2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【記憶捜査2】1話の視聴率とネタバレ!上白石萌音ちゃんが毎週見られるとファン歓喜!

【記憶捜査2】1話のネタバレと感想!

この記事で分かること

【記憶捜査2】について
・視聴率
・あらすじネタバレ
・みんなの感想

スポンサーリンク

【記憶捜査2】1話の視聴率

【記憶捜査2】1話の視聴率は、分かり次第お知らせします。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム・世帯)

【記憶捜査2】1話のネタバレ

あらすじ

ある事件で車椅子生活となった鬼塚一路(北大路欣也)は定年後、新宿東署の刑事課司法係長として再任用された。
ある日、『新宿植物園』で男性の死体が発見される。死体の身元は所持品から、「松本勇吾」という男性であることが判明。鬼塚は、その名前に聞き覚えがあり、不意にパソコンに向かい認知票の検索を始める。すると、被害者は1か月前にバイク盗難により被害届を出していたことに気づく。
認知票によって明らかになった盗難事件と今回の殺人事件…。この二つの事件には何か関連性があるのか・・・?
鬼塚は刑事官の神啓太郎(風間俊介)、部下の遠山咲(上白石萌音)と共に捜査を始める。だが、新署長としてやってきた東奏多(平岡祐太)は司法係である鬼塚らが捜査に踏み入ることが気に食わず、鬼塚らと捜査を進める啓太郎とも捜査方針を巡って対立する。
鬼塚の人並外れた新宿の土地勘と詳細な記憶により、捜査は少しずつ進展し、バイクを盗んだのは、令和になり多発した“改元詐欺”に関わる詐欺グループであることが発覚する。次第に事件の謎が明らかになっていく中、最後に待っていた“悲しい真実”とは一体…?

松本のバイクと100万の盗難容疑で市原卓也(岩上隼也)の家を捜索し、ニセモノのカードが切り刻まれていたことが判明。ホログラムとICチップの部分に切り込みがあった。詐欺のあと、すぐに100万円。改元詐欺だ。平成から令和になったのを機会に騙す方法。被害者は吉村志保(藤田弓子)

松本勇吾は窃盗の被害者で、殺人事件の被害者で、詐欺の受け子だった。松本勇吾の家を捜索しに行くと、去年の5月に引っ越したあとだった。近所の人によると、息子の吉村さとる(弓削智久)が激怒して連れて行ったという。捜査一課は詐欺被害の息子だから殺害動機があるとみている。

近所の人の話しを聞いていた咲は、引っ越し先は不明だが四谷の不動産が関わっているとわかる。不動産屋に行き、そこの固定電話から志保の携帯に連絡すると、病院の帰りだという。志保は聡に捨てられたと嘆いていた。

聡の携帯番号を教えてもらった一路は早速電話するが、母親を騙したやつが許せないと息巻いていた。電話を切られたあと、からくり時計の音や周辺状況から、愛住町一丁目と五丁目の路地に入ったのか推理を働かせた。

市原も四谷・愛住町にいた。一路の指示で向かう咲は、聡がナイフを持って市原に襲い掛かる場面に遭遇。もみ合いの末、聡は逃走。捜査一課の山崎清(内田朝陽)が駆けつけ、追いかけたが逃げられた。新宿区育ちの聡は道がわかっていた。

東署長(平岡祐太)は越権行為を止めてほしいと一路に命令。しかし新宿での犯罪を見過ごせないと反論する一路。東も新宿育ちだが、治安の悪さのため嫌悪していた。

逮捕された市原を取り調べ。改元詐欺の日にバイクと盗難が同時に起きたという。咲は、吉村聡が松本に復讐するなら分かるが、市原を切りつけた意味・動機がわからず混乱。

一路は、廊下で取り調べ終わりの市原に会って尋ねた。松本がコンビニで100万おろしたのを目撃して奪ったというのは嘘だと市原に告げる。

市原は白状した。松本が詐欺の金を横領したから、箱長(=詐欺集団に事務所を用意する人物。)の指示で「受け子狩り」をしていたのだ。市原は詐欺の運び屋だった。松本殺害はしていないと告げた。

市原は100万円を去年の5月から1年以上持っていた。箱長がボーナスでくれたから「嬉しかった。だから使うのもったいなくて」という。

市原の携帯を復元して詐欺の組織へたどり着いたが、もぬけの殻。彼らはダミー会社を作って逃げるのを繰り返していた。

一路は、バイクを売るための保管場所=コンテナーを調べるように栗田 係長(石黒 賢)へ伝えた。

鑑識捜査の末に、四谷の不動産屋社長・辻真澄(諏訪太朗)が箱長で、松本殺害犯と判明。不動産屋の仕事がら、ダミー会社の設立も慣れていた。松本の横領を知った辻は松本を叱責したが、通報できないことを知っていた松本は強気だった。吉村聡が市原を知ったのは松本が腹いせに話したからだった。

組織がつぶれかけていると感じた辻は、バイクと金を返す口実で松本を呼び出して殺害した。

一路は、「あんたは金は騙して取るのが仕事だと教えて、その若者から騙し取られた。情けない。昭和が泣くぜ」と説教。辻は逮捕された。

令状を取って、一路・咲・啓太郎は、青梅の吉村志保の家へ。聡に捨てられた、ここにはいない…と言い張る志保。携帯に電源が入るように設定させていた啓太郎は、吉村聡の携帯に電話すると、家から着信音が!!

家の中に聡が隠れていた。聡は母を騙した詐欺の犯人がどうしても許せなかった。母を強引に引っ越しさせたが、不慣れな土地の生活の影響か、母は倒れた。聡は、本当に許せないのは母を倒れるまで追い詰めた自分自身だと泣いた。

「ごめんね。ごめんね」志保は息子を抱いて泣いた。

咲は、窃盗より殺人事件を追いたがっていたが、事件に大小はないと実感したことを一路に話す。聡は傷害罪と殺人未遂で起訴される。啓太郎は「きっと執行猶予がつく」と思っていた。

そのころ、東は鑑識の木地本(余 貴美子)に防犯カメラ設置を伝えた。管轄内で死角は無くなるが、プライバシーもなくなる。有線でカメラ設置が難しい場所があるから、アイデアを出してほしいと木地本に依頼。「犯罪をなくしたい」と東は思っているが…。

司法係は、また忙しい日々。そんな中、新宿植物園で殺人事件が起こった。遺体が全身イチゴまみれで…!?

【記憶捜査2】1話の感想

ネットの感想は…

シリーズ作品だけに、「帰ってきた」ことへの喜びがみなさん溢れていました。

萌音ちゃんが毎週見られるとファンから大好評。

物語的にも面白かったですよね。次回は「警視庁捜査一課長」(テレビ朝日)のような不思議な遺体が登場。一体どうなってしまうのか気になりますね。

記憶捜査2
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】