【ちむどんどん】96話|育休とらせる房子がなぜか悪者扱い?!

ちむどんどん96話

【ちむどんどん】96話(96回)

朝ドラ【ちむどんどん】第96話(第96回)が2022年8月22日に放送されました。

放送後、暢子の育休をとらせる房子がなぜか悪者扱いで、視聴者から総ツッコミ?!

今回は【ちむどんどん】96話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【ちむどんどん】96話のあらすじネタバレ

【ちむどんどん】96話のあらすじネタバレです。

房子の反対

暢子は病院に行って妊娠2カ月と分かった。夫の和彦()と喜んだ。

暢子は、フォンターナのオーナーで親戚の房子()に年明けに出産予定と報告する。開業して半年後くらいの出産だ、と。

すると、房子は店のオープンを「延期しなさい」と告げる。開店の計画を白紙に戻して、フォンターナの経理処理の仕事の手伝いをして産休を取るよう厳しく告げた。

「私の命令は絶対」と房子は暢子の希望を聞かない。独立と子育てを両立するつもりだった暢子は落ち込んだ。

何があってもうちは暢子の味方だからね

暢子は沖縄の優子()に電話。赤ちゃんができたことを報告する。そして相談もした。

「実はフォンターナのオーナーが妊娠したなら独立開店は許さないって。お医者さんは充分気をつければ問題ないって言ってくれてるから、うちは両方やりたいと思ってる。諦めたくない。うちの中に赤ちゃんが命が宿ってると思うと涙が出るほどうれしい。それほど大事なものって何もないと思う。だけど、この子と一緒ではお店ができないとか…。お母ちゃんはどう思う?うち、悪い母親じゃない?欲張りなのかね?」

「違うよ。たしかに元気な赤ちゃんが最優先。それさえちゃんとできれば、暢子がちむどんどんしてる姿を生まれてくる子どもに見せてあげたらいいさ。だけど、房子さんとはもう一回、話をしなさい。和彦君と和彦君のお母さんとも話しなさい。お店も子育ても一人でやってはダメ。一人の問題じゃないからね。反対する人の話にも耳を傾けて。何があってもうちは暢子の味方だからね」

「あまゆ」にて。多江()は優子の意見に賛同した。多江も上の子を妊娠中、戦争の真っ最中だったが、三郎()が出征していたため家業や現場にも出て動いていた。

沖縄の様子:歌子と智

そのころ、沖縄の比嘉家に、智()が歌子()を見舞いに来た。仕入れの件で出張中の智は売店で暢子の妊娠を聞いたところだった。

歌子「智ニーニーは考えてないの?いつごろまでに結婚したいとか。」

智「俺は、まだまだ。今はとにかく仕事が一番」

歌子は熱も下がってレコードを聞いていたところ。

智がレコードを手に取った。

歌子「うちもいつか、こういうの出せたらいいな」

智「歌子、プロのレコード歌手になりたいの?」

歌子「そんな大げさなことじゃなくて」

智「頑張れ、俺は歌子の歌が大好きさ。歌子なら、たぶんプロのレコード歌手になれる。」

歌子は恥ずかしくなってレコードを取り返すうち、智を床ドン!?

意識しあう2人。

智はあわてて帰った。

沖縄の様子:給食主任の良子

良子()は学校給食の改革をしようともがいていた。

だが、これまでのやり方を変えることは大変で…。

良子は、栄養士に連絡して地元の野菜を使う学校独自の献立について賛成してもらった。

そのことを諸見里教頭(谷川昭和一朗)に伝えると、栄養士が許可してるなら「頑張ってみたらいいさー」とOKしてくれる。

ただし責任は給食主任の良子がとるように、とのこ。(教頭は責任を負いたくない?)

良子は調理員の安室トメ(安室のおばぁ)(あめくみちこ)に相談するが・・・

安室「協力はできないね。この辺りは出荷とかしたことない人が多い。仕入れ先がいくつも分かれた検品が大変。あんたは何年かやっていれば給食主任は交代、それでいいさー」

良子は検品が大変になるなら、私が手伝うと申し出るが…教師の業務もあるのでできっこないと反論されてしまう。

安室のおばぁは、これまで上から指示通り作れと言われて、従ってきた。それなのに急に出てきて偉そうに言われるのは不満だ。

良子は、昔は勉強さえできればいいと思っていた。けれど、ずっと地元に残って、子供も産まれて考えが変わった。やんばるの子どもたちにやんばるのいいところを知ってもらい、野菜嫌いを直して欲しいと思っている。

良子は仕入先も自分で探してくると息巻いて、議論は物別れになった。

96話の結末

優子の助言もあり、暢子と和彦は重子()の家に妊娠の報告へ行く。

だが、重子は和彦が東洋新聞をクビ同然でやめたことを知っていた。

そして重子は「暢子さん、和彦と離婚してください」と言ってきて…。

(つづく)

【ちむどんどん】96話の感想

育休とらせる房子がなぜか悪者扱い?!

暢子は優子に「妊娠したなら開店許さないって言われた」と報告。

この報告にネットでは疑問の声がたくさん上がっていました。

たしかに「開店」はやめるようにと言ってましたが、「延期」って言ってましたよね。

しかも事務作業の経理をして産休・育休を取ったのちに、独立するようにって優しい対応。

すでに辞める挨拶をした職場なのに、手厚い対応。

好条件で出産まで仕事させてくれるなんて、ありがたい申し出のはずなのに。

まあ、妊婦でも動けるのかもしれませんが・・・房子が悪者みたいに言われるのはとても悲しい展開でした。

さて。ラストは重子が離婚を勧める?!また問題が起きそうですね。

95話<< >>97話

画像出典:NHK

コメント