【厨房のありす】4話のネタバレと考察!ありすの本当の母親と火事の真相が判明!

当サイトのリンクには広告が含まれます
厨房のありす4話

【厨房のありす】4話のネタバレと考察! ありすの本当の母親と火事の真相が判明!
ありす()は母・五條蒔子(木村多江)に捨てられたのか、なぜ捨てられたのかを知りたいと願う。倖生(永瀬廉)はありすを蒔子に会わせようとするが…。ありすの記憶の中の火事の真相が明かされる!
【厨房のありす】4話のあらすじ・ネタバレ・視聴率・考察について。

あわせて読みたい
【厨房のありす】全話あらすじ、最終回ネタバレ・結末予想|出生の秘密と事件の犯人は? 【厨房のありす】全話あらすじ、最終回ネタバレ・結末予想|出生の秘密と事件の犯人は?2024年冬ドラマクールの門脇麦主演ドラマの全話あらすじ・ネタバレをまとめてい...
あわせて読みたい
【厨房のありす】のキャスト・出演者一覧・相関図|門脇麦が発達障害の天才料理人に! ドラマ【厨房のありす】のキャスト・出演者一覧・相関図|門脇麦が発達障害の天才料理人に!2024年1月スタートの日テレ系新日曜ドラマは門脇麦主演。自閉スペクトラム症...
目次

【厨房のありす】4話の視聴率

【厨房のありす】4話の視聴率はわかり次第お知らせします。

【厨房のありす】4話のあらすじ

【厨房のありす】4話のあらすじです。

愛する資格

五條蒔子(木村多江)ありす(門脇麦)のお勝手に訪ねてきた。心護(大森南朋)に会社に戻ってきてほしいという相談だったが、心護はもうあんたたちとは関係ないと怒鳴って追い返す。蒔子はありすがASDだからお金を払って自分を捨てた。心護はありすが傷つくから蒔子のことを隠していたのだと思い込む。想像でしょと言う倖生(永瀬廉)に、ありすはもう少しだけそばにいてほしいとお願いする。

翌日、ありすは倖生の前髪をあげる。常連客にもなかなか好評だ。そこにやってきた明里(金澤美穂)は、好きな先輩(渡辺大知)が最近ほかの女の子とランチに行っていると嘆く。和紗(前田敦子)は行動しなと言うが、恋愛経験の少ない明里はまったく自信がない。

和紗に何とか言ってあげてと言われたありすは、自分には愛される資格も愛する資格もないと言う。無理して傷つくこともない、「同士だ」と握手を求める明里。しかし和紗はそれで本当に納得して死ねるのか、後悔しないのかと確認する。そうっすね、行動ですよねと言い出したのは倖生だった。

倖生がありすを連れ出した。和紗が、倖生はありすに告るつもりだと家族と盛り上がる中、倖生はありすを蒔子に会わせようと五條製薬に連れて行く。アポなしで会えるわけもなく、受付で門前払いをされたありすは、電話番号を渡してと受付スタッフに頼む。しかしそのメモは、その後にやってきた誠士(萩原聖人)が、自分が蒔子に渡しておくと言って握りつぶしてしまう。

蒔子から連絡がない。やっぱり捨てられたのだと悩むありす。こうなったら心護に聞くしかない。思い切って聞こうとするが、聞けずにごまかしてしまう。ありすの様子がおかしいと思った心護は和紗に相談にいく。和紗はとぼけるが、金之助(が、倖生とありすが付き合うんじゃないかと言ってしまう。それを間に受けて激しく動揺する心護。

ありすのことが気になる松浦百花(は倖生にありすとのことを尋ねる。倖生は自分には人並みに恋愛したりする資格がないからと否定する。百花は、同級生だった頃の倖生の話をして、そんなふうに卑下することはないと励ます。

諦めないこと

明里が、和紗の言う通り諦めずに先輩を誘ったら、バレンタイン花火でデートできることになったと報告に来る。やはり諦めるのはよくないと思った倖生は、再び五條製薬に行くが、誠士に追い返されてしまう。帰りに会った和紗と焼き芋を食べながら、そのことを報告する。そんなに無理するのはありすが好きだからか。怖い顔してるとムショ帰りと言われるぞと和紗が冗談を言うと、「起訴されてない」と言い出す倖生。以前、職場で財布を盗んだと疑われ、犯罪者の息子だからだと罵られてケンカになり、警察沙汰になったことがあるからだ。自分はそんなふうにしか見られない。だから人を好きになることも諦めている倖生に、ありすに「諦めるな」と言っているのにそんなことを言うのはダメだと和紗。倖生は自分ができないことをありすに託していたと気づいた。

