【厨房のありす】全話あらすじ、最終回ネタバレ・結末予想|出生の秘密と事件の犯人は?

当サイトのリンクには広告が含まれます
厨房のありす

【厨房のありす】全話あらすじ、最終回ネタバレ・結末予想|出生の秘密と事件の犯人は?
2024年冬ドラマクールの門脇麦主演ドラマの全話あらすじ・ネタバレをまとめていきます。
主人公・ありすの出生の秘密と25年前の事件の犯人・真相は?
【厨房のありす】の全話あらすじ・ネタバレ、最終回ネタバレと結末予想をまとめていきます。

あわせて読みたい
【厨房のありす】のキャスト・出演者一覧・相関図|門脇麦が発達障害の天才料理人に! ドラマ【厨房のありす】のキャスト・出演者一覧・相関図|門脇麦が発達障害の天才料理人に!2024年1月スタートの日テレ系新日曜ドラマは門脇麦主演。自閉スペクトラム症...
目次

【厨房のありす】1話のネタバレ・あらすじ

1話のあらすじ

街の小さなごはん屋さん『ありすのお勝手』の店主・八重森ありす(門脇麦)は、マイペースで人とのコミュニケーションが苦手な自閉スペクトラム症(ASD)。大きな音や強い光が苦手で、人に近寄られるのは怖い。物は何でも真っすぐにそろえないと気が済まない。でも、一度覚えたことは忘れない驚異的な記憶力と大好きな化学の理論を基に、最適で最高の献立を導き出す。

ただしメニューは“店主のおまかせ料理”のみ。年齢や性別、職業も異なる十人十色のお客さんの好き嫌いやそのときのコンディションに合わせて即興で作るからだ。そんなありすの頼もしい相棒は、幼なじみで元ヤンのホール担当・三ツ沢和紗()。

ある日、『ありすのお勝手』に、住み込みバイト希望の青年・酒江倖生()がやって来る。口下手で不器用そうなうえに、家がない!? バイトに採用されたものの住み込みには、25年前にありすを引き取って以来、男手一つで育て溺愛している父親・心護(大森南朋)の承諾が必要だ。ハードルが高いと思われたが、実は倖生がやっている夜の清掃バイトの行き先が心護の勤務先の大学で2人はすでに顔見知りでもあった。

1話のネタバレ

三ツ沢家の次男・銀之助の誕生会に、嫌いな野菜を食べさせると決めたありすは献立を考えることに。
心護とありすと夕食を食べる倖生は、自分も料理を1品作ると言ってコロッケを作り出すが、心護に身の上をいろいろと聞かれているうちに、油がはねて火を出してしまう。その炎に過去の火事のトラウマを思い出したありすは怯えて震える。

翌日、ありすに謝る倖生が、親がよく作ってくれた、中にハンバーグとトロトロの卵が入っている、外はサクサクで中がトロトロなコロッケを作ろうとしたのだと話すと、ありすは「外はサクサクで開けるとトロトロ」という言葉に異様に反応し、そのことばかり考え続ける。

誕生会の日、ありすが作ったのは「外はサクサクで開けるとトロトロ」なコロッケと春巻き、肉まんだった。その中身は食べてみないとわからないし、選んだものは食べなければ負けになるゲームだとして、銀之助に嫌いなピーマンを食べさせることができた。アスリートの話から「天才なら嫌いなモノは食べなくてもいい」という話に発展するが、和紗に「そんなのは一部の天才だけ」と言われた銀之助が「どうせ普通だ」といじけると、ありすはいくら自分に特殊な能力があっても他人に迷惑をかけてばかり。たくさんの人のおかげで生きている。だから「普通は素晴らしい」ことだと教える。

野菜を食べさせる誕生会が成功したのは倖生のおかげ。ありすとも人として向き合ってくれる倖生に好感を抱いた心護は住み込みを了承する。

五條製薬の五條蒔子が新しいタイプの入眠剤の治験を始めると発表した。その様子を見たありすが「お母さん」と呟いた瞬間、いつの間にか後ろにいた心護がテレビを消して、怖い顔をしていた。

あわせて読みたい
【厨房のありす】1話のネタバレと考察|心護の怖い顔と倖生の表情の意味は? 【厨房のありす】1話のネタバレと考察|心護の怖い顔と倖生の表情の意味は?日テレ新日曜ドラマの新作がスタート。早くもありすの秘密が明かされ始める!心護を見る倖生...

