【ちむどんどん】99話|歌子の「騙したの?」に「どのクチが」と炎上!

ちむどんどん99話

【ちむどんどん】99話(99回)

朝ドラ【ちむどんどん】第99話(第99回)が2022年8月25日に放送されました。

放送後、歌子の「騙したの?」発言に「どのクチが」とネットで炎上して…。

今回は【ちむどんどん】99話のあらすじネタバレと感想について。

*本ページの情報は2022年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【ちむどんどん】99話のあらすじネタバレ

【ちむどんどん】99話のあらすじネタバレです。

矢作が行方不明

暢子()は、鶴見の商店街で、食い逃げで捕まった矢作()と再会。彼の腕を見込んで「うちの沖縄料理店を手伝ってもらえないか」と提案した。

だが、矢作は暢子の提案を断り、姿を消してしまう。どこで何をしているのか?

暢子はあきらめず、矢作を探し続ける。房子()も知り合いに連絡して矢作を探す。二ツ橋(高島政伸)も矢作の昔の勤め先に連絡してみたが行方はつかめない。

その頃、矢作はどこかの路地裏に座り込み、包丁を見つめながら、フォンターナでの日々を回想していた…。

歌子の弾き語り

沖縄やんばる、居酒屋「珊瑚礁」。歌子()が智()の協力を得て、初めてのライブを行う。

だが、緊張した歌子は…飛行機の音にも負けるほど小さな声で唄う。

客が「ネーネー。全然聞こえん。ここで唄って」とテーブルに招く。

ざわめく客たち。

ついに「ナームシサ。ひっこめ」と野次が飛び、「こっち来てオジサンと飲もう」と誘いが…。

歌子は歌をやめて引っ込んだ。

バックヤードで、歌子は店主にお金を返そうとするが…「何それ?タダでもいいから歌わせてと言われた」と店主。

歌子のファン第一号になる

比嘉家にて。歌子は智に「騙したの?」と怒った。

智はバカにしたつもりはなく、応援したかったという。

歌子は「好きな暢ネーネーの妹だから?」とふてくされる。

智は暢子のことをすっぱり諦めたという。披露宴に出席できたのは歌子のおかげと感謝した。

歌子は「お礼のつもり?」と聞くが…

智は「俺は、歌子のファン第一号になる」と告げた。

嘘をついて店で唄わせたことは悪かった。だが、本気で応援している…と智。

歌子は智の気持ちを理解した。そして自分こそ「歌えなくてごめんなさい」と謝る。

智は「初めてにしては、歌いにくい店だった。こっちこそごめん」と謝る。

お互いに謝ったことで、2人は笑い合った。

歌子が立ち上がって食事を作ろうとるするが・・・

ふらっと倒れそうになった歌子を支える智。

その様子を優子()が聞いていたが、岩陰に隠れていた。

だが、まもるちゃん が2人が近距離で支え合っている姿を目撃。

優子が「シー」と黙ってるように人差し指を立てる。

まもるちゃんは何も言わずに立ち去った。

智は慌てて帰る。

すると、庭にジャガイモが転がってきた。歌子は岩陰に優子がいたことに気づく。

優子は、たった今帰って来たというが…。

結末

夜。比嘉家の夕食の場にて。

優子は歌子たちの話を何も聞いてないと伝える。歌子は今日あったことを最初から話し始める。

歌子「今日、智ニーニーの紹介で名護に行ってた。でも、全然ダメで逃げ出してしまった」

優子「最初からうまくいく人はいないさ」

歌子「お母ちゃん、うち、いつかレコードを出してみたい」

優子「もし歌子がレコード歌手になってレコードを出したら一番に買いにいきたい。そしたら、うちが智より先にファン第1号になる」

歌子は優子が「やっぱり聞いてた」と気づいたが、優子は認めなかった。

その頃、暢子は三郎()と一緒に矢作に再会した。

「矢作さんうちと一緒に来てもらえませんか」と暢子がどこかに誘って・・・

(つづく)

【ちむどんどん】99話の感想

歌子の「騙したの?」に「どのクチが」と炎上!

智に「騙したの?」「からかったの?」と怒った歌子に、どのクチがいうのかとネットで炎上してしまい・・・↓

99話は「矢作探し」のストーリーと「歌子と智の物語」の2本が描かれていきました。

歌子は智から先にお金もらったから歌ってほしいと居酒屋へ連れていかれました。

結果的に、緊張で小声になってしまい大失敗

智に騙されたことも判明して、怒ってしまう歌子。

けれど、智も歌子に騙されたことがあります。しかも仮病で心配させて・・・

沖縄から東京も遠すぎますよね(笑)

歌子に比べたら智の騙し方はまだよいのでは?

それに・・・騙したのはお互い様なのに、歌子だけ過剰に怒るのは筋違い。

ネットで批判されても当然でしょう。

歌子が炎上する理由

また、ドラマ上は歌子に騙されたことで、智は暢子の披露宴に出席・スピーチできて「暢子のこと吹っ切れたから良かった」と納得。感謝。

そうだったの?…と視聴者としては初耳。なんだか納得しかねます。もちろん智の本人の気持ちだから、どうこう言っても仕方ないですよね。気乗りしなかったけど出席したら良かったというものあるでしょうが…。

歌子の騙し方に今でもモヤモヤしてしまう理由は・・・つまり、歌子に「どの口が言う」とネット炎上してしまう理由は、歌子が謝るシーンがなかったからだと思います。そのせいで智が不憫になってしまうから…。

歌子の仮病に智が気づいたとき「本気で心配したんだよ!二度とやめろ」と怒る描写があっても良かったんじゃ?で、歌子が「ごめんなさい。でもどうしても出席してほしくて」と謝って弁解するワンシーンがあれば良かったのに。

歌子が「今日は熱は出てないさぁ」とおとぼけ顔でごまかして、「はあ」と戸惑った智を県人会メンバーがかつぎあげてコミカルにしちゃっていましたよね。尺の問題もあるでしょうが、今さらですが、そう思いました。

披露宴での智の席が事前に「座席表」にあった問題も説明なしで、暢子の指示だった説もありますし(笑)

披露宴のスピーチも、頼むのも無神経ですが、どうしても入れたかったシーンならやり方があったと思います。あれだと無神経に、予定がなかっただろうに急に呼ばれた感じです。お色直しの時間とかに、控え室に智を呼んで「話してくれる?」って暢子たちから頼むシーンが欲しかったかも。まあ15分じゃ難しかった?

98話<< >>100話

画像出典:NHK

コメント