【カムカムエヴリバディ】43話│るい(深津絵里)がジョーと会話不成立な理由

カムカムエヴリバディ43

【カムカムエヴリバディ】43話

朝ドラ【カムカムエヴリバディ】第10週 第43話が2022年1月3日に放送されました。

第43話では、るい()がジョー・トミー・ベリーらと出会う回です。

るいはジョーたちを「変な人」「会話ができない」と思いますが…るいも変じゃないか? と考察もしました。

今回は【カムカムエヴリバディ】43話のあらすじネタバレと感想について。

【カムカムエヴリバディ】43話のあらすじネタバレ

Rui moves to a new place.(るいは新天地で)

She gets a job.(仕事に就き)

She falls in love.(恋をして)

She gets hurt.(傷つき)

るい()はデートを切り上げ、傷心の中でジャズ喫茶へ。

すると、るいが密かに「宇宙人」と名付けた男()がトランペットを吹いていて…。

ここから【カムカムエヴリバディ】43話のあらすじネタバレです。

るい(深津絵里) の抱えているもの

竹村クリーニング店にて。平助()と和子()が話している。

和子:「今頃楽しんでるやろか、るいちゃん。そわそわして可愛らしかったなあ。初めてのデートなんやろな」

平助:「どないな毎日やったんやろな、岡山で。ハンカチにアイロンあてたったぐらいで、あないに嬉しそうに。そやけど、申し訳なさそうに笑うて。よっぽど、甘えることに慣れてへんのやろ。わしは、あの子の笑(わろ)た顔が悲しそうにしか見えんへんや。あの小さい細い体で、どんだけのもん抱えてるんやろ思うて

和子:「デート楽しんでるといいねえ。」

平助:「うん」

るい、ジョー(オダギリジョー)と話す

演奏終了後。女性()が「ジョー!」と声援を送っていた。

演奏したメンバーへマスターの木暮()が声をかけていく…

木暮:「ジョー、良かったで」

るいの心の声:(ジョー?!)

そのジャズトランぺッター()は、「ジョー」と呼ばれているとわかり、驚くるい。

楽器仲間のトミー(早乙女太一)と、観客の女()がジョーに話しかける。

トミー:「ジョー、お前のトランペットは仕入れの極端な寿司屋みたいやな。アジだけで勝負!」

女:「ジェラシーでいうてるねやろ。トミー。」

トミー:「黙っとけ。ベリー。」

るいの心の声:(トミー?ベリー?!何ここ。何この人ら。ついてけん)

ジョーがるいの座る4人掛けテーブルの真正面に座り、話しかけてくる。

ジョー:「やっぱりジャズが好きなんや。るいちゃんって呼ばれてたから。」

るい:「違います。別に、ジャズが好きなわけじゃ。」

テーブルを叩く癖を始めるジョー。るいは何かせかされてる気持ちになった。

店員がホットドッグを運んできた。ケチャップをたっぷりかけるジョー。

ジョー:「食べながら話していい?」

るい:「ああ、どうぞ。」

ジョー:「サッチモのルイとちゃうの?」

るい:「サッチモ?」

るいの心の声:(なんじゃあサッチモって。いやその前になんじゃあ、この人。ぜんぜん会話が成り立たん)

ホットドックを食べるジョーのYシャツにケチャップがついた。

るいの心の声:(これ。これじゃったんか。いっつもシャツの同じところについてるケチャップ!ああ。ほっといたらシミになるのに。洗いてえ。今すぐ洗いてえ)

るい:「良かったら、また、洗います。」

ジョー:「ああ。ありがとう。」

るい、ベリー(市川実日子)に嫉妬される

そこに、ベリーとトミーが割り込んでくる。

ベリー:「ちょっとあんた。ジョーと、どういう関係なん?」

トミー:「やるやないか、ジョー。お前がトランペット以外のもんを愛でるとはな」

るいをにらんでくるベリー。

るい:「違います。私はクリーニング屋の店員です。この人は、お店の常連さんで。」

ベリー:「なあんや、洗濯屋か」

トミー:「ますますやるやないか。ジョー。」

るいの心の声:(なんでいちいち、語尾に名前(なまよ)うつける?)

