2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【シロクロ】5話の視聴率とネタバレ!門田(山崎樹範)殺人事件の衝撃ラストに視聴者驚愕!?

【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。】5話の視聴率とネタバレ!

飼育員さん(横浜流星)とレン/ミスパンダ(清野菜名)が偽者に追い詰められる!

あずさ(白石聖)と佐島家、加賀春男(升毅)の闇が明らかに!?

門田(山崎樹範)を殺したのは誰?

今回は、【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。】5話の視聴率とゲスト、あらすじネタバレ、感想、考察について!

スポンサーリンク

【シロクロ】5話の視聴率

【シロでもクロでもない世界で、パンダが笑う。】5話の視聴率は6.7%に下降!

考察もさほど盛り上がっていないので、撃沈へ進んでしまう?

【シロクロ】5話のゲスト

高橋努(役:ハブ刑事)

警視庁捜査一課の敏腕刑事。

江口のりこ(役:マングース刑事)

警視庁捜査一課の敏腕刑事。ハブ刑事と仲が悪いため、マングースと呼ばれる。

三倉茉奈(役:爆発事故遺族)

7年前のボンドショッピングモール爆破事件で弟を亡くした被害者。犯人の浜口に憎悪を抱いている。

結木滉星(役:爆発事故遺族)

7年前のボンドショッピングモール爆破事件で弟を亡くした被害者。犯人の浜口に憎悪を抱いている。姉とともに空手の有段者。

【シロクロ】5話のあらすじ

【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。】5話のあらすじです。

神代(要潤)と直輝(横浜流星)の取引

ミスパンダと飼育員さんの正体をつかんだ神代(要潤)は、直輝(横浜流星)に直談判。

ミスパンダの正体を教えろという神代に、直輝は意外な取引を持ちかける。

コアラ男の正体を突き止めてくれれば、ミスパンダの正体を明かす…。

7年前の爆破犯をミスパンダが誘拐!?

7年前にショッピングモール爆破事件を起こした死刑囚・浜口(谷田部/我が家)が護送車で搬送中にミスパンダと飼育員さんにより連れ去られる。

パンダちゃんねるから動画が配信される。

ミスパンダは浜口に水攻めで真相を白状させようとするが、浜口は無罪を主張。ミスパンダは「パンダ国民投票」を実施して48時間以内にインターネットを通じた投票の結果で浜口が“クロ”か“シロ”かを決めるという。

もし“クロ”なら、ミスパンダは浜口を殺すのか?

クロクマへの支持が爆発的に増加し始める。

レン(清野菜名)が主治医・門田(山崎樹範)を拒絶

病院に行かなくなったレン(清野菜名)のもとに門田(山崎樹範)がくる。

門田は、10年前の火事の幻覚を見るようになり症状が悪化したのは直輝が原因と言うが、レンは門田に反発する。

でも、レンは「もう先生はいらない」と門田を拒絶する。

レンの告白とコアラ男誘拐事件

直輝(横浜流星)はMr.ノーコンプライアンス/佐島法務大臣(佐藤二朗)に、浜口の誘拐事件はミスパンダになりすました者の仕業と話す。

「コアラ男の事件と似ていますよね?」という直輝に、「調子に乗ってる?」と釘を刺す佐島。

門田(山崎樹範)は直輝のせいで症状が悪化していると主張するが、レンは直輝を信じていると主張。

君に普通の恋愛なんてできない、君に何ができる?という門田。ライターの火でわざとフラッシュバックを起こし、病院に行こうという。

しかしレンは「先生は必要ない」と拒絶する。

レン(清野菜名)は初めて直輝を呼び出してその想いを告げる。レンの告白に、直輝は「真剣だ」と伝えるが…。

【シロクロ】5話のネタバレ

【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。】5話のネタバレです。未視聴の方は閲覧ご注意を。

偽パンダに激怒した飼育員さんとミスパンダは?

