【知らなくていいコト】視聴率一覧と最終回ネタバレ!尾高との不倫の結末、父の事件の真相は?

スキャンダルを暴く側の週刊誌記者が自身のまさかのスキャンダルに人生を翻弄される姿を描くドラマ【知らなくていいコト】。こちらではドラマ【知らなくていいコト】全話の視聴率・ネタバレ記事、そして最終回のネタバレ記事をまとめていきます!

ドラマ【知らなくていいコト】の動画
ドラマ【知らなくていいコト】の動画は、Huluで配信中です!
2020年1月期スタートの水曜22時の新ドラマに【知らなくていいコト】が決定しました。脚本はあの大石静さん。主演は人気女優の吉高由里…
2020年1月8日(水)22時よりスタートのドラマ【知らなくていいコト】に、女性から厚い支持を集める高級ファッションブランド「ロエベ…
スポンサーリンク

【知らなくていいコト】視聴率予想

【知らなくていいコト】の視聴率を、歴代の水曜22時枠ドラマの視聴率データから予想してみましょう。

水曜22時枠の歴代ドラマ視聴率一覧

ドラマ名 放送時期 主演 平均視聴率
獣になれない私たち 2018年10月~12月 新垣結衣・松田龍平 8.7%
家売るオンナの逆襲 2019年1月~3月 北川景子 13.5%
白衣の戦士! 2019年4月~6月 中条あやみ・水川あさみ 8.7%
偽装不倫 2019年7月~9月 10.3%
同期のサクラ 2019年10月~12月 高畑充希 10.9%

直近の水曜22時枠のドラマの平均視聴率はヒット作が続き好調な枠。ドラマ【知らなくていいコト】はお仕事系ヒューマンドラマという軸で個性的な設定が見どころ。主人公ケイトが自身のスキャンダルをきっかけに翻弄されながらも成長していく姿を描きます。配役の地味さが懸念事項ですが、大石静脚本でその不安の打開を目指します!

吉高由里子主演ドラマの歴代視聴率

ドラマ名 放送時期 共演キャスト 平均視聴率
美丘-君がいた日々-(日本テレビ) 2010年7月~9月 林遣都 9.7%
連続テレビ小説・花子とアン(NHK) 2014年3月~9月 鈴木亮平・窪田正孝 22.6%
東京タラレバ娘(日本テレビ) 2017年1月~3月 榮倉奈々・大島優子 11.4%
正義のセ(日本テレビ) 2018年4月~6月 安田顕・三浦翔平 9.8%
わたし、定時で帰ります。(TBS) 2019年4月~6月 向井理 9.7%

※視聴率は全てビデオリサーチ調べ、関東地区

吉高由里子さんはナチュラルな等身大の女性を演じるのがピカイチ。今作品でも同世代の女性からの支持を集めたいところ。一覧を見るとやはり恋に仕事に一生懸命悩み生きる女性を演じることが多く、結果的にも反響が大きい様子。今回のドラマ【知らなくていいコト】も有終の美を飾ることができますように!

【知らなくていいコト】の視聴率予想

【知らなくていいコト】全話視聴率とネタバレ一覧

ドラマ【知らなくていいコト】全話の視聴率とあらすじネタバレ記事毎週更新していきます!(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区。)

【知らなくていいコト】1話の視聴率とあらすじネタバレ

【知らなくていいコト】1話の視聴率は9.4%でした。

恋に仕事に順風満帆な人生を送っていたケイト(吉高由里子)が、母親・杏南(秋吉久美子)の死をきっかけにとんでもないスキャンダルに巻き込まれていく!?果たしてケイトの未来はどうなってしまうのか!?

ドラマ【知らなくていいコト】1話が放送されました。吉高由里子が週刊誌の敏腕記者・真壁ケイト役で主演!芸能人や大物政治家のスキャンダル…

【知らなくていいコト】2話の視聴率とあらすじネタバレ

【知らなくていいコト】2話の視聴率は8.9%でした。

DNA婚活の実態について取材したケイトは、自分のDNAについても悩み始める。自分が殺人犯の娘かもしれないと葛藤するケイトに追い打ちをかける真実が尾高(柄本佑)から告げられ・・・!?

