【カムカムエヴリバディ】23話│るいがタイトル回収?!

カムカム23話

【カムカムエヴリバディ】23話

朝ドラ【カムカムエヴリバディ】第5週 第23話が2021年12月1日に放送されました。

第23話では、まだ赤ちゃんの るい がまさかのタイトル回収?!

今回は【カムカムエヴリバディ】23話のあらすじネタバレと感想について。

【カムカムエヴリバディ】23話のあらすじネタバレ

【カムカムエヴリバディ】23話の内容は…

安子(上白石萌音)カムカム英語に聞き入る

安子()は住宅街の民家から漏れ聞こえる英語の歌に出会った。それは平川唯一(さだまさし)という講師の『英語会話』第一回放送だった。

平川唯一は赤ちゃんに言葉を覚える秘訣を尋ねてみます。誰でもやれば成功するという答え。平川先生の優しい語り口の15分間を…安子は聞き入った。

安子は、それから毎日仕事終わりの午後6時30分に民家の軒先に立ち寄り、平川先生の『英語会話』を夢中になって聴く。

平川:「カムカムエヴリバディ。最初に私がひとりで歌いますから、その発音を特に気を付けて歌ってください」

ラジオ放送後。安子は家事をしながら「カム・カム・エヴリバディ」と口ずむようになっていた。

安子(上白石萌音)空き巣に間違われる?

しかしある日、割烹着を来た女性・小川澄子(紺野まひる)から「どちらさん?あんた毎日、ここにいてるねえ?うちに何か用?」と声をかけられる。

空き巣に疑われたと思った安子は「仕事の帰りで。あの。すみませんでした」と、飴を澄子に手渡して立ち去る。

電気屋さんのショーウインドウにラジオを見つけた安子は笑顔になる。しかし2千五百圓と気づいて落ち込みながら帰る。

安子(上白石萌音)の仕事は順調

安子は芋飴を少しでも美味しくするために試行錯誤を繰り返していた。戦時中、亡き父・金太がそうしていたように、芋に乾燥麦芽を加えて甘みを引き出すことにする。「おいしゅうなれ。おいしゅうなれ」と念じながら…。

より美味しくなって、より売れるようになったものの…麦芽の仕入代金はバカにならない。安子はるいの健康だけを考えて自分はろくに食べずにいた。

安子は仕事を終えると『英語会話』が流れている家を探しては、そっと耳を澄ませた。驚いたことに、ほとんどの家から『英語会話』が聞こえた。当時、平川唯一の『カムカム英語』は大人気だった。

ある日の帰りもラジオを立ち聞きしていると、澄子が声をかけてきた。「すみません。もうしません」と立ち去ろうとすると…「ちゃうねん、ちゃうねん」と引き止める澄子。安子の芋飴を子供たちが気に入ったので買いたいという。喜んで飴を取り出そうとするが、安子が気を失って…。

澄子(紺野まひる)の優しさ

目覚めると布団に寝かされていた。そして子供たち3人がラジオ英語講座を聞いていた。

「あんた気いついたんか?」と澄子。澄子の家だった。「芋飴のおばちゃん起きた!美味しかった」と感謝される安子。男の子の服のほつれに気づいた安子は、裁縫をする。

澄子は夕食を食べていくよう安子に言った。とぼしい配給なのに申し訳ないと思う安子だが、芋飴に感謝している澄子は強く勧めた。そして英語講座を聞くのはかまわないが、仕事終わりに突っ立っていることを心配する澄子。

「英語の勉強はもうやめようと思ってました」と安子。亡き夫を思い出すから。しかしカムカムエヴリバディの歌と平川の温かい声を聞いて、元気になったという。

「毎日来たらええ」澄子は火鉢にあたりながら、子供たちと一緒に聞くよう勧めた。

あんたのためやない。この子のためや」と澄子は、るいを見てから言った。

安子は感謝して受けることにした。

23話の結末

澄子は安子の裁縫が早くて丁寧だと分かり、近所の人をまわって安子に繕い物の仕事を紹介したてくれた。安子は繕い物を注文してくれたお客様には飴をプレゼント。

やがて美味しい芋飴は評判になり、売り歩かなくても注文だけで済むようになった。

そんなとき、「カム カム エヴリバディ」と、るいが口ずさむ。

安子は「稔さん!るいが初めてしゃべりました」と稔()の写真に報告した。

(TO BE CONTINUED)

【カムカムエヴリバディ】23話の感想

23話は、タイトル『カムカムエヴリバディ』を回収。

なんと、るいが初めてしゃべった言葉が「カムカムエヴリバディ」でした。

童謡に乗せた歌詞で、毎日ラジオ英語講座を聞いて、安子が家事しながら「カムカム…」と歌っていたら、そりゃまあ、覚えちゃいますよね(笑)

ちなみに赤ちゃんが最初に話す言葉のランキングは…

  1. (いないいない)ばぁ
  2. まんま(食べ物、ごはん)
  3. わんわん(犬など)
  4. ママ
  5. パパ

※NTTコミュニケーション科学基礎研究所の「こども語」調査、調査期間:2013~2016年 1300人の0~3歳児が対象 より

納得の上位です。朝ドラは今、戦後なので「ママ」「パパ」はともかく、両親を呼ぶ言葉は言いそう。それに、ご飯がほしいから「まんま」も言いそうです。

そんな中、るいちゃんは「カムカムエヴリバディ」としゃべりました。英語が好きな女の子に育つのでしょうか?将来が楽しみです♪

22話< >24話

画像出典:NHK

コメント