【ちむどんどん】第20週のネタバレとレビュー!矢作の為に房子が準備したものとは?

ちむどんどん第20週

【ちむどんどん】第20週のネタバレ!

NHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)【ちむどんどん】第20週「青いパパイアを探しに」のあらすじネタバレレビューをお伝えします。

第20週は暢子が料理人探しに奮闘し、あの矢作()と再会!

矢作の為に房子が準備したものとは一体?

今回は【ちむどんどん】第20週のネタバレレビューについて。

*本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【ちむどんどん】第20週のあらすじネタバレ

『ちむどんどん』第20週のあらすじネタバレを紹介!

96話(8月22日)

ちむどんどん96話
(C)NHK

暢子()は沖縄料理店「ちむどんどん」の開店準備を進める。

そんな中、和彦()が週刊誌報道を受けて東洋新聞を退職することになった。

その直後、暢子の妊娠が分かった。二人は不安もあるが非常に喜んだ。

だが事情を知った房子()は、暢子にオープンを延期するように告げる。

沖縄では、給食主任の良子()が娘と母の畑作業に立ち会ってヒントを得た。

そして給食の改革に奮闘する。だがこれまでのやり方を変えるのは困難で…。

ちむどんどん-石川良子
(C)NHK

良子の給食改革エピソード必要かしら?

【出演】

97話(8月23日)

ちむどんどん97話
(C)NHK

暢子と和彦は、店のこと等の相談で重子()のもとを訪れる。

和彦は新聞社を退職した件は秘密にしようとする。

だが、重子はそのことを知っていて話は意外な方向に…。

予告で重子が「和彦と離婚してください」って言ってたわ

無職で甲斐性無しの息子だからってことだろうね。

房子は暢子の店を出すことに反対だ。暢子はそんな房子と改めて話し合いをする。

房子はどうしても開業するならばと、いくつか条件を出して…。

暢子よ、房子の許可なんて要らないぞ

房子は資金援助しないんだから口出しもダメだと思うの

【出演】

98話(8月24日)

ちむどんどん98話
(C)NHK

房子は暢子がこのまま開店するというのならと3つの条件を出した。

その一つは、店の味を任せられる料理人を雇うこと。

暢子は料理人を探すことに…。

長くて妊娠15週・16週ごろまで悪阻(つわり)もあるし、代わりは必要だね。

そんな中、暢子は食い逃げで捕まった矢作()とばったり出会って…。

その頃、沖縄では良子が学校給食の改革に苦戦中。

困った良子が優子()に相談したことで、事態が変化し始める。

【出演】

99話(8月25日)

ちむどんどん99話
(C)NHK

暢子は、フォンターナの元同僚・矢作の料理の腕を見込んで「うちの沖縄料理の店を手伝ってもらえないか」とお願いする。

だが、矢作は自分の店を開店し失敗に終わった苦い過去があり、暢子の提案をかたくなに拒む。

そして矢作は姿を消してしまう。だが暢子は矢作を探し続けて…。

その頃、沖縄では歌子()が智()の協力を得て、初めてのライブを行おうとしていた。だが、歌子は緊張してしまい…。

歌えなくなってしまったのかな?歌子がんばれ!

【出演】

100話(8月26日)

ちむどんどん-100話
(C)NHK

暢子は三郎()の協力のおかげで、姿を消していた矢作を見つけた。

そして、かつて共に働いていたフォンターナへ矢作を連れていく。

矢作は昔さんざん迷惑をかけてしまった房子と気まずい再会を果たす。※

房子は矢作のために、意外な準備をしていて…。

「矢作の迷惑」とは2つ。1つは矢作が主導して3人同時に突然退職したこと。2つ目はフォンターナの権利書と売り上げを盗んで権田に渡したこと。

房子さん、何を準備してるの?