【厨房のありす】2話のネタバレ・あらすじ

2話のあらすじ

五條製薬は会見で、新薬の治験開始と、創立250年を機にCEOの座を誠士(萩原聖人)に譲ると発表した。

こだわりが強すぎるありす(門脇麦)の生活は、朝から晩までルールだらけで倖生(永瀬廉)の情報処理と記憶は追いつかない。それでも何とか和紗(前田敦子)にアドバイスをもらいながら、寄り添おうとする倖生。

常連の白石雅美(伊藤麻実子)は、家事の分担を夫が守らなくなったことに不満を募らせていた。金之助(大東駿介)がキャバ嬢とアフターに行ったことを怒っている和紗と盛り上がる。一緒に暮らすことで虫唾が走るくらいになったら離婚しかない…そう雅美に聞いたありすは、ルールを守りきれない倖生の行動に我慢できなくなり、家を飛び出してしまう。

2話のネタバレ

化学の話もバカにしないで聞いてくれる倖生のことは好きだが、ルールを押し付けてしまう自分はわがままだと思うありす。和紗から人と暮らすには譲り合いと努力が必要だと教えられ、化学と料理が好きになったのも父・心護が幼い自分の世話をしながら寄り添ってくれたおかげだったと思い出した。たとえそれが料理を失敗した心護らしい言い訳であっても。

レストランで働くようになったありすは、店のペースについていけなくて3度もクビになった。そこでありすのために店を用意してくれた父。いつも自分が努力しなくてよいように和紗と心護がいろいろしてくれている。自分はこのままでいいのか…。ありすはありすなりに悩んでいた。そしてありすの出した結論は — —?

また部屋を片付けていた倖生は、心護と五條製薬の蒔子・誠士夫妻が並んで映る古い写真を見つける。ありすは蒔子が母だが、心護がそれを隠していることを告白する。

くわしいネタバレはこちら↓↓

あわせて読みたい
【厨房のありす】2話のネタバレと感想|倖生(永瀬廉)のやさしさとありすの成長にほっこり! 【厨房のありす】2話のネタバレと感想|倖生(永瀬廉)のやさしさとありすの成長にほっこり!謎の青年・倖生(永瀬廉)が住み込みで働くことになり、八重森親子と3人の...

【厨房のありす】3話のネタバレ・あらすじ

厨房のありす3話

3話のあらすじ

和紗(前田敦子)の出産が近づき、虎之助(三浦綺羅)から名付け親を頼まれたありすは、名前と名前の由来に興味津々。倖生(永瀬廉)の名前の由来が「人を幸せにして生きる人に」と聞いて感動する。果たして自分の名前の由来は — —?金之助(大東駿介)の母の具合が悪くなり、和紗が数日休む間、倖生は1人でホールを切り盛りしたり、常連客の相手に奮闘する。

常連客の柏木優奈が、息子の空のお受験と義母の陽子からのプレッシャーで、かなり追い詰められていることに気づいたありす。定一郎、心護も、全部1人で頑張らなくていい、「助けて」と甘えていいんだと声をかける。そんな中、空がいなくなる。一緒にいた倖生は誘拐などの疑惑をかけられてしまう。

3話のネタバレ

倖生は万引きしようとした空を止めて話を聞こうと公園に連れ出していただけ。空は、自分のせいで母親の優奈が苦しんで、食事もろくにしていないことを悲しんでいた。倖生は空を庇うために本当のことは言わないが、ありすだけは倖生を信じていた。

ありすやみんなに喜んでもらおうと、倖生はわざわざ大洗にまで出向いてあんこうを買ってきた。「ありすのお勝手」の特別営業で、一緒にあんこう鍋を食べながら心を温めるのだった。

あわせて読みたい
【厨房のありす】3話のネタバレと考察! 倖生(永瀬廉)の父親も事件に関与? 【厨房のありす】3話のネタバレと考察! 倖生(永瀬廉)の父親も事件に関与?名前に込められた思いと親と子の価値をテーマにした第3話。和紗(前田敦子)の出産が近づく...

【厨房のありす】4話のネタバレ・あらすじ

4話のあらすじ

五條蒔子()の突然の訪問に心護(大森南朋)は激怒して追い返す。蒔子が母親だと思っているありす(門脇麦)はモヤモヤする。そんなありすのために倖生(永瀬廉)は、蒔子に会うためにありすを五條製薬に連れて行く。しかしそれを知った心護は、大切に育ててきたのに、自分だけではありすを幸せにできないのか!と怒り出し、ありすは人を愛する資格も愛される資格もないと思い込む。

4話のネタバレ

またもや裏目に出てしまい落ち込む倖生は、ひょんなきっかけで和紗(前田敦子)に犯罪者の息子としてしか世間に受け入れられなかった辛い過去を打ち明ける。和紗は、ありすに「諦めるな」と言っている倖生がそんなじゃダメだし、倖生も諦める必要がないと励ます。倖生は、自分が諦めてしまったことをありすに託していることに気づく。

そして再び蒔子に会った2人は、本当の母親のことを知り…。

くわしいネタバレはこちら↓↓

あわせて読みたい
【厨房のありす】4話のネタバレと考察!ありすの本当の母親と火事の真相が判明! 【厨房のありす】4話のネタバレと考察! ありすの本当の母親と火事の真相が判明!ありす(門脇麦)は母・五條蒔子(木村多江)に捨てられたのか、なぜ捨てられたのかを知...