レン(清野菜名)の一世一代の告白を受けた直輝は、僕も真剣だといいつつもいつものようにシロップをかけながら催眠にかける。

ミスパンダと直輝は、偽物たちにひと泡吹かせてやろうと企む。

ミスパンダが浜口のふりをした直輝を逃した場面をパンダチャンネルで配信。

一方、神代(要潤)、あずさ(白石聖)ら全日テレビのスタッフは、7年前のボンドモール爆破事件の被害者を取材に行く。

警視庁捜査一課の「ハブとマングース」と呼ばれた敏腕刑事の2人と出くわす。2人とも辣腕刑事だが、ウマが合わないため、そう呼ばれている。

弟を失った爆破事件遺族は2人とも空手の有段者。死刑囚強奪事件も可能かもしれない、と直輝に伝える神代。

世間ではミスパンダが浜口を逃したことに非難が集中していた。

門田(山崎樹範)は記憶のすり替えに関しての論文を仕上げにかかっていた。

門田からの電話に出ない直輝。

麻衣子(山口紗弥加)の病室に、加賀春男(升毅 )が見舞いに行くと、麻衣子はレンの彼氏に会いたい、レンはどんなセックスしてるのか、レンの子供を早く見たい、と加賀に迫る。

佐島あずさ (白石聖)は、兄・一郎(きづき)の撮った直輝とレンの写真を見て「絶対許せない」と嘆き、爪を噛む。

一郎は「俺がなんとかする」と宣言。

佐島源造(佐藤二朗)がやってくる。あずさは泣いている理由を、一郎が「最近、(あずさの顔が)父に似てきた」と言ったから、といってごまかす。

飼育員さんとミスパンダがハメられた!

偽ミスパンダは、約束の時間より早く投票結果を発表。浜口は「俺はあのとき…」と無実を主張しようとするが、「お仕置きをする」と偽ミスパンダ。

直輝はネットのライブ配信から浜口の監禁先を突き止める。

偽ミスパンダを見つけて追いかけるミスパンダ。直輝には覆面男が襲いかかる。

脅威の身体能力で偽物たちをやっつけようとするミスパンダと飼育員さんだが、実は全部罠だった。

ミスパンダが浜口のところに辿りつくと、浜口はすでに殺されており、SITがミスパンダと飼育員さんを捕まえにかかる。

なんとか逃げてようやくハメられたことに気づくミスパンダと飼育員さんだが、ミスパンダは偽のミスパンダが投げた凶器のナイフを持ってきてしまったことに気づく。

ミスパンダは浜口殺し容疑で全国指名手配されることに。

佐島(佐藤二朗)は、ミスパンダたちへの糾弾に対して「どうですか?シロクロ つけられる気分は…」と呟く。

門田は何者かに殺されていた。

【シロクロ】5話の感想

https://twitter.com/YuTann327/status/1226513136733184000

【シロクロ】では過去の殺人はあっても、今後の殺人は起こらないような気がしてましたが、5話で急展開!

門田(山崎樹範)と爆弾魔・浜口が殺されました。

衝撃ですね!

【シロクロ】5話の考察とまとめ

5話でわかったこと

  • 7年前のショッピングモール爆破事件の容疑者が殺された。
  • 容疑者・浜口は無実を主張していた。
  • 浜口を殺された犯人としてミスパンダが指名手配される。
  • Mr.ノーコンプライアンスに指示された何者かがミスパンダと飼育員さんを罠にハメた。
  • ミスパンダは偽ミスパンダの策略で凶器を持たされる。
  • あずさに兄・一郎が直輝とレンの関係を伝えるが父には内緒。
  • 加賀春男が意味深に手を洗っていた。
  • 麻衣子はレンの子供を早く見たいと加賀春男に迫る。
  • 麻衣子はレンを「たった1人の子供」と言う。
  • 門田が毒殺される。

門田を殺したのは、レンとリコの人格入れ替えを論文で発表することを阻止しようとする加賀春男(升毅 )の仕業なのか。

でも、門田が死ぬ前にとっていた電話への口調はタメ口っぽかったですよね。

わざとらしく加賀の手洗いシーンとかアップにしていたのはフェイクかも?

実際に殺人が起きて、緊迫感を増したシロクロ 。

復讐鬼としての直輝の姿もだんだん露呈して、今後の展開から目が離せません!

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】