トミー:「クリーニング屋でガールハントとはなあ」

るい:「違います!」

ベリー:「じゃあ、なんでここにいてんの?」

るい:「なんでって。(あれ、なんでじゃったかなあ)…えっと、帰ります。」

ベリー:「逃げんの!言うとっけど、ジャズマン追っかけ回すんゆうんは、思てるよりお金かかんねん。あんたにその覚悟と経済力あんの?」

これ以上巻き込まれたくないと、るいがその店を出ようとしたところ、ジョーからYシャツを渡される。

さらにマスターの木暮()に呼び止められ、クリーニングを頼まれる。

るいの笑顔

るいは竹村クリーニング店に戻った。

るい:「ただいま、帰りました。」

和子:「お帰り。なにそれ?」

るい:「洗濯物です。ナイト&デイというジャズ喫茶の支配人から預かってきました。」

平助:ジャズ喫茶?!」

るい:「お店の人らの制服です。これまで頼んでいた店が値上げしたんじゃそうです」

和子:「そら、ありがたいね。ありがたいけど、るいちゃん、なんでデート行って洗濯物もって帰ってくるの?」

るい:「私も、ようわからんのです。」

平助・和子:「えっ?」

るいは笑って煮物の匂いに「美味しそう」と言って、着替えにいく。

平助・和子は2人でなぜ食べて来なかったのか不思議がる。

平助:「けど、初めてちゃうか?るいちゃんがあないに明るい顔で笑ったの。

*****

部屋で音楽を口ずさむ御機嫌なるい。

ナレーション():初めて聴いた生のジャズが、るいの心の奥深くに柔らかく入り込んでいました。

(TO BE CONTINUED)

【カムカムエヴリバディ】43話の感想

るい(深津絵里)がジョー・トミー・ベリーと出会う

43話では、るい()がジョー()・トミー(早乙女太一)・ベリー()と出会いました。

ジョーの職業の謎が解けて、さらにケチャップの染みの理由も判明!

ジョーのケチャップ

めっちゃケチャップつけてましたね(笑)

初見では追加したのかなと思ったのですがスローで見返すと、パンに赤い液体がなさそうので…

このジャズ喫茶ってケチャップがセルフサービスのようです。

あるいは、ジョーだけ特別?

まかない食みたいなものでしょうし。

ジョーのケチャップ好きを際立たせる、そしてシャツへケチャップを落とさせる設定なのかな?

と想像しました。

トミーとベリーはくせが強いが…

トミーも、いちいち、語尾に名前をつける変な人です(笑)

洋風かぶれっていうんですかね。なんか、かっこつけてます。

ベリーは、明らかにるいに嫉妬。ジョーの追っかけなようです。

敵意むき出しなのが愛らしい(笑)分かりやすすぎて。

…ジョー・トミー・ベリーと呼び合う変わった人たちですが、実はるいも充分に変わってると思います。

るい(深津絵里)がジョーと会話不成立な理由

私(筆者)が、るいも変だと思う理由は、るいの心の声が長いし多いから。

あの沈黙の間、ジョーだって、るいのことを「何考えてるんだろ」「変なやつ」って思ってるはず。

「サッチモじゃないの?」

「サッチモ?」

の会話のあと、ジョーは頷いたように見えます。

(答えを待ってるけど、なんかこの子、黙ってるよ、おいおい)って私(筆者)がジョーなら思います。

るいは心の声を表に出して「サッチモって何ですか?」って聞けば、会話になるのに。

るい()がジョーと会話不成立な理由は、るいの沈黙のせいもある、と解釈しながら(私は)見てます。

・・・心の声も、るい編で急に多用されました。

おそらく、るいは母と別れて以来、ずっと自問自答してきたんだろうなあ、言葉を飲み込むの癖なんだろうなあと思いますが、どうなんでしょう…。

さんも可愛い

るい演じるさんも可愛いですよね?

るいが【追っかけ回す】を、「追っかけ?回す?」と語尾を疑問形で驚くのですが、この言い方が可愛いらしい!(わかる方いますか?)

岡山弁のさんの田舎っぽさは、いつも可愛いのですが、方言とともに、随所に可愛らしさがあふれてるんですよね。あざとくない程度の。(個人の感想です)

*****

新年の1回目はこんな感想になりました。

まだ正月気分ですが、まず今週、るいとジョーたちの関わりを楽しみながら第10週見届けます♪

42話< >44話

画像出典:NHK

コメント