横のつながりやら、とにかく仰山招待せんとアカンのやて。」

錠一郎:「えらい格式高そうやな。デザートが回転焼きでいいの?」

るい「みんな普通のお茶和菓子は食べ飽きてるからって言うてたけど。」

錠一郎:「うちの売り上げのためかな。」

るい「たぶん。」

錠一郎:「優しいなあ。ベリー」

そして、るいは錠一郎に「自転車買わへん?」と言ってみた。

大口の注文を受けて配達するためが表向きの理由。

実は、るいは錠一郎ができる仕事を模索していた。

自転車に乗れない錠一郎(オダギリジョー)

るいと錠一郎は荒物屋に行って、自転車のことを聞く。

吉右衛門()が仕入れてくれることになったが、るいが予算をいうと断られた。

すると荒物屋へ出前を届けに来た蕎麦屋の初美(宮嶋麻衣/赤螺清子の若い頃と一人二役)から、古い自転車が余ってるから、と譲ってもらえた。

しかし、錠一郎は自転車に乗ることができなかった。

賀茂川のそばの広場にて。

るいが自転車の後ろをもって、錠一郎の練習を手伝うが…。

るいが自転車を話すと、錠一郎が乗る自転車はフラフラして不安定。

自転車を倒してしまう錠一郎を見て、子どもたちは笑った。

るいが店に帰ると、森岡()がやってきて回転焼きを注文する。

森岡は錠一郎が賀茂川にいると聞くと驚いて…

森岡:「ええ?嫁さん一人働かせて自分は散歩か!はあ…余計なお世話かもしれんけど、仕事もせんとあっこの旦那さんはどないなってんやろ。あれでは嫁さんの体もたへんでってみんな心配してんで。」

錠一郎は夕方まで、子どもたちに自転車を教えてもらっていた。しかし上手く乗れなかった。

「あきお~」とサラリーマンが声をかけてきた。父親のもとに帰る子供。

そんな姿を見た錠一郎は不安になった。

夜。自宅で、るいがそろばんで経理をしていると錠一郎が来て…

錠一郎「後悔してる?なんもできん男と一緒になって。」

るい:「そないなこと、もういっぺんでも言うてみ。すぐ離婚やで。」

笑顔になる2人。

結末

翌日。

河原にて。錠一郎は近所の子供たちと自転車に乗る練習をする。

荒物屋にて。るいが一子の結婚式用に回転焼きを入れる箱を探していた。

清子()は息子にも結婚を望んでいる様子。

そこへ初美がたわしを買いにやって来た。

吉右衛門が「は、初美ちゃん」と動揺しつつ、対応。

初美が自転車のことをるいに尋ねていると…

るいは急に倒れてしまった。

吉衛門が、河原へ錠一郎を呼びに行く…

吉右衛門:「大月さん!えらいこっちゃ!奥さんが倒れて!」

ジョーはあわてて、自転車に乗って家に向かう。不格好だが、乗れていた。

自宅にて。

錠一郎:「るい大丈夫か?」

るい:「お医者さん、今帰りはった。ただの睡眠不足。

錠一郎:「なんや。はあ~、良かった」

るい:「それと、おめでたやて。赤ちゃんがいてるんやて。」

錠一郎:「赤ちゃん。2人の?」

るいは頷く。

錠一郎は寝転んでるいのお腹を触って、

錠一郎:「なれるかな?僕、お父さんになれるかな。」

るい:「なれるよ。なってあげて。この子の大好きなお父さんに。」

と言ったるい自身も「なれるかな。お母さんに」とつぶやく。

部屋では風鈴が鳴り響く。

やがて春が来て、るいは女の子を産んだ。

その日、病院のテレビでは岡山東商業が岡山県勢として初の甲子園優勝を決めたこと、さらに桃山団五郎()が二代目桃山剣之助 襲名のニュースが流れていた。

るいはベッドで横たわりながら、赤ちゃんの手を握った。

(TO BE CONTINUED)

【カムカムエヴリバディ】62話の感想

ベリー結婚

62話のオープニングには入る前、なんとベリーが結婚することを明かしました。

ベリーと言ったら怒られますね。京都編では、一子と呼ばないと(笑)

一子さん、サラッといいましたが、らしい言い方。

お見合いで、相手もいい家柄のもよう。

いったいどんな相手が夫なんでしょうね。まだ役者が発表されてませんが…

ベリーの夫を予想

安子の親友・水田きぬ()の夫は、疎開先で出会ったという力(ちから)。 演じていたのは、「おかあさんといっしょ」11代目 体操のお兄さんを務めていた小林よしひささんでした。

サプライズで登場して話題になりましたね。となると10代目の抜擢もサプライズできそう?

となると佐藤弘道さん?けど62話現在、53才。さんと10才くらい年の差ですね。

と思ったのですが、さんが23才。小林さんが40才。こちらも(役者は)年の差がありました。

体操のお兄さんをしていただけあって若々しいので、あり得そう?

※すべて2022.01.28時点の年齢。

るい出産

るいが早くも出産しました。さすが3世代を描くカムカムエヴリバディ、早い(笑)

気になったのは錠一郎もるいも、親になることを不安がっていたこと。

両親がいなかった錠一郎はともかく、るいまでもそう思うのですね。

るいは父を戦争で亡くして、小学生になるころに母に捨てられました。

両親の愛が分かっていない自分がなれるのか、と不安なのでしょう。

この場面。るいの表情だけ映してましたが、錠一郎はどんな気持ちで聴いたいたのか、ちょっと気になりました。

「お母さんになれるよ」と錠一郎には言って欲しかったな。

でも次週予告を見ると、娘が10才になっただろう時に…

錠一郎が「るいは10才のお母さん、僕は10才のお父さん。一緒に大きくなったらいい」と励ましてる場面があります。

錠一郎。良いこといいます。るいのこと支えてあげてね、

吉右衛門の恋

62話では、吉右衛門()が初美ちゃんに恋をしている感じの描写もありましたね。

ちょっと分かりやすい感じで(笑)

実は、吉右衛門の息子・吉之丞()が事前に発表されています。

だから吉右衛門は誰かと結婚するのだろう、とは予想していたのですが…

まさか近所の蕎麦屋の娘さんなんて…。(予想です)

そして初美 役は、かつて吉兵衛()の妻・清子を演じていた宮嶋麻衣さん!

ということは、×宮嶋麻衣で、夫婦役を二世代演じるってことですね。

吉之丞くんは、ひなたの同級生になるので、もう決まりでしょう!

他に伏線なさそうですし。

宮嶋麻衣さんが「初めまして」?!

宮嶋麻衣さんが自身のツイッターを更新し、「初めまして」と投稿?!↑↑

しかし「笑」とついていることから、役は初めてですが、再登場ですよ…という意味を含ませてます。

100年のファミリーストーリーで、いろいろと見どころが多い本作。

そういえば、そば処「うちいり」という店名も時代劇の定番「忠臣蔵」の討ち入りを思い出させてシャレてますね。油断なりません(笑)

61話< >63話第14週

画像出典:NHK

コメント