【出演】


ちむどんどん第20週のあらすじネタバレはここまで。

【ちむどんどん】第20週の事前レビュー

【ちむどんどん】第20週の事前レビューです。

第20週の見どころは以下の3つです↓

  1. 暢子と和彦にできた、大切な存在。
  2. 給食の仕事に奮闘する良子。
  3. 矢作が捨てられなかったもの。

1番目の「大切な存在」は赤ちゃんのことですね。お腹の中の。

2番目の給食の件は「やんばるの野菜」がキーアイテムとなるようです↓

やんばるの野菜
(C)NHK

地元の野菜の美味しさに触れる・学ぶという効果もありますし、一緒に畑作業をするという校外学習も提案するかもしれませんね。(予想です)

さらに週タイトル「青パパイアを探して」とあることから青パパイアが関係してくるかも。パパイアといえば南米原産のトロピカルフルーツという印象ですが、沖縄では青い未熟果を「青パパヤー」(青パパイア)と呼び、野菜として利用されるようですね。

3番目の「矢作が捨てられなかたたもの」とは何か。考察・予想していきます。↓

矢作の為に房子が準備したものとは「包丁」か

矢作の包丁
(C)NHK

↑「矢作の包丁」が第20週のポイントアイテムになっています。

矢作が捨てられなかたたものとは包丁のようです。

第20週ラスト、フォンターナで房子と矢作が再会します。

矢作の為に房子が準備した物は「矢作の包丁」なのかも?

矢作は退職する時、個人の荷物は持っていたでしょうが、矢作が使っていた包丁は置いていった?

返却しようと房子が準備していたのか。

いや、「置いていったもの」と「捨てられなかったもの」とは違うような…。

それに矢作の物を房子が捨てられなかったのではなく、「矢作が捨てられなかったもの」という表現なので、退職のときに持って行ったはず。

矢作は自分の店がつぶれて料理人をやめても、フォンターナの時の包丁は思い出があるから捨てられなかった?!

となると、矢作の為に房子が準備したものは「新しい包丁」かもしれません。

暢子と頑張ってほしいという願いを込めて、新しく包丁を矢作にプレゼントか?

房子が若き賢三に包丁を贈ったように…。(予想です)

第100話放送後ネタバレ:房子が準備していたのは退職金矢作の妻でした。権利書まで盗まれたのに許すなんて房子さん、優しいですね。

歌子と智の恋も気になる!

ちむどんどん-歌子
(C)NHK

予告映像では”レコード歌手の卵”として歌子が居酒屋(?)に三線を持って登場。歌子の「初ライブ」の場所は飲食店のもよう。楽器を持って酒場などを回る、いわゆる「流し」みたいなものでしょうか。

さらに、比嘉家にて。智が「俺は歌子の唄が大好きさ」と言って、歌子と至近距離で見つめ合うシーンも?!

次の瞬間、大きな石の陰に優子が慌てて隠れる映像が!

その映像の奥には、智と歌子が近距離で向かい合いつつ、その石の方のに智が視線を向けて人気(ひとけ)に気づいている様子↓

ちむどんどん-動画

ともかく、歌子と智が抱き合っていたようで、歌子と智の恋愛がスタートするのでしょうか。

歌子は小学生時代の運動会で智から手作りメダルをもらって以来、ずっと恋をしているんですよね。

一方、智は歌子の姉・暢子のことをずっと好きで、歌子を妹としてしか見てきませんでした。暢子に振られて、しばらく時も経過しましたし…恋に発展することもありそう?

まあ、振られた相手の妹とくっつくのか?というツッコミはありそうですが(笑)

第20週で急展開なるか。2人の関係の行方に注目です。

【ちむどんどん】第20週のゲスト

第20週で矢作の妻佳代が初登場!

演じる藤間爽子さんは、2017年度上半期・連続テレビ小説『ひよっこ』で「あかね荘」大家の立花富(白石加代子)の若い頃を演じていました。それ以来2度目の朝ドラ出演となります。

藤間爽子(役:矢作佳代)コメント

この度、朝ドラ『ちむどんどん』に矢作さんの妻、矢作佳代として出演させて頂くことになりました! 憧れでもある朝ドラに出演できますこと、心から嬉しかったです。
あの矢作さんが19歳という若さで結婚を申し込んだ奥さんということだったので正直プレッシャーは感じてはいますが……矢作さんを想う気持ちを唯唯一途に演じました。
みなさんの心にも届くことができたら嬉しいです。
『ちむどんどん』を観ていると、朝から食欲が湧いてきます。食べるということは、人間にとって生きる活力でもあり、お腹だけでなく心までもが満たされていきます。人を幸せにすることができます。そんな暢子さんの夢を、視聴者の一人としても応援しています!

https://realsound.jp/….html

第19週<< >>第21週 

画像出典:NHK

コメント