【CODE】8話の視聴率と感想|二宮や咲の行動が軽率すぎる!

CODE8話
※当サイトのリンクには広告が含まれます

【CODE/コード】8話の視聴率と感想|二宮や咲の行動が軽率すぎる!
第8話が8月20日に放送されました。ランリーテクノロジーの市川(玉山鉄二)がCODEの作成者なのか? 真相を知るために、二宮たちは市川を誘拐する。
今回は【CODE/コード】8話の視聴率と概要、感想とレビューをお届けします。

ドラマ【CODE(コード)】のキャストと相関図!日本版リメイク主演は坂口健太郎!
ドラマ【CODE(コード): 日本版】のキャスト・登場人物・相関図、概要、スタッフ、放送日、公式SNS|主演・坂口健太郎が謎のアプリで恋人の死の真相を追う刑事に!2023年7月期の日テレ系新日曜ドラマは、台湾ドラマリメイクのクライムサスペンス。2クール連続主演の坂口健太郎、共演に染谷将太!
【CODE(コード)】のネタバレあらすじ・考察を最終回まで!黒幕の正体と目的は?
【CODE(コード)願いの代償】のネタバレあらすじ・考察を最終回まで!黒幕の正体と目的は?2023年7月期放送の日テレ新日曜ドラマ【CODE】のあらすじ・ネタバレ・考察をまとめていきます。“願いが叶う”アプリで人を操る黒幕の正体と目的、ゲームのシステムとは?

【CODE】8話の視聴率

【CODE 願いの代償】8話の視聴率は4.9%でした。

【CODE】8話のあらすじ

【CODE/コード 願いの代償】8話のあらすじです。

CODEを作ったのは市川なのか

二宮(坂口健太郎)が芯を見つけると、市川(玉山鉄二)がやってくる。芯を連れ出したのは市川だった。ランリーの名刺を差し出す。市川がなぜケアリングクラウンをするのか。その理由は「子どもたちを笑顔にするため」。二宮が思い切って、願い事を叶えるアプリについて知っているかと尋ねると、市川は「CODE」の名前をあっさり出した。

CODEは危険なアプリだと二宮が言うと、市川は、本来CODEは「人が人を幸せにする夢のようなアプリ」だという。それが悪いことに使われるなら、使う方に問題があると市川。欲望に飲み込まれる人間が使うから自ら身を滅ぼす…。CODEで死者が出るのも、大きな視野で見れば卑しい人間が排除され、よりよい世の中になると考えられる。

二宮がCODEを作ったのはお前だろと追及しても市川はスルー。

世の中にはね、触れない方がいいこともある。そう囁くと市川は秘書の石井理央(中村ゆりか)らとともに病院を出る。

二宮のことはバグだと言う市川。面白いバグならシステムを飛躍的に向上させるヒントをくれるかもしれない。バグは小さいうちに修正したほうがいいと石井が返すと、真面目すぎると言う。

芯は「願い事が叶う」青いミサンガを二宮にプレゼントする。

チーフプログラマーの後藤の死

ランリーテクノロジーに取材を装って潜入した椎名(染谷将太)と咲(堀田真由)。椎名が取材を引き延ばしている間に、咲はうっかり荷物をぶちまけたふりをしてチーフプログラマーの後藤芳樹(池田鉄洋)のHDDにUSBを差し込み、トイレでハッキングする。

ランリーの社内ネットワークをハッキングして監視する。監視役は円(松下奈緒)、咲は円のスマホを解析中。

ランリーテクノロジーでは、チーフプログラマーの後藤芳樹(池田鉄洋)が、プロジェクトの進行状況にプレッシャーをかける市川に、これ以上CODEを使ったらどれだけ犠牲者が出るかわからない。どうしてもやるというなら、これ以上黙っていられない。すべてを公にすると宣言する。少し考える時間が欲しい、君がいなくなるのは大きな損失だと答えて後藤をなだめる市川。

後藤を接触しようとした二宮と椎名。その目の前で後藤はデリバリーサービスの自転車とぶつかり倒れる。配達員の男は、抱き起こすふりして薬物を注射する。

後藤はその後に心臓発作で死んだ。

その頃、総務省副大臣(本田博太郎)が市川に、後藤をプロジェクトから外すべきだと注意する。彼は頭のいい男だから大丈夫と答える市川に後藤の死亡が伝えられる。

県内で警官から拳銃を奪う事件が勃発した。しかも「CODE」アプリによる指示だとテレビのニュースでも報じられる。CODEのいいプロモーションになっている。

咲は、こちらが後藤に近づいたら殺された。タイミングが良すぎると考える。実はハッキングは市川にバレていて、監視カメラの向こう側からこちらを見て、カウントダウンを始める。ゼロになるとカメラの映像は一気に消えた。

【CODE】8話の結末

【CODE/コード願いの代償】8話の結末です。

市川誘拐の裏で咲と円に危険が…

二宮にCODEからメッセージ。願い事を入れないと制裁を下すと書いてある。

CODEを使って呼び出せばいいと咲。市川のボディーガードになりたいと願い事を入れ、円と椎名がボディーガードを務めることに。

円たちは、市川をある場所に連れて行く。二宮と咲の車もついていく。市川は警備員がいつもと違うから怪しんでいたが、面白そうだからと二宮たちの計画に乗ったのだ。

椎名と二宮は、市川に覆面を付けてどこかに連れて行く。咲はCODEが勝手に電源を入れるからと自分のスマホと交換する。実はCODEの任務を1人でやるつもりだった。自分だけ何もやってないし、誰かが任務をやらないと二宮に制裁が下る。

円も任務に同行する。咲のことは私が守る。

「ここに行ってください」という指示通りに地下駐車場に行くと空のアタッシェケースがあった。別の場所に掛けてくるのが任務。

咲は円にはすぐに車を出せるようにと頼み、1人で指示のあったビルに入って行く。

市川をアジトに連れて行った二宮と椎名は、CODEと後藤のことについて追及する。後藤が市川にCODEの危険性を訴えている盗撮シーンを見せる。

計画について話さないなら、この動画を世間に発表する。

そうしたければそうすればいいが、もう止められない、という市川はさらに意味深にこう続ける。

さっき言いましたよね。あなたの恋人はCODEの真相に迫ったから殺された。もう2人の仲間こそ大丈夫なのか。

その頃、自作のアプリでアタッシェケースを置いた店に別のプレイヤーが来て逃げたことを突き止めた咲と円が様子を見に行こうと車を出ると、いきなり爆発音とともに雑居ビルの入口から炎が噴き出してきた!

【CODE/コード】8話の感想・レビュー

もともとCODEを作ったのは市川なのか。ハッキリしないままでモヤモヤしますね。

最初は本当に「幸せマッチングアプリ」として作ったが、その後CODEは勝手に進化してしまい、製作者である市川にも止められないところに来ているというのか — —!?

CODEの本当の目的は、やはり卑しい人間を排除することなのか。

そして、みんなCODEの怖さをよく知っているのに、行動が迂闊すぎる。とくに円は監視役のモニターまでやっていたことを考えるとちょっと怪しいですね。

第8話は、8月20日放送です。

日テレドラマ

【CODE(コード)】の原作ネタバレと動画!台湾版はホラーだけどモヤモヤする!
【CODE(コード)】の原作ネタバレと動画!台湾版はホラーだけどモヤモヤする!2023年夏の日テレ新日曜ドラマ枠で放送される『CODE』の原作・台湾版シーズン1・2のあらすじネタバレ、動画配信について紹介します。

◀︎◀︎7話   9話▶︎▶︎

記事内画像出典:公式HPより