【厨房のありす】5話のネタバレ・あらすじ

厨房のありす 5話

倖生の正体がついに判明!

5話のあらすじ

「あの火事が事故じゃないこと、お前わかってるよな?」
「お前がそう言うの? バレて困るのはお前の方じゃないのか」

百花(大友花恋)は、心護(大森南朋)と誠士(萩原聖人)の意味深な会話を聞く。調べてみると25年前に五條製薬の研究所で火災が起きていた。奇跡的に救出された、五條未知子(国仲涼子)の当時3歳の娘はありす(門脇麦)ではないかと百花は考える。

当のありすは、自分が捨てられたのではなく、母親に命がけで愛されていたと知り、恋愛にも前向きになる。常連の明里(金澤美穂)が、意中の先輩・圭介(渡辺大知)とのことで悲観的になり、明里の恋を応援したいありすは、倖生(永瀬廉)と住む部屋を探すという設定で、明里の不動産店で圭介を観察する作戦を実行する。

蒔子(木村多江)と誠士(萩原聖人)が店に来る。蒔子はシェフとして立派にやっているありすの成長を喜ぶ。

5話のネタバレ

倖生は心護の書棚で十嶋晃生という人物からの手紙を発見。それは心護のかつての恋人。晃生(竹財輝之助)は不器用で愛想がないけど人一倍優しく傷つきやすい人だった。男同士のカップルでも親になれることを教えてくれたのも晃生。晃生はゲイだとカミングアウトできずに親の勧める女性と結婚した。そういう時代でもあった。

倖生が高熱を出して倒れてしまう。慌てるありすを和紗がなだめる。和紗の家から出てきたありすは、たまたま圭介と遭遇し、圭介も明里のことが好きだと知る。圭介の気持ちを聞いて自分も倖生が好きだとわかったありすは大興奮。圭介と明里の恋も成就する。

晃生の命日に墓参りをしている心護。そこに倖生がやってくる。帰ろうとする倖生に心護はこう言った。

お父さんを殺したのは僕だ。ごめん。

倖生は、心護のかつての恋人の息子。父の死の真相を探りに八重森家にやってきたのか — —!?

あわせて読みたい
【厨房のありす】5話のネタバレと考察!倖生(永瀬廉)が八重森家に来た理由に新たな謎! 【厨房のありす】5話のネタバレと考察!倖生(永瀬廉)が八重森家に来た理由に新たな謎!恋愛として「人を好きになること」がわからないありす(門脇麦)が、常連客・明...

【厨房のありす】6話のネタバレ・あらすじ

厨房のありす6話

心護と倖生の過去が明かされるか!?

6話のあらすじ

「お父さんを殺したのは、僕だ」――心護(大森南朋)が、倖生(永瀬廉)の父・晃生(竹財輝之助)を殺した!? 晃生の恋人だった心護の衝撃の告白に倖生は…。

倖生への恋心を自覚したありす(門脇麦)は、和紗(前田敦子)の家で作戦会議。すぐに告白したいと暴走気味のありすに和紗は待ったをかける。まず、倖生に好きになってもらわないと。アプローチなんてしたことがないありすのために、三ツ沢家のみんなが協力する。帰宅したありすは、「ラブイズアクション」、押して押して押しまくれとばかりに早速実践を始める。

一方、『ありすのお勝手』は、明里のSNS投稿で“恋が実る店”と噂が広まり、行列ができて大混雑。ホールの倖生と和紗はてんてこ舞いだが、ありすは大張り切りで腕を振るう。

6話のネタバレ

ありすの恋を心配する心護の相談を受けたゼミの学生・栄太と礼央は店の偵察に。それを聞いていた百花もこっそり様子を見に行った。客が引けてから、ありすは手伝ってくれた彼らのためにありすが料理を作る。百花は、ASDのありすを見て倖生が付き合うわけがないとほっとする。つい本音がダダ漏れしてしまい、栄太たちと和紗から非難されて出ていく。

そんなこととは知らないありすは、翌日、大学へ倖生たちに弁当を持っていく。倖生への弁当は好物ばかりを入れたもので倖生は喜ぶ。栄太と礼央も喜んでくれたが、百花は「迷惑だ」と突っ返しただけでなく、ありすがみんなから大事にされるのは、かわいそうだからだなどと言ってしまう。

『ありすのお勝手』は話題になり、ありすはウェブ雑誌のインタビューを受けることになる。大切な人を守れる強い人になりたい 。そう思ったありすは1人で取材を受けることにしたが — —!?

あわせて読みたい
【厨房のありす】6話のネタバレ!ありす、涙の告白と倖生のやさしさに感動! 【厨房のありす】6話のネタバレ!ありす、涙の告白と倖生のやさしさに感動!倖生のことが好きだと自覚したありすは、積極的なアプローチを開始するが、心護は猛反対。そ...

考察は次ページへ

1 2
厨房のありす

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSシェアはここから
  • URLをコピーしました!
目次