ドラマ【知らなくていいコト】2話が放送されました。吉高由里子が週刊誌の敏腕記者・真壁ケイト役で主演!1話ではケイトのとんでもないスキ…

【知らなくていいコト】3話の視聴率とあらすじネタバレ

【知らなくていいコト】3話の視聴率は10.3%でした。

ケイトが殺人犯の娘だと知りながらも付き合っていた当時プロポーズしてくれた尾高に「なぜこの人の手を取らなかったんだろう」と悔やむケイトだったが、目の前の仕事に集中しようとする。そんな時、将来有望の若手ダンサー・タツミーヌ(大貫勇輔)を取材することになるのだが・・・

ドラマ【知らなくていいコト】3話が放送されました。吉高由里子が週刊誌の敏腕記者・真壁ケイト役で主演!2話ではケイトがDNA婚活の実態…

【知らなくていいコト】4話の視聴率とあらすじネタバレ

【知らなくていいコト】4話の視聴率は9.1%でした。

ケイトが帝進予備校の大きなスキャンダルに挑む!そして尾高が乃十阿(小林薫)の事件に興味を持ったきっかけが明らかになる・・・

ドラマ【知らなくていいコト】4話が放送されました。吉高由里子が週刊誌の敏腕記者・真壁ケイト役で主演!3話では週刊イーストの年末特大号…

【知らなくていいコト】5話の視聴率とあらすじネタバレ

【知らなくていいコト】5話の視聴率は8.7%でした。

自身の孫殺害の容疑で逮捕された元警察署長・沖田(勝野洋)を取材することになったケイト。動機を一切語らない彼の姿に乃十阿を重ねてしまい苦悩することに。そしてケイトと尾高の関係も進展が!?

ドラマ【知らなくていいコト】5話が放送されました。吉高由里子が週刊誌の敏腕記者・真壁ケイト役で主演!4話の最後では、ケイトが尾高(柄…

【知らなくていいコト】6話の視聴率とあらすじネタバレ

【知らなくていいコト】6話の視聴率は8.4%でした。

ケイトが今回取材することになったのは不倫ネタ。取材を進めていくうちに、自身の尾高への想いも高まっていくことを確信したケイトは・・・?

ドラマ【知らなくていいコト】6話が放送されました。吉高由里子が週刊誌の敏腕記者・真壁ケイト役で主演!5話では、春樹(重岡大毅)と小泉…

【知らなくていいコト】7話の視聴率とあらすじネタバレ

【知らなくていいコト】7話の視聴率は9.5%でした。

尾高とついに愛し合ってしまったケイト。罪悪感を抱きながらも日々の激務をこなしていた矢先、ケイトの身にとんでもない大惨事が!?そして春樹もさらに追い打ちをかける行動に・・・!

ドラマ【知らなくていいコト】7話が放送されました。吉高由里子が週刊誌の敏腕記者・真壁ケイト役で主演!前回の6話ではついに尾高(柄本佑…

【知らなくていいコト】8話の視聴率とあらすじネタバレ

【知らなくていいコト】8話の視聴率は9.8%でした。

ケイトと尾高が刺されてしまう大惨事の中、野中がリークしたケイトのスキャンダルがいよいよ明るみに出る。岩谷や編集部の面々に支えられながら仕事に奔走するケイトだったが・・・

ドラマ【知らなくていいコト】8話が放送されました。吉高由里子が週刊誌の敏腕記者・真壁ケイト役で主演!前回の7話ではケイト(吉高由里子…

【知らなくていいコト】9話の視聴率とあらすじネタバレ

【知らなくていいコト】9話の視聴率は10.1%でした。

ケイトと乃十阿がいよいよ対峙!?尾高の勧めで乃十阿に再度会うことにしたケイトだったが、お互い探り探りで会話をする。そして、30年前の事件の真相に新たな可能性が・・・

ドラマ【知らなくていいコト】9話が放送されました。吉高由里子が週刊誌の敏腕記者・真壁ケイト役で主演!前回の8話ではケイト(吉高由里子…

【知らなくていいコト】10話(最終回)の視聴率とあらすじネタバレ

【知らなくていいコト】10話(最終回)の視聴率は10.6%でした。

乃十阿が幼い息子を庇って無実の罪をかぶったかもしれないという衝撃に事実を知ったケイトと尾高。そしてケイトは乃十阿の息子のいるドイツへ・・・。尾高とケイトの未来にも、決断の時が迫っていた。