誠士から電話があり、ありすが五條製薬に行ったことを知った心護は、ありすを問い詰める。お母さんに会いたいというありすに、自分だけではありすを幸せにできないのか、何が不満なのかと怒り始める。ありすはそうじゃないと否定するが、うまく言えない。倖生が代弁しようとするが、2人が付き合っていると思い込んでいる心護は、ありすのことをいちばんわかっているのは自分だと拒否。ありすはありすで自分は人を好きになる資格のない人間だから倖生の気持ちに応えられないと言い出す。

【厨房のありす】4話のネタバレ

【厨房のありす】4話のネタバレです。

蒔子は母じゃなかった!

倖生は百花に頼んで、弁当の配達をしにありすを連れて五條製薬へ。帰ろうとするありすに倖生は、「人を幸せにする人」と言ってくれたありすやみんなが受け入れてくれて嬉しかった。自分もそういう人間になろうとするから、ありすにも諦めてほしくないと伝える。

配達の後、こっそり蒔子に会おうとするが警備員に囲まれる。そこに来た蒔子が自分の客だと招き入れて話をする。

実は、ありすは蒔子の娘ではなく、妹の未知子(国仲涼子)の娘だった。研究者だった未知子はありすがかわいくて仕方がなくていつも研究室に連れてきており、未知子や蒔子の同僚だった心護もありすを可愛がっていた。しかし未知子は事故で亡くなった。五條道隆(北大路欣也)が乗り込んできて「こんな役立たずの人間がうちの人間のわけないだろ」「出ていけ」と言う。倖生は、ありすは役立たずではなく、もがきながらも一所懸命生きて、おいしい料理で人を幸せにできる立派な人だと反論する。心護がやってきて2人を連れて帰る。

心護は2人に火事のことを話す。研究室で試薬が落ちたため大規模な火災が起きた。連日の疲れで眠っていた未知子は気づくのが遅かった。ありすを助けようとしたとき、書棚の下敷きになってしまう。泣き叫ぶありすを外に出すために、未知子はぬいぐるみのヘンリーを廊下に投げた。ありすは母が自分を助けてくれたことを思い出し、自分は愛されていたことを知り、涙を流す。母に愛されていたことを知って幸せな気分になった、私も誰かを好きになって幸せにしたいと倖生に話す。倖生もまた自分もそうしたいと思っていると伝えた。そのときバレンタインの花火が打ち上がった。

ありすにもらった弁当を食べた蒔子は、今度店に食べに行きたいと誠士に伝える。「そうだね」と言いつつ複雑な表情の誠士。一方、大学では、バレンタインのチョコを倖生に渡しそびれた百花は、心護と誠士の会話を聞いてしまう。

心護は、あの火事が事故じゃないって知ってるんだよなと、厳しい表情で誠士に詰め寄っていた。

(つづく)

【厨房のありす】4話の感想と考察

【厨房のありす】4話の感想と考察です。

今回は「愛する資格」と「愛される資格」がテーマでした。ありすと倖生、どちらも同じようにその資格がないと思い込んでいたけど、もちろん人を愛するのにも愛されるのにも資格なんていりません。最後は2人とも、人を好きになって幸せにできる人になると向き合って、幸せそうでした。

そして衝撃の事実発覚!

●ありすの母親は、五條蒔子ではなく妹の未知子。未知子はありすを助けて亡くなった。
●火事は事故じゃなかった。

●五條誠士は犯人?
ありすの話になると表情が変わる誠士。火災に関係していることは間違いなさそうです。しかし心護にもまだ隠し事がある。

心護「あの火事が事故じゃないこと、おまえは分かってるだろ」
誠士「バレて困るのはお前だろ」

この会話の意味は…。心護が困るとなると、ありすが関わっていそう。誠士が何かの実験に失敗したか、それでありすを驚かせてしまい、ありすがパニクって試薬を倒してしまったとか。

犯罪者として逮捕された倖生の父親も、五條製薬に関わっていたことは、誠士の姿を見て「倖生くんのお父さんって…」とその関係性を匂わせたので、最終的には五條製薬の火事とありす・倖生の父親の犯した犯罪(冤罪かも?)が繋がっていくでしょう。

記事内画像出典: 番組公式HP

厨房のありす4話

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次