ドラマ【知らなくていいコト】10話(最終話)が放送されました。吉高由里子が週刊誌の敏腕記者・真壁ケイト役で主演!前回の9話では、乃十…

【知らなくていいコト】最終回ネタバレ

【知らなくていいコト】乃十阿が息子を庇った可能性

8話以降、乃十阿が30年前の無差別殺人事件の犯人ではないという可能性が見え隠れし始めます。そしてついに、乃十阿の国選弁護人だった高村から衝撃の事実を聞くことになるケイトと尾高。

・乃十阿が自白したきっかけは、警察が事情聴取の際に被害者の死亡原因が毒草である「ハリヒメソウ」だったと聞いたこと。

・乃十阿の息子はいつも母親の手伝いをしていて、水に草を入れることは良いことだと思っていたかもしれないこと。

これらのことから乃十阿の無実を確信したケイトはいてもたってもいられず、乃十阿の息子がピアニストとして暮らすドイツに向かうのだった・・・

【知らなくていいコト】30年前の事件には杏南とケイトも無関係ではなかった!?

乃十阿の件について手記を書くように再び岩谷(佐々木蔵之介)から言われたケイトだったが、どうしても決心が着かなかった。そんなケイトに、「じゃあ俺が書く」と岩谷は自分のチームを結成し、徹底的に取材を進めた。そして乃十阿が無実だということに加え、実は乃十阿の当時の妻は杏南のことぞ知っていて、苦悩の末に乃十阿との仲を修復しようとキャンプを計画した、という事実が判明する。そもそも事件の舞台となったキャンプが母・杏南や自身の存在が乃十阿の本妻を苦しめた結果だと感じたケイト。

【知らなくていいコト】最終回ネタバレ

・野中の闇落ちが底なし!

会社を休み続けている野中(重岡大毅)。シーンは野中が亀の入った水槽の前で恐怖の呪文のようなものを唱えている場面に。これでもか!という闇落ちはもはや底なし!?そんな野中は闇落ちしたまま東源出版を騒がしく退職。辞め方まで闇いっぱいで終始爆笑でした(笑)

・真実を書くように背中を押す尾高

週刊誌のカメラマンを辞めた時の自分のようになって欲しくないと、ケイトに真実をまっすぐ追いかけ乃十阿についての手記を書くようにすすめる尾高。

・ついに尾高がケイトにプロポーズ!

尾高はなんと、既に妻には離婚の承諾を得ていた。離婚届にもお互いサインし、子どものことを話し合っている段階だという全て落ち着く前の段階でたまらずケイトにプロポーズしてしまう。ケイトも「尾高さんの全部が欲しい」と答えるが、まさかの「離婚しないで欲しい」と伝える。それは乃十阿の事件を通して、「親としての責任とは」を考え抜き苦悩したケイトなりの答えだった。それでも尾高は「2回も俺を振らないでくれ」とすがるがケイトの意思は固かった。

・尾高の妻は子どもを置いて出ていった。

尾高が自宅に戻ると、離婚届とともに子どもが一人残されていた。あと数時間尾高の帰宅が遅ければどうなっていたか分からず、やはり子どもは自分が守っていかなければ、と感じる尾高。

・結局乃十阿についての手記は記事にならなかった

ケイトが命を削って書いた懇親の記事だったが、東源出版の社長の一声でその記事はお蔵入りすることに。しかしケイトは、その原稿のゲラを乃十阿の元へ持っていく。持っていて欲しいとお願いしたが断った乃十阿の目の前で、ケイトはそのゲラを燃やした。

・ケイト、黒川、岩谷がそれぞれ昇進!そして野中は闇落ち作家に!

そして時がたち、あの野中はまさかの「闇落ち」Tシャツを着てテレビに出ていた。なんと作家になり、『闇落ちと亀』という小説を発表、売上30万部の売れっ子作家になっていた。そしてイースト編集部では、ケイトがデスクに、黒川(山内圭哉)が編集長に、そして岩谷が局長になっていた。慌ただしく動く編集部。ケイトはデスクでも現場への取材は自ら行う。いつものように会社を後にすると、尾高と彼の子どもが手を繋ぎ歩く姿を目にする。切なくも笑顔で見守ることができたケイトだった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク